2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月18日の警戒区域。
昨日は、此の所の雨続きの日がようやく止まり。

でも、冷たい風が強く吹いていました。

朝、会津を出た時の温度表示は0℃、飯舘村は1℃。

警戒区域に向かう高速は、今日も綺麗な朝焼けで。



そして、警戒区域はそろそろ紅葉も終わってしまう。




いよいよ二度目の冬を迎える…と思うと気ばかりが焦る。



たわわに実った、食べられることのない柿。

春に、夜ノ森で見た、あまりにも美しい桜を思い出す。




見る人のない桜。

食べる人のない果実。

そして、その中で生き延びている、たくさんの命たち。



今回は、二箇所に捕獲器をかけた。


どちらも以前、首輪をしていたり、呼ぶと振り返る子と会った場所。


朝、捕獲器をかけてから給餌に周り、出る直前まで粘ってみたけれど、どちらも空振り…。


天を仰ぐ。


捕獲器が空の時は、自分には何の力もないのではないかと改めて思ってしまう。


実際のところ、勿論力などは無く、ただ、身体が動いてしまったからここにいるだけなのだけれど。



高速で、車を持っていかれそうになる程の強風だったので、会えたのは、猫二匹と犬一頭。


犬は、多分以前にも会った子。

ダッシュで逃げられてしまったので、写真は撮れていませんが。

会えた場所は、しっかりと頭に刻み込む。


私の車にはナビは無いけれど、もう、ほぼ地図無しで動けるようになってしまった。


初めて警戒区域に入ったのは、昨年の四月。

それからもう、20ヶ月が経ってしまった。

最初は瓦礫に塞がれて、通ることが出来なかった道からは、瓦礫は避けられ、車は通ることが出来るようには、なった。

でも、その積み上げられた瓦礫からは、覆い隠すほどの野草が生えている。




この瓦礫は、人の営みから生まれた瓦礫たち。





ただ、避けて纏めただけの車。


この風景は、この20ヶ月変わること無く、私を立ち止まらせる。

何も変わらない場所。

復興など、全くどこにも見えてこない場所。



でも、こうして草に紛れているのを見て、確かに時が流れていることだけ、哀しい程に感じる。


そして、20ヶ月という彼らにとって途方もなく長い時間、ひたすら必死に生き延びていてくれる動物たちに対して、本当に申し訳なくて、堪らなくて、自分の力の無さが不甲斐なくて…。



保護してあげられなくて、ごめん。

なにもしてあげられなくて、ごめん。


あたしに出来るのは、諦めないことだけ。

ただ、それだけ。


また来るから。

絶対に来るから。

お願いだから、生きていて。






車に積んだフードの写真をデジカメで撮ったのですが、昨夜ブログを書き始めたら、画像を読み込んでくれず四苦八苦している内にダウンしてしまいました…。
もう一度挑戦したものの、どうしても読み込めない為、写真を載せられずにすいません。


積んでいったのは、180kgのフードと、四台の捕獲器。

全てご支援のお蔭です。

警戒区域を出る時に残っていたフードは12.5kg。

それらも、小高で気になっている場所に置かせて頂きました。

本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

冷たい風の吹く中・・・
犬班A。さま
18日の給餌レスキュー活動、
「ありがとうございました」。
ご報告の中にある警戒区域の風景・・・、
我が罪として心に刻みます。
ここに生きていた人たち、動物、
全ての生き物たちの生活を変えてしまったこと・・・、
取り返しは出来ないけれど、
それでもかかわって、なにかしらやり続けてゆくことは、
これからも生きていく私たちにとって、
とても大事で大きな意味を持つのでしょう。
その先端にいてくださる犬班A。さまには、
心より感謝しています。

一緒に帰る猫さん居なかった事は残念でした。
お家のバラエティ豊かな!猫ねこネコさんたちの歓待を受けて、
悔しさを一番に感じていらっしゃる犬班A。さまの、
心を少しでも軽くしてくれたことを願っています。

本当に幸せかわいい猫さん達ですね!
No title
犬班A様
給餌活動ありがとうございました。 
1日中、警戒区域をまわり、命のために、祈る気持ちで活動してくださる姿を想像できます。 次回は1匹でもいいから、暖かい寝床を猫ちゃんに与えられたらうれしいですね。またフード送ります。
寒い中での作業ゆえ、お体ご自愛ください。
Re: 冷たい風の吹く中・・・
drieさん。

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

圏内は、どこもかしこも哀しい光景ばかりなので、どこを走っていても哀しいです。

でも、これは全て人間のせいで巻き起こっていることなので、非力ではありますが、出来ることを続けることでしか私には出来ることがありません。

だから、こうして応援頂けることは、本当に嬉しく思います。

昨日は、ずどーんと落ち込んでいましたが、帰ってくれば来たでやること満載なのと、家の子たちが可愛いのとでw、一旦頭を切り替えるようにはしています。

何と言っても、家の子たちは世界一可愛いですからね!

ありがとうございます♪
Re: No title
harukasumiさん。

こんばんは。
本当に此の所、日に日に寒くなってきているので、雪が降る前に一つでも多くの命を受け取れたら…と、私も心から願っています。

頂戴したフードも、圏内の子に届けて来ました。
本当にありがとうございます♪

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。