2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッキーデイ。
今日は暑い一日だったけど、途中で雷雨に見舞われた…。

でも、郡山に帰ってきたら、すっかり雨はやんでいてくれてたのでホッとして。


毎朝、ちびちゃんのお散歩を終えてからが、あたしのほんの少しのプライベートタイムなんですが、大抵朝のその時間にいろいろなブログを見て回ったり、Twitterをまとめてチェックしたり。

そんな中、まだお会いしたことはないけれど、静岡から飯舘村に給餌とTNRで通ってくれている愛ちゃんさんのブログを覗いたら、記事の下の方にとっても切ない文章が書かれていた。


それを読んだらとっても気になってしまって、朝のみんにゃさんのお世話を始めてからも、気が散って仕方なくて。

迷惑がられてしまっている仔猫とおかーさんにゃんこ…。

もし、餌をもらえていなかったら…。

もし、野生動物に見つかってしまっていたら…。

もし、おかーさんが仔猫とはぐれてしまったら…。

…どんどん悪いことを考えちゃって落ち着かなくてしょーがないから、まるこに電話して。

ブログの内容を伝え、保護しに行こうかどうしようか悩んでる、と話したら、行くしかないっしょ、とあっさり言ってくれて肩の力が抜けて。

連絡先が分からないから、愛ちゃんさんと仲良くしてるhibiさんにご旅行中をお邪魔して電話番号を聞いて愛ちゃんさんと連絡を取り、具体的な場所や連絡をくれたおうちの方の連絡先をお聞きして、朝のお世話が終わってから、まること共に飯舘村へ。


大体の場所を確認して、途中で何箇所か給餌ポイントに立ち寄りながら目的地へ。


詳細地図が無かったのに何故か一発で目的のおうちに到着。

ちょっとラッキーかも?と二人して喜んだりして。


納屋のどこだろう?と探しはじめたけれど、結局場所がイマイチ分からないからおうちの方に電話して。


おうちの前ではなく、道路沿いの倉庫だということで、車を動かし倉庫の前へ。

倉庫を開けた瞬間、目の前を走り去る三毛猫のちび猫さん。

予想していたよりも大きい1.5ヶ月ちょっと位のちび猫さん。

…でも、藁が大量に積んであるから、捜索するのは困難だと思ったのと、走り去ったちび猫さんのサイズなら、捕獲器が使えると判断し、捕獲器をセットして。

二人して地べたに座り込み待機してw



怪しいねw


小一時間待ってみましたが、捕獲器には入ってくれず。


で、翌朝まるこに確認に行ってもらい、もし駄目だったら、また翌日あたしが向かうことにして、一旦帰ろうと車を出したけど、すぐ近所に給餌ポイントがあることを思い出し、そこへ向かったら飼い主さんが帰られていて、しばし立ち話。

そしてまた小一時間経ったので、どうせなら、と捕獲器を再度確認してから帰ろうと倉庫の戸を開けたら…おかーさんにゃんこさんが捕獲器に入っていてくれました。



薄い茶白の可愛い顔した若そうなおかーさん。

身体は痩せていて、毛並みはバサバサしています。


おうちの方に聞いた仔猫の数は五匹。

…そりゃそうだよね。

決まった餌場は近くに無いし、ご飯を探しにもなかなか行けないだろうに、仔猫に栄養取られているんだものね…。

頑張って育てたこどもたちを、絶対に保護してあげたくて、おかーさんにゃんこには申し訳ないけれど、ケージに移ってもらって一晩倉庫にお泊りしてもらい。


一晩をケージで過ごしてもらうので、ウェットやドライをケージに入れたら、すごい勢いで食べる食べる。

…哀しかった。

だからこそ絶対に全員連れて帰る!と心に誓い、捕獲器を眺めて祈りを込めて。


そして今朝、まるこからの待ちに待った電話。


仔猫さん、三匹保護できたよー!という嬉しい報告。




あと二匹。


でも、その時間から捕獲器をかけ続けるのはいくらなんでも長すぎる…と二人で悩み、今日は飯舘村を回ってる筈のhibiさんに電話して。


給餌が終わった帰り道に、捕獲器をhibiさんに確認してもらい、入っていたら連れて帰ってもらい、入ってなかったらそのままかけ続けて、明日の朝あたしが確認しに行くということで、地図を見て場所も確認してもらい、現地の倉庫の外観を写メで送ったりして、準備は万全。


あとは待つのみ。


そして夕方、搬送の帰り道に待ちわびたhibiさんからの電話が鳴って、電話に出たらとっても明るい声で、三匹入ってるよー!という報告が。

…数、増えてるしw

仔猫さんは合計六匹でしたw


そのまままるこシェルターへと搬送してもらい、その後まるこが診察に向かってくれて。

おかーさんにゃんこさんはノンキャリアさん。

まるこから報告電話を受けて、二人で良かったねー!と喜んで。


愛ちゃんのブログを見た時は、もっと小さい仔猫さんだと思っていたけれど、丁度離乳が完了した位のサイズの可愛い盛りの仔猫さんたち。

でも、みんなお腹はゆるゆるで、消化不良の状態です。
便には消化できなかったものが点々と混じり、異物も混ざっていたりして…


おうちの方に聞いたらば、おかーさんはもぐらを捕まえてきて仔猫たちに食べさせていたり、見ている間に何度も道路を往復してご飯を探しに行っていたそうです…。


餌場も近くには無い場所で、六匹もの仔猫を育てあげたおかーさん。


頑張って頑張って仔猫を育てたおかーさん。



八重ちゃんという可愛い仮名をまるこが付けてくれました。



八重ちゃんも、ちびーずも、しっかりと栄養つけて、たっぷりと綺麗なお水飲んで、ゆっくりと安心して寝るんだよ。





保護させてくれて、本当にありがとう。


今日は心がぽっかぽか。

とってもとってもラッキーデイ。

まるこもあたしも少しはゆっくり寝られそうですw



…ということで、一気に仔猫が増えてしまったので、誉ちゃんと誉ちゃんベビーずにご支援頂いたフードを、八重ちゃん母子に先に使わせて頂きます。

そして大変恐縮ですが、更に追加で仔猫用のフードをAmazonのリストに掲載させて頂きますので、どうぞご支援頂けますよう、お願い申し上げます。


【福猫舎へのご支援のお願い】

毎日たくさん使用する保護っこ用のフードやトイレの砂、給餌用のフードが少なくなってきてしまいました。ご支援頂けると幸いです。


また、子育て中の母猫、誉ちゃんと八重ちゃん、そして一気に9匹に増えたベビーずに必要な仔猫用のフードも掲載させて頂きました。

どうぞご支援を頂けますよう、宜しくお願い致します。


まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

支援品
こんにちは。レスキューありがとうございました。アマゾンから「カルカンパウチ3種」それぞれ一つずつ。「ロイヤルカナン FHN インドア 10Kg 猫用 」を一つ、少しですがお送りしました。月曜日に届くと思います。
Re: 支援品
begaさん。

こんばんは。
またまたご支援頂き、ありがとうございます。
とっても助かります。

ホントにちっぽけな活動だと思いますが、自分の出来ることをこの先も精一杯続けて行きたいと思います。

いつもありがとうございます♪
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。