2013/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人として。
まだまだ暑い中、必死に、精一杯生きている、ちいさないのちを少しでも連れ出したくて、繋ぎたくて、この週末もレスキューに行ってきた。

数少なくなってしまったレスキューボランティア。

震災当初ですら、20kmという円で勝手に決められた『警戒区域』と呼ばれた場所を、網羅出来る程の人数はいなかっただろうけど、震災から、原発事故から、二年半が経とうとする今、もうレスキューに向かう人は、数えられる程になってしまった。

それでもなんとかしたいと、現在残っているボランティアたちは、皆、体力資力が尽きそうになりながらも、少しだけ残った気力に縋りながら活動している。


それは勿論あたしも同じこと。

だけど顔も知らない方たちが、そんなあたしを踏みとどまらせてくれている。

応援してもらえるからやめられない、とか思ったことは一度も無い。

むしろ、諦められないあたしの勝手な想いを、支えてもらえていることに、背中を押してもらえていることに、感謝しかない。

毎日倒れこむように明け方にベッドに倒れこむように寝て、少し寝たらあっという間に朝がくる。

食事は台所で立ち喰いだったり、運転しながら片手でパンを齧ったり。

だけどそんなことは、なんの苦にもなっていないし、気にもしていない。


だって。
保護っこたちが、あまりにも愛おしいから。

保護してあげることの出来ないいのちと、保護っこたちの差を考えると、いたたまれなくなってしまうから。


だから疲れた身体に鞭打って、救えるいのちのために、繋げるいのちのために、あたしは毎週あの場所へ向かっている。


今週もまた、前回保護したくて、でも保護することが出来なかった三毛猫さんのいた場所と、もう一件、どうしても保護したい子のいた場所に、金曜日の夕方に捕獲器を置きに行って。

念を込めて、祈りを込めて、捕獲器を置いて。


暑い日がが続いていたけど、金曜日は少し雨混じりの肌寒い日で。

どうか入って。
怖いだろうけど、一緒に帰ろう。

と、誰もいない目の前の風景に向かって口に出して話しかけ、願いを込める。


道路を走っていても、目に入るのは、誰のためなのか分からないバリケードの行列。



そして、伸び放題の草木や、どんどん壊れていく、誰かの家、家、家。



少し裏道に入ると、車を進めるのを躊躇う程に、道は蔦で覆われて。




ここは日本なのに。


今までは通れた道が、警戒区域が解除になって、帰還困難地域に変わり、バリケードに阻まれて、大きく迂回しなければ、行きたい場所に行けなくなってしまった。

だから、捕獲器を置かず、給餌だけのレスキューですら、全部の給餌ポイントを回り切ることは難しくなってしまった。

それでもフードが来るのを待ってる子たちのために、汗をダラダラ流しながら、少しでも多くの給餌ポイントに行くために走り回って、ヘロヘロになって帰宅して。


そして、土曜日の朝、いつもは寝る時間に起きて、みんにゃさんのお世話をしてから、圏内へ向かって。


検問を抜けて、アクセルをベタ踏みして、猛ダッシュで捕獲器を確認に向かう。


三毛猫さんがいた場所で、車を停めて、恐る恐る窓越しに捕獲器を覗いたら。



やったーーーーー!

見間違えることなどない、ハッキリと覚えている顔が、捕獲器の中で待っていてくれました。


一瞬顔が右側が見えたから、ハクビシン?って思ったけれどw、身体の三毛柄が見えた時、涙がびゃーって溢れ出て。


もう、会えないかと思った。

同じ子と、もう一度会えることなど、かなり困難になってしまってるから。

会えなかったらどうしよう、と思っていた。


嬉し涙もそこそこに、出切るだけそおっと捕獲器を車に積んで、もう一箇所の捕獲器の場所に、またまたダッシュで向かって。

数台置いた捕獲器の、蓋が閉じてるのを見ると、不安と期待で鼓動が早まる。

中を覗くと、ちいさなちいさな鼠が、困ったように右往左往してて、肩を落として捕獲器からリリースして。

最後の一台を確認しようと思ったら、ガシャンガシャンと捕獲器に体当たりしてる音がして。

…ってことは鼠じゃない。

ドキドしながら捕獲器を覗き込んだら、



明らかに若い白猫くんが、必死になって捕獲器に体当たり。

ごめんね、怖がらせて。

でも、もうご飯を探さなくていいから。

いつでもお腹を出して安心して寝られるから。

勘弁してね。

ここから出て行こう。


保護したい子ではなかったけれど、また来週来るからね、とまた誰もいない目の前に向かって口に出して話しかけて。


口惜しい。

やるせない。

そんな普段は使わない言葉が、ピタッと当てはまる、この現実。


ほんの一部の人間しか、見ることの出来ない現実。


…ここは日本なのに。


避難生活も二年半が経ち、色々なことを諦めて、色々なことを飲み込んで、色々なことから目を背けて。


どんどん人間たちが壊れてゆく。


机の上で理屈や理論を繰り返している人たちは、そんな現実を知ろうともせずに、無駄なことを繰り返し、誰かの罪をなすりつけ、誰かのせいで尻拭い。


人間のことすらも、守ろうとしてはくれない現実。


話すことの出来ない四つ足たちは、人間のせいで死に、人間のせいで耐え、人間のせいで必死に生きている。


ならば人としてあたしに出来ることは、変わらぬ気持ちで、ぶれない気持ちで、救い、繋ぎ続けること。

それだけ。


また行くから。

人のいない町へ。


また行くから。

待っていて。



【福猫舎へのご支援のお願い】

たくさんの嬉しいご支援を頂戴しておりますが、毎日大量に使用する保護っこや仔猫たちのフードやトイレの砂、また給餌用のフードなど、お願いするばかりで本当に申し訳ありませんが、どうかご支援を宜しくお願い致します。





まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

本日現在の保護っこの数は、あぶくまシェルターとまるこシェルター、合わせて80匹プラス22匹の仔猫がいます。

そして人のいない避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。