2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二度目の、奇跡。
毎日がドタバタと、まるで猛ダッシュでマラソンをしているかのごとく、あっという間に過ぎ去る日々が続いている中で、ただでさえ泣き虫のあたしが号泣してしまった、あまりにも奇跡的な出来事が、あった。


それは本当に奇跡としか言いようのない出来事で。


あまりにも唐突に訪れた出来事だった。



先日保護したクリちゃん

保護してから、体調を確認したり、食欲や便の様子を確認したりしている中で、クリちゃんの飼い主さんから仮設住宅内でのお引越しが伸びそうだ…と電話があって。

来月の中旬までには引っ越せるつもりでいたけれど、早くても11月下旬になってしまいそうだから、一日も早くクリと暮らしたい。って、とても嬉しいお電話で。


本当ならば、先週クリちゃんを連れて行くつもりでいたけれど、今までの保護っこ同様、保護して少し経ったら、やっぱり少し体調を崩してしまったクリちゃんを、そのままお引越しさせる訳にも行かず、おばーちゃんに電話して、お届けを延期してもらっていた。


そんな最中の先週木曜日。


あたしがクリちゃんの保護を頼まれていたレスキューボランティアのMさんから、興奮した感じの電話があって。

その電話は、クリちゃんのおうちに、別のボランティアさんに頼んで捕獲器をかけてもらったら、パステル三毛さんが入ってた。という電話。

捕獲器の中の三毛さんは、怒るでもなく落ち着いていて。

まさか…と思いつつ、柄を見比べてもらったら、ほぼ間違いなくクリちゃんの飼い主さんちの飼い猫みーちゃん!?という、大興奮の電話。


今回あたしがMさんからクリちゃんの保護を頼まれた時、みーちゃんは死んだと聞かされていたから、びっくりし過ぎて最初はうまく理解出来なかったけど、ちょっとだけ冷静になって話を聞いてみたら、どうやらみーちゃんは年だからきっと生きてはいないだろう…と、飼い主のおじーちゃんとおばーちゃんは、諦めていただけらしく。


捕獲器に入った三毛さんの写真を早速送ってもらったら、クリちゃんそっくり!!




絶対間違いないよ!とすぐさま返信をして、クリちゃんの元に行き、写真と並べてみたら、本当にそっくりで。



みーちゃんは、クリちゃんのおかーさん。

飼い主さんが言うには14歳の筈のみーちゃん。


だから、おじーちゃんもおばーちゃんも諦めていたんだそう。


保護してくれたのは、これまた女手ひとつで頑張っている、いわきのLYSTAのスズキさん


Mさんとの電話を切った後、興奮と号泣が収まらないまますぐさまスズキさんに、そっくりだよ!絶対間違いないよ!と電話して。


翌朝、スズキさんが早速おじーちゃんとおばーちゃんの仮設まで、みーちゃんを連れていってくれた。

みーちゃんは、
おじーちゃんに抱っこされて頭を押し付けて甘えて、
おばーちゃんに抱っこされて喉を鳴らして甘えて。

涙溢れる、笑顔溢れる再会で。


LYSTAさんのブログから一部転載です

【みーちゃん、震災前はじーちゃんと一緒に寝てたんだって
ごはんは人間の手からじゃないと食べなくて、ばーちゃんが手に餌をのっけて、ジーッとみーちゃんがごはんを食べ終わるの待ってたんだって】



みーちゃん。

本当に、生きててくれて、保護させてくれて、ありがとう。

本当に本当にありがとう。


もう、これは奇跡としか言いようがないけれど、あの日から二年半以上も経つのに、頑張って探していた飼い主さんちの猫が二匹続けて保護出来るなんて…。

嬉しくて嬉しくて、ブログを読みながらボロボロと涙が溢れてきてしまった。


クリちゃんを保護した時は、ブログに書いた様に、嬉しいけれど悔しい気持ちが強かった。


だけど、今回は、予想もしなかった奇跡のような出来事を、ただひたすらに喜べる。


みーちゃん。

頑張ったね。

本当に頑張ったね。


二度目の、奇跡。


飼い主さんがMさんに渡していた、数枚の写真の中の一枚。



この、みーちゃんとクリちゃんがくっついて寝る姿を、もう一度飼い主さんに見せてあげることが出来る。

きっとずっと一緒にいたんだよね。

だからみーちゃんもクリちゃんも頑張ってこれたんだよね。

…嬉しい。

たまらなく、嬉しい。


飼い主さんちの猫は、あと一匹。

茶トラのチビトラくん。

クリちゃんと兄弟では無いけれど、仲良しのチビトラくん。





…きっと生きていると信じたい。


だからこそ、絶対に諦めることなんか、しないから。


クリちゃんよりちょびっと若いチビトラくん。


保護出来るまで、みんな諦めないからね。


絶対絶対諦めないからね!


クリちゃんは、体調も落ち着いてきたので、今週みーちゃんと共にお引越しの予定をしています。


元のおうちでは無いけれど、嬉しい笑顔が、満面の笑顔が、待ってるおうちに一緒に帰ろう。


今日、おばーちゃんと電話で話したら、クリとみーの為に精一杯長生きするんだ!って、すごく力強く言ってたよ。


大好きなおじーちゃんにたくさん甘えて、
大好きなおばーちゃんにたくさん甘えて、
ゆっくりゆっくり一緒に暮らしてね。



あたしたちは、チビトラくんを頑張って探すから。


みんなで一緒に長生きしてもらうために、必死に頑張って探すから。


クリちゃん。
みーちゃん。

生きていてくれて、本当にありがとう。



※文中のみーちゃん写真は、LYSTAのスズキさんのご了承を得てお借りしました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
LystaさんのBlogで見てた三毛ちゃんがクリちゃんのお母さんだったなんて! よく保護されましたね。
トラちゃんも早くみんなに会えますように!

みなさんに頼り切ってるだけじゃね・・・すみません。
少しでも支援しないとね。
No title
すごいすごいスゴイ!
ホントに奇跡ですね。
皆様ありがとうございます。
No title
仕事中なのに、涙が出て困りました。
いつも、いつも故郷のことは忘れてませんが、跳んで行ってお手伝いできない自分が悔しい。

きっと、きっと、まだ沢山の奇跡が起きること…信じています。
祝みーちゃんの保護&飼主再会!
みーちゃん、すごいっ! よく頑張って生きてたねぇ。
おじーちゃんとおばーちゃんがどんなに喜んでいらっしゃるか・・・(涙)
本当に奇跡としか思えない。なんせ2年半だもの、
なんせ14才なんだもの・・・。奇跡以外の何ものでもない!

チビトラ君も保護できることを心から祈ってます。
クリちゃん、みーちゃん、もう大丈夫だよ。
大好きなおじーちゃん、おばーちゃんと仲良く暮らしてね。

関係者の皆さん、本当にお疲れ様・ご苦労様でした。
この奇跡を明日の糧に無理せず息長く活動をお続けください。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。