2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶーちのいない部屋。
ぶーちがいない。

ダダもいなくて

ぶーちもいない部屋は

なんだか広く感じてしまう…




ぶーち、急遽手術になってしまいました。




昨日の朝、抱っこタイムの時には、何の異常もなかった。

午後の抱っこタイムで、眼が開けないみたいで何かおかしかった。

で。
開けてみたら…白濁して液体が漏れていた。。。


bu-chi1008.jpg


会津でかかり始めた動物病院は祝日で休診。

以前に診てもらった仙台の先生と話し、少しだけご縁があった郡山の先生の所へ急遽お邪魔し、診てもらったら、角膜が融解しているとのこと。…原因は解らない。。。

放っておくと融解が拡がってしまうので、手術して塞ぎましょう。と…。




ぶーちは、FIPの疑いがある。
まだ発症はしていないけれど、そして、完全な確定診断では無いけれど。

そして、保護時から、左の眼球が大きめに突出していて、見えていない。

口の中は、舌炎・歯肉炎・口内炎・喉奥の糜爛…と問題のオンパレード。





でも、きっと大丈夫。


保護当初は、全く触れない子だったけれど、少しずつ、少しずつ、距離が縮まって。

今はかーちゃんのコト、大好きだもんね。

寝る前に撫でるのを忘れると、抗議して鳴くもんね。

お風呂に入るのも、もう三回もされたけど、そんなに嫌いじゃないみたいで、毛もふわっふわになってきたもんね。

大好きなご飯の時は、ケージの中で立って待ってるんだもんね。

保護後、少し痩せてしまった時期もあったけど、今は体力ついたよね。



ぶーち。

早く戻っておいで。

待ってるから。


bu-chi1001.jpg


待ってるから。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。