2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラヲミアゲテ。
今日はとても穏やかなお天気の一日。

今朝は昨日ものすごーく必死になってケージの中のトイレをぜーんぶ洗って、固まりにくくなってた砂も取り替えたから、ゴミの量がハンパなく…。

でも、またもやhibiさん夫妻がお手伝いに来てくれて助かりまくり。

今日もありがとうございました。

そして、朝のみんにゃさんのお世話と、今日も届いたご支援の物資の仕分けを終わらせて、約3ヶ月振りの会津へと向かって。

なかなか帰ることが出来ずにいたけど、残してきた荷物や、車を取りに帰るため、ようやく帰ることができました。

すっかり埃をかぶって、バッテリーも上がっていた父に遺してもらったあたしの愛車くん。

ブースターをつないでも、カタカタと音がするだけだったので、やむなくバッテリーを買いに行き交換したりして。

で、部屋に残った荷物の一部を車に詰め込んで、結局実家の滞在時間は二時間足らず。

母には申し訳ないけれど、元気な顔が見られて嬉しかったよ。
ごめんなさい。


で、郡山に戻る前に、あたしが高校生の頃から、ずぅっとずぅっとお世話になりまくったお店の方が先日亡くなられたので、せめてお香典だけでも…とお店に向かうも、すっかり忘れていたけど定休日…。


やんちゃをし続けていたあたしのことを、いつも本気で怒ってくれて、いつも本気で心配してくれていた人だった。

大好きな人だった。

大切な人だった。

いつでもお店に行けば会えると思っていたから、すっかり不義理をしてる間に、突然いなくなってしまった。

寂しいな。

ごめんなさい。

でも、心の中でいつでも思い出せるよ。

ホントにホントにお世話になりました。

ありがとうございました。


手紙を書いて、また来るね、とお店に向かって手を合わせて。


いのちと向き合うことをしていると、自分の時間はままならない。


いつかきっと、あちらの世界でまた笑いあえるよね、と自分に言い聞かせながら、シェルターへ帰ってきて、大慌てでちびちゃんのお散歩して、みんにゃさんのお世話をはじめて。


今のあたしに出来ることは、目の前にあるいのちとしっかりと向き合って、みんにゃさんに幸せをつかんでもらうこと。

それが一番大切な今のあたしの役目。


その、幸せを探すために、明日、麻呂くんと小春ちゃんが、チーム福猫さんにお引越し。

まるこシェルターからも、葛尾村のちぃちゃんが同じくお引越し。

ちぃちゃんは、あたしが葛尾村を回っていた頃に自警団の詰め所で可愛がられていたちっちゃい女のこ。

甘やかされて、美味しいものを食べ過ぎて、当時はコロコロを通り越していたけれど、まるこシェルターに保護されてからは、すっかりダイエットして、ちょっとぷくぷくしてるね位になって。

甘えっこだけどマイペースな女のこ。

幸せ、掴むんだぞー!



ねーねーさんから初めて引き受けて、傷の治りも遅くって、色んな治療に四苦八苦した麻呂くん。

いっつも甘えたくって、お膝に乗りたくって、撫でてほしくって、他の子を撫でてる時もたまに恨めしそうに見つめられると、心が痛くなる。

でも、数分後にはお腹を広げて爆睡してたりするから、いっつも笑っちゃう麻呂くん。

ベイビーフェイスだけど、身体はちょっとメタボ気味だからw、預かりさんのおうちで甘やかされて、これ以上太らないことを願うよ。

甘えんぼの麻呂くん。

麻呂くんだけのお膝が見つかるように、かーちゃんお空に毎日祈ってるからね。


そして、道の駅でガリガリになってた小春ちゃん。

美味しいものを食べるのが大好きで、やっぱりちょっとメタボってきちゃった小春ちゃん。

甘えるのが大好きなのに、たくさん猫さんいるから、あんまり甘えられなくて、ちょっとストレス過多になってきちゃっていたので、悩みに悩んで移動を決めました。


部屋の中で居場所を見つけられなくて、いつも部屋の隅っこにいる小春ちゃん。

毎日抱っこはするものの、抱っこしてる時に違う子が近寄ってくるのが気に食わなくて、いっつもしかめっ面の困った顔になっちゃった小春ちゃん。


早く真っ赤な糸を見つけて可愛い顔に戻れるように祈ってるからね。


移動が続くとあたしの涙腺はゆるみっぱなしで、なんだか何をしてても泣けてきて。

今日はろくな写真が撮れなかった…あ、いつもかw


だから、あたしが大好きな麻呂くんの写真だけ、載せてみます。




寂しいな。

寂しいな。

でも、一日も早くみんにゃさんにはシェルターから出ていってもらわなきゃ、かーちゃん困っちゃうからさ。

みんにゃさんのホントの幸せ掴んでもらわなきゃ、かーちゃん困っちゃうからさ。

寂しいけど、耐えなくちゃ。

いや、耐えるとかじゃなくて、とにもかくにもみんにゃさんが幸せになることがかーちゃんの幸せだから、毎日毎日お空を見上げて祈ってるから。

心の底から祈ってるから。



みんな良い夢を。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。