2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悔しい現実。
今日の郡山は、昨日と同じく晴れてるけど気温は低い一日。

せめて晴れてるのは嬉しいけれど、先月よりも寒いんじゃないかしら。

…もう、5月なのにね。


保護っこたちは、一部の子が体調を崩したり悪化したり。


先月、帰還困難区域になって封鎖されてしまった津島の飼い主さんからお預かりした6にゃんず。

チビちゃんとクゥちゃんが、揃って食欲が止まってしまいました。

この二匹はエイズキャリアさん。

猫エイズそのものを、あたしは怖いとかは思っていないけれど、体調を崩した時は、やっぱり治りが遅いというのは実体験として感じていて。

血液検査の結果からの診断は、エイズ発症だろう…としか言えない結果で。

なんとか持ち直してほしいから、朝昼晩と3回の点滴と強制給餌。




とても仲良し親子のこの二匹。

くっついて寝てると安心できるかな。



3月末に封鎖された津島。

この子たちは、4月の22日に保護してくることが出来たのだけど、その間に飼い主さんが帰宅できたのは一度だけ。

このままでは死んでしまうと、飼い主さんは何度も何度も行政に電話をかけて。

ようやく連れ出しに行くことが出来たけれど、チビちゃんもクゥちゃんも次朗くんも、保護した時点で体調は崩れていた。

2週間以上も飼い主ですら帰宅できず。

雪まで降ったりした訳だから、気温は零下になっていただろう。

そんな中、みんなで頑張って耐えていたのでしょう。



でもね、思うんです。

なんでそんなことに耐えなきゃいけないの?

なんでちいさないのちたちがそんなことに我慢しなきゃならないの?

いのちを守ることが出来るのは、人間だけなのに。

人間にしかできないのに。


この、レスキューをはじめてから、いつも頭に浮かぶ言葉。

なぜ?
どうして?

いっつもそればかり。

結論は出ないし、答えの無い問いかけと分かっているけれど。


せっかく保護できたちいさないのちを、こんなに早く見送る勇気は持ち合わせていないから、あたしにできる精一杯を越えてまでも頑張るから、なんとか持ち直してもらいたいと思います。


きっとまだまだ当分の間、この悔しい現実と向き合い続けなきゃならないんだろうな…。


自分の力の無さを嘆きながら、あたしに出来る精一杯以上のことをし続けられるよう頑張らなくちゃ。



【今日のみんにゃさん】

やきそばは、現在小康状態が続いていて。

食べたく無い時は、どれほど手を変えても品を変えても食べてくれませんが、食べたいモードに切り替わるとびっくりするほど食べてくれます。

今日の夕方は、食べたいモードだったようで、自分のご飯を食べ終わったあと、またもや他のみんにゃさんのご飯を奪ってましたw




それを写真に撮っていたら、保護っこのおやつが入っていた器に、必死で背伸びして盗み食いしようとしてるさぶろー。



…なんか妙に長い身体だねw


おかしいなぁ。

おやつ、しっかり朝晩あげてるのになぁw


ま、いっか。


明日も良い夢を。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。