2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリケードの向こうに。
昨日、頑張って書いたブログが、アップ直前に全部消え、目一杯落ち込んだ…ので、更新が遅くなってしまいました。


昨日、一昨日と、人の立ち入ることが難しくなってしまった浪江町の津島へ。

福猫舎のブログにも紹介しましたが、なんとか五匹のいのちを保護することが出来ました。

晴れてくれたお天気のせいか、短時間だったのに保護させてくれてありがとう、という嬉しい気持ちと、保護してあげたかった子を保護出来なかった重い気持ちが交互に訪れる。


もっともっと道を探していかなくちゃ。と、気持ちを引き締める。


保護っこは、この子たち。



蓮くん。
怖がりさん。

シェルターに戻ってから出た運子さんには、草や藁がたくさん混じっていた。

ご飯を届けられなくてごめん。
でも、頑張ってくれてありがとう。




爽くん。
小雪くんとそっくりだね。
お父さんかな?

爽くんは、がぶがぶと一生懸命お水をたくさん飲んで。
もう、お水もご飯も探さなくていいからね。




陽菜(ひな)ちゃん。

まだ一歳に満たないちいさな子。

昨日、避妊手術をしてみたら…こんなちいさな身体なのに妊娠してた…。

ごめんね。
でも、子どもたちの分も幸せ掴もうね。



樹(いつき)くん。
特徴的な顔の男のこ。
目一杯甘えんぼさん。

頑張っててくれてありがとうね。

早くお腹のムシさん退治してフリーになったら、たくさん甘えていいからね。


そして、上の四匹を保護した翌日、陽菜ちゃんと樹くんを保護した同じ場所で保護できたのは、



麗(うらら)ちゃん。

保護してからまっすぐ病院へ向かい、ウィルス検査と検便などをしていますが、陽菜ちゃん、樹くん、麗ちゃんは、捕獲器からの移動も、診察中も、とてもおとなしくて。

麗ちゃんのお腹を良く見てみたら、おっぱいがとってもちいさいままで。

この二年の間に授乳していないということは、経産婦猫じゃない→避妊済の可能性が高いということになる。

その場でお腹の毛を少し刈ってみたけど、手術痕は見当たらず。

一応手術の予約だけして、一旦シェルターへ戻ってはみたものの、やっぱり気になるので、帰舎後に向かった保護っこの通院に連れて行き、別な病院で再度確認してみたら。

…お腹に避妊手術の跡を見つけました。


まだ、いるよね。

まだまだ、生きていてくれてるよね。


どうしていのちを救いたいと思うだけなのに、それが届かないのだろう。

どうしてちいさないのちに目を向けてもらえないのだろう。


人間のことが最優先なのは、十分分かっている。

分かってはいるけれど、遅々として全てが進んでいないことも、あの日から何一つ変わっていないことも、充分過ぎるほど知っている。


どうぶつたちには何も非は無いのに。


二年以上もの間、何も変わらぬまま、堂々巡り。


でも、諦めないよ。

一つでも多くのいのちを救うために、必死に足掻き続けるからね。


お願い、生きていて。
お願い、待っていて。


心から願うよ。


保護したばかりだというのに、



陽菜ちゃんは、ひたすら手を待っています。
掠れた小さな声で、一生懸命私を呼ぶ。

ケージの扉を開けると、撫でる前から喉からはゴロゴロと大きな音。

頑張ってくれてありがとう。



樹くんも、甲高い声でケージから私を呼ぶ。



ケージの扉を開けると、すぐにお腹を見せてごろんごろんとこねくりかえる。


たくさん甘えていいから。

たくさん撫でてあげるから。



私は、いのちを、絶対に諦めない。




【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


一気に増えた保護っこの、トイレの砂やウェットフード、ドライフードが不足しています。
また、保護っこたちの検査や不妊手術代で、ご支援金も飛ぶように消えて行きます。

大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。