2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと、逢えた。
今日は、先日保護したクリちゃんの飼い主さんが会いに来てくれることになっていて。

地味に朝からテンションが高くて落ち着きが無かった自分w

どんな反応するだろな?とか、
おじーちゃん達、泣いちゃわないかな?とか、
勝手に想像して妄想して、一人落ち着かないまま、みんにゃさんのお世話をして。

お世話中も、みんにゃさんに今日はいいコトあるんだぞー!とか言いながら抱っこしたりして落ち着かずw


Mさんの友人ボランティアさんが、わざわざ車を出してくれて、おじーちゃんとおばーちゃんを連れてきてくれることになっていたのだけれど、予定の時間を少し過ぎても電話が鳴らないから、日にちを間違えたかとメールを確認したりしてw

そわそわしてたら電話が鳴って、速攻で電話を取って迎えに出て行って。


車から降りた途端に深々と頭を下げられたから、照れ臭くってすぐにお部屋に案内をして。


保護部屋に入ってクリちゃんのケージの前に、足のお悪いおじーちゃんとおばーちゃんが座り込み。

ケージの中のクリちゃんの、名前を呼んでもらいながら扉を開けたらば、





トコトコと、一直線におばーちゃんのお膝に向かって行きました。


おばーちゃんのお膝に乗ったら、今度はおじーちゃんの足に頭を擦り付け、またおばーちゃんのお膝に戻るクリちゃん。



満面の笑みのお二人の間をウロウロしながら、ずうっとにゃーんにゃーんと甘えた声で鳴いてるクリちゃん。



そのクリちゃんを撫でながら、本当に嬉しい笑顔で、嬉しい声で、クリちゃんの名前を呼び続けているおじーちゃんとおばーちゃん。




とても嬉しい光景を、見つめていられるコトが本当に嬉しかった。


二年半…。

900日余りの時間を、人のいない町で過ごしていたのに。

きっとその時間は、クリちゃんにとって途方もなく長い時間だった筈なのに。


クリちゃんは、なんにも忘れていなかった。

優しい手の温もりも、
自分の名前を呼ぶ暖かな声も、
なんにも忘れていなかった。


頑張って生きててくれて、ありがとう。

保護させてくれて、ありがとう。

クリちゃんが、必死に生き延びてくれたから、また、逢えた。


やっと、逢えた。


クリだ、クリ。

本当にクリだ。

一時帰宅の度に、何度も名前を呼んだのに、なんで出てこねがったんだ。

ずうっと探してたんだぞ。

諦めねっかいけねーのかと思ってたんだぞ。

クリだ、クリ。

良ぐ生きてたな。

また逢えるなんて嘘みてーだ。


まるで呪文のように、何度も何度もクリ、クリと繰り返し呼びながら、ずうっとずうっと撫でながら、おじーちゃんとおばーちゃんは、本当に嬉しそうだった。


…良かった。

本当に良かった。


こうして保護することが出来たのは、勿論たくさんのボランティアたちが諦めずに動き続けたこともあるけれど、あたしを含め、ボランティアたちが動き続けるために応援してくれる人たちのおかげだと思っています。


たくさんの力強い手が、優しい手が、あたしたちの背中を押してくれているおかげで、ひとつの嬉しい再会が叶いました。

本当にありがとうございました。


おじーちゃんとおばーちゃんは、今月下旬~来月上旬辺りで仮設住宅内でのお引越しを予定しているので、お引越しが終わってから、クリちゃんをお渡しに行くことになりました。

それまでの間は、クリちゃんの健康管理をしっかりとやりながら、お預かりすることになったので、もう少しの間、宜しくね。

お引越しするまでには、バサバサの毛並みがツヤツヤになるように、しっかり美味しいものを食べて過ごそうね。



長い長い、孤独の時間はもうおしまい。

暖かな手と、嬉しい笑顔が待ってるから。

ずうっとずうっと一緒だから。


生きていてくれて、ホントにホントにありがとう。




みんな良い夢を。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
またまた通勤電車で泣いてしまいました。
ありがとうございます。
No title
こういう嬉しいことがあるから、たくさんの辛いことを乗り越えて続けていけるのですよね。飼い主さまや、犬班Aさんたちの喜びが目に見えるようで、暖かい気持ちを分けていただきました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
同じ思い
救えた気持ちによかった。
救ってもらえた気持ちによかった。
がんばったクリちゃんによかった。

犬班Aさん、いつもありがとうございます。
ありがとうございます
こんにちは
いつも、読み逃げさせて頂いています。

今回は、どうしても!一言残したく思いました。

心から、ありがとうございました。
ずっと通ってくださって、保護してくださって、ありがとうございます。

おじぃちゃん、おばぁちゃん!諦めずにいてくれて、ありがとうございます。

こんな感動を、与えてくださって心から感謝します!
ありがとうございました。
もぅーすさんのブログから広がり、偶然、ここにたどり着きました。素晴らしい瞬間のお話をありがとうございました。みなさんはきっと、こんなに素敵なお話の何百倍もの苦労や苦しみを胸にして日々の活動をしているのだと思います。その尊い活動を本当にありがとうございます。
私も自分にできることを頑張ります。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。