2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月のレスキュー報告 その1
この所、今まで以上に時間が足りず、昨日は久々に40時間近く寝られず…なかなかブログの更新やメールやコメントの返信が出来なくて…。

でも、昨日は先日お願いしたご支援の物資がどさっと届いたりして、最近?涙腺の弱いあたしはまたすぐ泣いて。

届いたサプリを早速キャリアっこたちにあげはじめました。

本当に、本当に、どうもありがとうございます。


あたしたちや、保護っこたち。

そして頑張って生きてる子たちを思ってくださることに、心から感謝致します。


足りない時間を言い訳に、なかなか書けないレスキュー記事を、少し駆け足になっちゃうけど、いくつかに分けてご報告させて頂きます。



レスキュー記事を書けなかった一番の理由は、直(すなお)くんを保護した日のことを書くと、さぶろーのことがまざまざと思い出されてしまうから。


さぶろーを一人で旅立たせた日のあたしが向かっていた先は、帰還困難区域と、仔猫の搬送。

その前の週に双葉町で保護した円(つぶら)ちゃん。



東京の友人経由で見初めてもらい、とんとんとんと話が進み、新しいおうちが見つかって。

途中まで迎えに来てもらえることになったので、お届けに行くことが決まって。

円ちゃんの幸せが見つかったのは嬉しいけれども、あたしの心はむしろ重くなるばっかりで。

何故なら円ちゃんのおかーさんや兄妹が、きっと生きてる筈だから。

だから円ちゃんを友人にお願いすると共に円ちゃんの保護場所へ、どうしても行きたかった。

そして友人に円ちゃんを受け渡してから、双葉町へと向かって。


捕獲器を置いて翌日の朝一にまた来るからね、と誰もいないその場所で捕獲器に向かって祈りを込めて。

とんぼ帰りして帰宅したあたしが見たのは、さぶろーの脱け殻だった。

辛かった。

本当に辛かった。

ここが住宅街だということも忘れ、絶叫して泣き叫んでいた。

ずうっとさぶろーを抱きしめて、眠れぬまま朝を迎えて、それでもかけてきた捕獲器だけはそのままに出来る訳がないからふらふらと家を出て、また双葉町へと向かう。

全く眠気など訪れず、涙ばかりが出続けて。

到着して二台の捕獲器を見てみたら…どっちも扉が閉まっていて、もう、溢れるように涙が出て止まらなくて。

入ってたのはキジトラの若い男のこと、黒猫の女のこ。






円ちゃんのおかーさんだ!と思い込み、泣きながら捕獲器を車に積んで。

それでも念のために…と車の中で捕獲器からキャリーに移してからタオルに無理無理包んでお腹を確認してみたら、完全に授乳中のおっぱいで、パンパンに張っていて。

…違う。
円ちゃんのおかーさんじゃない。

円ちゃんサイズの子のおかーさんならば、一晩捕獲器に入っていたとしてもこうはならない。

ガリガリで、黒猫なのに栄養不足で茶色に変色しちゃってる若そうな女のこ。



連れ出せなければ次に会える可能性は高くないから、ひたすら悩んで。

結局あたしが出した結論は、リリース。

正に子育て中のおかーさんを連れ出せたとしても、仔猫のいのちを見捨てる訳にはいかないから。


きっと迎えに来るからね、と何度も何度も話しかけてから、保護場所に戻り泣きながらリリース。



ダッシュして消えていきました。


その走り去る姿を見ながら、絶対また来るから!と叫んでた。


辛い。

本当に辛い。

どれだけ通っても、心残りは増すばかりのレスキュー。

それでも。

守りたいいのちがある限り、諦める訳にはいかないから。


だからあたしは立ち止まれない。


無理をしてることは知っている。

無茶をしてることも分かってる。


でも、絶対に諦めることだけは、出来ない。


救えなかったいのちに、
守れなかったいのちに、
あたしが出来ることは、動き続けることだけだから。


待っていて。



【福猫舎へのご支援のお願い】

たくさんの嬉しいご支援を頂戴しておりますが、毎日大量に使用する保護っこや仔猫たちのフードやトイレの砂、また給餌用のフードなど、お願いするばかりで本当に申し訳ありませんが、どうかご支援を宜しくお願い致します。




まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
タオルケット・バスタオル・フェイスタオルが有りますが、お送りさせていただいてもよろしいでしょうか?フェイスタオルは小さすぎますか?ネルのシーツはどうでしょうか?
必要としておられる物が分かりませんので、変な問い合わせで申し訳有りません。
Re: No title
ヤスコさん。

こんばんは。
お問い合わせ頂き、ありがとうございます。

お問い合わせ頂いたタオルケット・バスタオル・フェイスタオル、ネルのシーツ。
どれもあるとありがたいので、是非お送り頂ければと存じます。

とても嬉しいお申し出を、ありがとうございます。

宜しくお願いします。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。