2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日のレスキュー。
今日もまた津島へ。

でも、今日は段取りが狂い、まるこだけのレスキューだった。




人とほとんど会うことはない。

見かけるのは、鳥ばかり。


でも、しっかりと生きているいのちはいて。


津島は、明日までは誰でもが入れる場所。

検問の中でも、住民ならば毎日でも入れる場所。


明日の深夜、日付が変わる時点で、入るのが困難になる。


自分の猫の世話をする為に、二年間通ってきた飼い主さんから、保護してほしいと二件の依頼があって。


どちらも二匹の飼い猫さん。

一件の御宅の子たちは、すぐに保護することが出来ました。



もう一件の飼い猫さん宅のにゃんこたちは、元々家に寄り付いた子たちにご飯をあげるようになり、少しずつ距離を縮め、ご飯を手から食べるようになり、部屋に上がるようになり、お布団で一緒に寝るようになった子たち。


でも、避難して家を離れ、それでも毎日のように帰ってきてはいたけれど、少しずつ距離が出来てしまったという、くろちびちゃんとちびちびちゃん。


ちびちびちゃんは、昨日保護することが出来ました。


くろちびちゃんは…まだ。


バリケードを閉められてしまう前に、閉鎖直前の早朝からはまるこが、昼からは私が。


また向かいます。


新たな保護っこは三匹。




くろちびちゃんかと思って保護した子。

栄養不足で毛が茶色になったかな?と思ったのだけど、根元まで綺麗なチョコレート色の子でした。

トッポくん ♂

頑張ったね。




…耳が飛行機を通り越して、無いw

怖くて固まってますが、去勢済の男のこ。

弥七くん。

早く仲良しになろう。




こちらもぎゅっと身体に力を入れて怖がっていますが、まだまだ小柄な女の子。

ぷちとらちゃん。


今日からゆっくり眠れるよ。



一気に増えた保護っこたち。


ちっぽけな私たちにとっては、無理をしているのかもしれません。

でも、今、しなければならない無理があるのなら、する。


いのちは待ってくれないから。


今日まで必死に粘って繋いできたいのち。


無茶や無謀は出来ませんが、出来る無理は、する。


それが私たちに出来る、ただ一つのことだから。




福猫舎開設からずっと、毎日毎日日本のどこかから届く愛情の詰まったご支援の物資やご寄付。

どれほど感謝しても、言葉だけでは感謝を表しきれません。


それなのに尚、お願いしなければならないことがとても恐縮ではありますが、一気に増えた保護っこの、検査や治療、不妊手術が待ち構えています。


病院にも無理を言って、お値段をご相談させて頂くことが出来ました。


それでも、頭数が多いので、どうか少しだけで結構ですので、ご支援金のご協力をお願いできればと思います。


どうぞ、宜しくお願い致します。




【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。