2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠の贖罪。
あたしが一番慈しみ、愛した猫、
さぶろーが死んだ。


独りで死んだ。


昨日の朝、出かける時、何かおかしいと思っていたのに。

おかしいと思ったから、出かける時間がどんどん遅れ、後ろ髪を引かれながら出かけたのに。


帰ってきたら、その身体は抜け殻になってしまっていた。


ダダを喪ってから、あたしの一番一番大切な宝物だったのに。

やきそばのことは勿論大切だし、大事だったけど、さぶろーは14年以上を一緒に暮らし、過ごしてきた、あたしの大事な大事な宝物だったのに。




帰ってきて、車を停め、玄関の鍵を開け、鞄を放り投げ、さぶの名前を呼びながら部屋のドアを開けた。


開けた時には、わかっていた。

知っていた。


だってドアの前にさぶがいない。

いつだって、どんな時だって、お迎えを欠かしたこと、ないもん。


だから、わかっちゃった。



見送ることすら出来なかった。

謝ることも出来ない。

まだ柔らかい身体。

抱きしめて泣き叫ぶことしか出来なかった。


死にたかった。

一緒に死んでしまいたかった。

心が粉々に砕け散りそうだった。



あたしはここで何をしているんだろう。

さぶを喪ってまで、一体何をしているんだろう。って一瞬思ってしまった。


それ程までに愛してた。


さよならすら、言えなかった。


許されない、あたしの罪。





さぶろーは、1999年の終わりに赤坂の駐車場で拾った子だった。

コインパーキングなどまだあまり無い時代、仕事で赤坂に行き、有人駐車場に車を停めて管理人室に鍵を預けに行ったら、管理人室の前でみゃーみゃーと鳴くちいさな仔猫。

管理人の方に聞いてみると、朝からウロウロしているという。

連れて帰りますよと言ったら、用事が終わるまで段ボールに入れて管理人室で預かってくれた。

急いで用事を終わらせ、段ボールのまま受け取り、そのまま病院へ。

ガリガリのちびっちゃい仔猫。

後ろ足が折れてちょっと歪んで癒着していた。

身体はノミだらけ。

顔は目やにと汚れでぐちゃぐちゃ。

体重は360g。

だからさぶろーと名前を付けた。


数日入院したら、見違えるように綺麗になって。

連れて帰ったら、その頃の保父猫、銀と、母性の強かった桃が、さぶろーを奪い合ってお世話して。

ダダにもすぐに気に入られて、みんなに可愛がられたさぶろー。

あたしが初の人工哺乳で育てた猫。


調子が良くなったら里親探しをするつもりだったけど、お腹が緩いのが治らなくって、心配で里親を探せずにうちの子になったさぶろー。


銀と桃が旅立った後は、ダダとさぶがあたしの拾った仔猫たちをお世話してくれた。


さぶはあたしのことが大好きで。

大好きすぎて、家に帰ると片時も側を離れなくて。

トイレのドアも、お風呂のドアも、閉めるとドアをカリカリして必死に鳴くから閉めることが出来なかった。


いつも一緒だった。


不在がちな不規則な仕事をしていたけれど、居られる時はかなり長く在宅できていたから、自宅で本を読んでいる時は膝の上に、料理をしている時は調理台の上に。

いつでも側にいた。


震災の後、どんどん福島通いが頻発し、あたしの不在時間は更に増えたから、きっといつも不安と不満があったんだろうな。

その後福島のシェルターに移住してからも、保護っこのことをどうしても優先してしまうあたしに、たくさん不満はあったんだろうな。

そして実家に帰り、ようやく少し一緒にいられる時間が増えて、さぶはとっても嬉しそうだった。

名前を呼ぶと、いつでも、寝てても返事して。

あたしの気配はあるのに姿が見えないと、部屋の中から一生懸命呼んで。

階段の下から名前を呼ぶと、安心したような声で返事して、ようやく寝る子だった。

拾ってからずっと、寝るときにはあたしの左脇には必ずさぶがいた。

ピットが一緒に布団に入ろうとすると、普段は仲良しなのに、寝るときだけは許さず追い出して。

ギンを引き取ってからも、ギンはあたしの右側で寝ることしか許してもらえなくて。


このところ体調がどんどん悪化して、毎月病院に行っていたけど、血液検査も、レントゲンも、エコーですらも、何をしても原因は見つからず、対処に困っていた。

薬を飲ませると吐いちゃうから、吐く方が体力消耗しちゃうし、原因が分からないから、明確な効果のあるお薬がもらえる訳でもなくて。

どんどん痩せてくる身体を、少しでも長く抱っこして。

もっと一緒に居たそうなさぶを、ごめんねと言いながら床に降ろして。

三日前には、痩せ方が強まってきたからまた病院へ行き、再度血液検査して別のお薬をもらってみたけど、検査の結果はやっぱり大きな異常は見つけられず、最後の手段で一番猫の少ない部屋にさぶに引っ越してもらい、夜は出来る限り甘やかして抱っこして。

誰にも邪魔されずに、二人でいちゃこら一緒に寝て。

甘やかすことで少しでも何か食べてくれたら…と願って、撫でながら何種類もの好きだったフードを並べてみたけど、結局何も食べてくれず、対処のしようがなくて、もう、どうしたらいいか分からなかった。


後は静かに見送るしかないのかな、と漠然と考えるようになったのが、昨日の朝だった。


何か言いたげな顔でベッドの上に横たわるさぶに、帰ってくるまで待っててね、と頭を撫でてキスをして。



でも、さぶろーは独りで死んだ。

独りで死なせてしまった。


こんな飼い主でごめん。

本当にごめん。


謝っても謝ってもさぶにはもう届かない。


あたしのことが、本当に大好きだったよね。

あたしも、誰よりも大切だったよ。


そんなあたしの宝物を、あたしは見送ることが出来なかった。


たった独りで逝かせてしまった。



自分を呪い、自分を責めることしか、あたしに出来ることはない。


あたしは、あたしを死ぬまで許すことはないだろう。



でも、泣いても喚いても、自分を呪ったところでさぶろーは還ってこない。



だから、さぶに伝えたいこと。



たくさん幸せくれて、ありがとう。

うちに来てくれて、ありがとう。

あたしはさぶに会えて幸せだったよ。

ホントにホントに幸せだったよ。


愛してる。
愛してる。
愛してる。

どれだけ言っても足りないくらい、心の底から愛してる。

宇宙で一番愛してる。



さぶは、あたしの中に永遠に生きている。


死ぬまで一緒に生きていく。



それがあたしの、永遠の贖罪。

辛い、とてつもなく辛い、あたしの贖罪。




さぶ。

ちゃーちゃん。


安らかに。




またいつか会おうね。

約束だよ。



愛してる。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

お悔やみ申し上げます
最近逝ってしまう事が続いていますね。この酷暑ゆえ、病気と判別できない、その身体で何が起こっているかわからない、そんな亡くなり方が増える時期だと思います。
空調を完璧にしたとしても、こればかりは人知の及ぶところでは無いのかもしれません。
さぶろーくんはきっと、
Aさんの愛情、お心、事情、全てわかっていますよ。
自分を救って幸せにしてくれたように、困っている猫を救うために生まれてきた人だって。でもその中でも自分は特別な存在で特別に愛されていたって。
最後に見た時なにか言いたげだったのは、
「また生まれ変わって帰ってくるから、それまで潰れないで頑張っていて欲しい」ではないでしょうか。
精神的ダメージと泣き過ぎによる脱水症状で、Aさんがどうにかなってしまわないかと心配です。
「元気を出して…」その他のどんな言葉でも埋まらないであろう哀しみと虚無感。しばらくはどうしたって続くと思いますが、シェルターの猫達・ボランティアの仲間達・ブログを通して見守っている人達、みんな心配していると思います。
さぶろーくんは、今頃やきそばくんとトコトコちゃんに迎えられて、Aさんの話に花を咲かせている頃でしょう。
「あの人のおかげで、僕たち幸せな猫生だったね」と…
sさんがぜんぶ言ってくださっていますね。ありがとうございます。

Aさん、応援しています。

No title
お悔やみ申し上げます。

さぶろーちゃんは赤坂っ子だったのですね。
アメブロで知って最近こちらにもお邪魔するようになりました。
いつもは寄らせていただくだくですが今回は一言だけお伝えしたくて。
Aさん立派です!
涙が止まらなくなりました。
素晴らしいAさんにいつか逢いに行きたいと思います。
失礼しましたm(u_u*)m
ごめんなさい
さぶろーくんに
Aさんに
申し訳ない気持ちでいっぱいです。
物やお金だけ送って
大変なこと全部Aさんにしてもらって

支援がプレッシャーになってるんじゃないかって
いつも迷いながらしています。

罪だというなら あなただけの罪じゃない。
本当にごめんなさい。
No title
やすらかに
きっと虹の橋のむこうで、犬班Aさんのことをずっとずっとみまもってくれることでしょうね
そして、ずっと犬班Aさんの心の中に住んでいてくれますよね
そう思います
胸が痛いです
どうか『贖罪』なんて、言わないで下さい。大丈夫ですよ。さぶろー君は犬班A。さんのことを一番理解しています。誰よりも。人間よりも。
私は、せつなくて、今夜は眠れません。
No title
だったらいいなってことなんだけど、

きっとね、眠ったらそれがさよならだってわかっていたんだと思うのです。

だから、おかあちゃんがいる間は眠らないぞって
おかあちゃんの顔をいっぱいいっぱい覚えておくんだって

だから、Aさんがお出かけしたから、優しいお顔を思い浮かべながら、最後に見たおかあちゃんの笑顔に包まれて、安心して眠ったのじゃないかなあ。
きっと、最後に見たり聞いたりするのがおかあちゃんが泣き顔なのは、つらかったんだと思うの。

でも、きっと、おかあちゃんが帰ってくるまで、お部屋で待っていたと思います。
そして、やっぱり泣かせちゃったよ~って、虹の橋のふもとで休んでいる仲間たちとお話してると思います。

家族が逝って悲しくない人はいないから、思いっきり泣いて。
でも、Aさんをおかあちゃんと慕うあちらとこちらの子供たちのためにも、くじけないで。と、願うばかりです・・・。
やすらかに
さぶろーくん、天国からかーちゃんやみんにゃさんたちを見守っててくださいね。

犬班A。さん、お気持ちは分かります。
同じことが起きたら、私もきっと同じ気持ちになったと思う。
切ないですね。
No title
初めてコメントさせて頂きます。心よりお悔やみ申し上げます。
私にもそんな経験があります。そして 今も場所は違えど一人で救済活動をしています。お家にいる仔を一番にと考える方もいらっしゃいます。でも お家にいるから、まずはお外で私を待っている仔からという考えもあります。
そんな気持ちを愛猫達が理解出来るかどうかわかりません。でもこの手でなんとかするしかない以上、複数同時は無理なのです。
それでも今まで生活の中で、きっと愛猫達は飼い主さんを信じて安らかに旅立ったのだと、だからこそ私たちもそんな愛おしい亡くなった家族を信じましょう。傍にいられなかったけれど心はずぅーっと一緒だったと。お疲れ様です。
先日 猫ちゃんのご飯ですがamazonさんから送らせて頂きました。これからも 何かの形で応援させて下さいね。
心からの笑顔が一日も早く戻りますように・・・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
マメkさんのところから伺いました。
さぶろー君はたくさんの愛情に包まれ幸せだったと思います。
この世でめぐり合えて心を通わせることができて
ありがと~と感謝しながらお空から見守ってくれていると思います。
ご自分を責めないでくださいね。
No title
涙がぼろぼろ出ました。
Re: お悔やみ申し上げます
斉藤(Sさん)さん。

こんばんは。
いつもありがとうございます。

私は、大丈夫です。
大丈夫じゃないけど、大丈夫です。
しっかり前向いて頑張ります。

ありがとうございます♪
Re: タイトルなし
hukuyumiさん。

はじめまして。
コメントありがとうございます。
応援、とても嬉しく思います。

何とか前向いて頑張ります。
Re: No title
H.Yさん。

いつも応援頂きありがとうございます。
さぶへのコメントも、ありがとうございました。
そうなんです。赤坂っこだったんです。
Hさんとはかなりご近所でしたよ。
頑張って14年以上も生きてくれました。
いないことにまだ慣れられずにいますが、何とか頑張ります。

ありがとうございます♪
Re: タイトルなし
にゃ~すけさん。

こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございました。
私、全然立派なんかじゃないですよ。
ほんのちょっとのことしか出来ないですもん。
でも、愛情だけは溢れるほどに持っているので、何とか頑張っていきますので、どうぞ見守ってやってくださいね。
ありがとうございます♪
Re: ごめんなさい
nyakotomoさん。

こんばんは。
いつもありがとうございます。

さぶのことも、私のことも、ありがとうございました。
応援が無ければ、私のちっぽけな力じゃ何もできませんでした。
今も、これからも。
だから申し訳ないなんて思わないでください。
私が勝手に始めたことに、力を貸してくださる方がいて、背中を押してくださる方がいて。
いつも本当に感謝しているんです。

さぶを見送れなかったことは、私の中では永遠に悔やまれることではあるけれど、今をこうして過ごしていられるのは、私だけの力ではありません。

本当にありがとうございます♪
Re: No title
みけさん。

こんばんは。
はじめまして。
さぶへの言葉、ありがとうございました。
毎日さぶろーの顔を私も思い出しています。ずっとずっと忘れない。
永遠に私の心の一番奥に、しっかりと住んでくれています。
ありがとうございます。
Re: 胸が痛いです
けけたんさん。

こんばんは。
いつもありがとうございます。
お花…びっくりしましたが、ありがとうございました。
まだまだ毎日泣いてばかりいますが、さぶがいないことにまだ慣れられていませんが、何とかしっかりと毎日をみんにゃさんと過ごしています。
ありがとうございました。
頑張ります。
Re: やすらかに
chilledstateさん。

こんばんは。
さぶへのコメントをありがとうございました。
さぶは、私の中にずっとずっと一緒にいてくれるので、へたりこまずに何とか踏ん張ります。

ありがとうございます。
Re: No title
月那さん。

さぶとあたしへのコメントありがとうございました。
読むと泣いちゃって辛かったですけど、私も、だったらいいな。って思います。
大丈夫。くじけませんから。
くじける訳にはいかないですから。
踏ん張って、ゆっくり頑張ります。

ありがとうございます。
Re: No title
mouchiさん。

はじめまして。
コメントを頂き、そして、ご支援の物資をご手配頂き、ありがとうございました。
私に出来ることは、愛し続けることだけなのだと思っていますので、何とか踏みとどまって頑張り続けたいと思います。
ありがとうございます。
Re: お悔み申しあげます。
鍵コメ kさん。

こんばんは、はじめまして。
さぶろーへのコメント、ありがとうございました。
はい。
少しずつかもしれませんが、何とか踏ん張って、頑張って、前に進んでいきたいと思います。

ありがとうございます。
Re: No title
maiさん。

はじめまして。こんばんは。
さぶろーへのコメント、ありがとうございました。
何とかかんとか頑張って前に進んでいこうと思います。
ありがとうございます。
Re: No title
ミミ太さん。

こんばんは。はじめまして。
私も涙がいまだに枯れず、毎日ぼろぼろ泣いています。
でも、何とか頑張っています。
コメントありがとうございました。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。