2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェルター開設のご挨拶。
《ご挨拶》


東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故から二年が経つ2013年3月11日、
郡山市にハウス型シェルター「福猫舎」をオープン致します。


「復興」という文字が溢れかえっている今も、福島県の避難者は16万人を数え、
自宅に、ふるさとに、帰る目処もたたず、補償も決まらず、
新たに出発することもままならないのが実態です。


原発から半径20kmの人が立ち入れない警戒区域(現在は一部解除されています)、
飯舘村などの人の住んでいない避難地域には、
まだまだ多くのちいさないのちが、今も必死に生きています。


このちいさないのちを繋ぎ、救ってきたのは、主にボランティアたちでした。
仕事を抱え、家族を抱える普通の人たちが、
毎週のように福島に向かい、必死に給餌し、保護をしていますが、
資力も、体力も、気力すらも使い果たし、どんどん疲弊しています。

私たちも、その中の一人でした。

そんな中、飯舘村のどうぶつ達のいのちを繋ぐためだけに神戸から移住して、毎日給餌活動をしている「日比さん」と、個人ボランティアとしてレスキュー活動をしている「まるこ」と私が、活動の中で出会うべくして出会い、
福島県人として何か出来ることを…と考え、「福猫舎」を設立するに至りました。

まだまだ終わりの見えない福島で、必死に生きているちいさないのちのため、
そのちいさないのちを繋ぎ、守ろうとするボランティアたちのための
ホームグラウンドとなれるよう、真摯に活動していきたいと思います。

「福猫舎」として保護が出来る数には、勿論限りがあります。
全てのいのちを救うことが出来る訳ではありませんが、
ひとつでも多くのいのちを繋ぎ、救うために、
どうか応援してくださいますよう、心よりお願い申し上げます。


2013年3月11日


福猫舎一同


福猫舎
〒963-0664
福島県郡山市あぶくま台2丁目154番地
TEL 080-8214-9685
FAX 024-953-3731


ホームページ
http://fukunekoya.com/
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

タイミング
今日、この日に示し会わせて、発表されたことに失望しました。
内容も具体的ではありませんし・・・飯舘の動物を保護されるのですね。
最初におっしゃっていた、警戒区域のどうぶつのために。
ということばはなかったことになさるのですね。

収支の報告もきっと、なさらないのでしょうね。
もう二度とお邪魔しませんので、返事は不要です。
Re: タイミング
ななさん。

こんにちは。
…と書いても見て頂けないのかもしれませんが、それでもお返事したくてコメ返させて頂きました。

コメントで一方的に決められてしまうと、とても哀しい気持ちになります。
是非お問い合わせをしてほしかったとも思います。
でも、ネットというのは顔も見えないので仕方ないことなのかな?と感じたりもしますが、そんなネットの中ででも、顔が浮かんでくるような活動をして行きたいと思っています。

コメントにある、警戒区域のどうぶつたちの保護は、全くもって諦めてなどおりません。
どこにもそういう記載はしていないのですが…。
時間が足りず、報告記事もまだ書けていませんが、週末にレスキューした浪江町からの保護っこが、今日退院して福猫舎にやってきます。

ご支援頂くということが、どれほど大切なものかを身をもって知っておりますので、収支の報告も毎月は無理ですが、三ヶ月ごとに実施致します。

それらは今日明日で開始しようと思っている福猫舎ブログに、しっかりと記載する予定でおりました。

私は、私の信念を、全く変えていませんし、変えるつもりもありません。

真摯に、真っ正直に、前を向いてコツコツと諦めずに頑張って活動していきたいと思っています。

これからも活動を続けていく中で、どこかでまたふと覗いて頂けたら…と、切に願っております。

ありがとうございます。


上手く言葉に出来ないですが。。
ノリやその場の雰囲気で出来る事じゃない、って思いますし、信念があってまっしぐらに保護活動に取り組んでらっしゃてる、って思います。
頑張って
なんて…私が言うのもおこがましいし、世の中に溢れかえってる言葉だけど、それしか頭に浮かばないです。
応援します!
身体か資本。猫ちゃんばかりでは無く、時々はご自分の身体も労わって下さいね。
Re: 上手く言葉に出来ないですが。。
コメント頂き、ありがとうございます。

こんばんは。

はい。
さすがに人生を左右するほどのことなので、ノリや雰囲気でなどは全く動いておりません。
ご理解頂けて、とてもありがたいです。

ただ、色々準備などが追いつかずにいることには、とても反省しきり…です。

頑張って。
という言葉は、被災者の方には苦しい言葉かもしれませんが、私にとってはこの上ないエールです。

ただひたすらに、頑張ります。

ありがとうございます♪

あ、私のご心配まで、ありがとうございました。
大丈夫ですー。
No title
元カノンちゃん・現ミーコの飼い主もしくはお母ちゃんの斉藤という者です。
ブログを拝見させて頂くと、シェルター開設されるとの事…本当に大変な御苦労であり、物凄い精神力を必要とされる事と思います。がんばって下さいという言葉が適切かわかりませんが、それしか思いつきません…
私は、ボランティア活動をされている皆様は、本当に御苦労されていると理解しており非常に尊敬しておりますが、その活動に対して寄付や支援を送る事に抵抗がありました。「お金や物を送るだけで人に丸投げしている」ように思えてしまったからです。そして「寄付などをもしする事があるとしたら、自分が死ぬ時に残せる遺産がもしあればその時は動物愛護協会へ…」など、自分でも良くわからないビジョンを持っておりました。しかしこちらのブログを読み、「自分が死ぬ時に…」なんていう呑気な事を言っている時に、警戒区域に飛び込み、年々震災が風化していく中で新しくシェルターを開いて現在進行形で闘っている人々がいる…という痛感させられました。
「私は東京を離れられないけど私の出来る事をしよう」と思いまして、微額ではありますが本日振込をさせていただきました。土曜日なので処理は月曜日になります。領収書等は必要ありませんので…
中途半端な金額で「?」と思われるかもしれませんが、四月に出るボーナス予定額の一割なのです。(私の会社は税金対策?で、春・夏・冬に小分けにボーナスが出ます)
実はカノンちゃんが家に来る迄は、ウチの母親は認知症の症状がひどくなり、トイレも一人で行けず夜も不安で眠れず起きて徘徊するようになり、全く目が離せない状況の中で私も真剣に退職を考えておりました。しかしミーコの可愛さに癒されオバカな行動に笑う…という日々の中、笑顔が戻り夜もぐっすり眠れて、普通に一人でトイレに行けるようになり退職の必要はなくなりました。毎日毎日撫で回されて、ミーコは若干迷惑そうですが…ミーコが福島からウチに来なければ、今頃退職しておりボーナスも無かっただろう…という予測のもと、ボーナスの一割という事にさせていただきました。
ミーコが来る前は、いつも家に帰ると無表情でボーっとテレビを見ている母がいて、「おかえり」の言葉も発しない。
でも今は家に帰ると、嬉しそうに「見て見て、ミーコちゃんが、ほら、面白いの!」と笑顔で語ってくれている。
皆様の日々の活動で、幸せになった動物・人間は数多い事と思います。
世の中には心無い人も数多く御苦労も深いと思うのですが、これからも微額ながらも支援させて頂けたらと考えております。
「この子たち、ココに保護してもらえて本当に幸せだなあ…」と思えるブログですね。これからも拝読させて頂きます。
まだ寒の戻りなどあると思います。皆様くれぐれもお体御自愛のほど…

Re: No title
Sさん。

こんばんは。はじめまして。

あまりにもあまりにも嬉しいコメントで、めっちゃくちゃ泣いちゃいました。。。

ご支援ももちろん嬉しいのですが、それよりもなによりも、頂いたコメントがあまりにも嬉しくて。。。
本当にありがとうございます!

moomamaたちのブログ、福猫預かり日記へのコメントでもそうでしたが、今回頂いたコメントも、Sさんのおうちでミーコちゃんの過ごしている姿が、とってもとっても想像できて、それが堪らなく嬉しいんです。

自分で保護した子も、自分以外が保護した子でも、私のところや、シェルターなんかにいちゃダメだ!って、良く思うんです。

その子のおうちを見つけてあげて、早くこっから出ていかなきゃダメだって、心から思うんです。

そのおうちで、幸せになって、ご家族に笑顔を届けられる子でいてくれることが、心の底から嬉しいです!

大切なご支援金を頂戴し、本当にありがとうございます。
色々なことが待ち受けているだろうとは思いますが、終わりが見えない中、必死に色々なことに耐えているちいさな命たちを、少しでも守っていけるよう、自分に出来る精一杯を、ただひたすらに続けて行けるように頑張っていきます。

本当に本当にありがとうございます!

あー!ほんとに嬉しい!です!

ありがとうございます♪
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。