2013/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/28のレスキュー。
先週は、二日間連続でレスキューに行ってきました。


さすがに暑さが強まってくると、日中だけのレスキューでは捕獲器に入ってくれる確率が少ないことと、あちらこちらを塞ぐ山のようにあるバリケードに邪魔され給餌すらも制限されてしまうので、今回は二日間に分けることに。

でも、シェルターには容態が気になる子たちがいるし、一生懸命考えて、一日目はバリケードのせいで行きにくい場所への給餌と、捕獲器の設置をメインにして、少しでも保護っこたちに負担をかけないようにして、朝のみんにゃさんのお世話をしっかりと終えてから出発。


最近走り慣れてきた山道を飛ばしていたら、少し早めに着きそうだったので、ちょっと寄り道してあまり行けない津島のバリケード近くの脇道をあっちこっちと進んで行くと、道端に寝ている猫の姿。



ガリガリのはげはげ…。
…言葉が出ない。

車を停めて近づいても、逃げるどころか近づいてきて、挙句、膝の上に乗ってゴロゴロと喉を鳴らし、頭を擦り付けてくる。

その口からは強烈な膿の匂い。

口の周りは真っ黒に汚れ、涎もダラダラと垂れている。

ふと横を見ると車に乗り込もうとしているもう一匹の猫の姿。



こちらもガリガリで薄っぺら。

ぶわっと涙が溢れ出る。


にゃーにゃーと鳴き真似で呼んでみたら、一目散にこっちに向かってくる。




浪江町の津島に隣接してる山木屋の山の中。

近くにはまばらに数軒の家はあるけど、人は、いない。

ウェットフードをあげてみたら、むせながら必死で食べている。

でも、飲み込むのが痛いらしく、たまに悲鳴をあげながら、それでも食べるのをやめない姿に、泣けて泣けてもうどうしようもなくて。


もしかしたら飼い猫なのかもしれない。と思いながら、離れがたくて道路に座り込んで撫でていたら、車が通りがかったので停めてみて。


ご近所に住んでた方だったから、この猫たちのことを知らないか?と聞いてみたら、近くの方が餌をやってるようだと言われ、頼み込んで連絡を取ってもらって。

電話が通じて話を聞いてみたら、去年のある日、突如現れた猫たちで、このところ急激に痩せてしまった、と。

避難してるからたまにしか帰ることは出来ないけど、こないだ帰った時にあげたフードも痛がって食べられていなかったようだ。と言っていて。

見ていても可哀想だから保護してもらえるなら連れていってやってほしい、と言われて。

ただの甘えっこの猫さんだっただけなら保護することはできない。

でも、きっと感染症もあって、口の中も大変なことになっているであろうガリガリに痩せたこの子たちを置いて立ち去ることは、あたしには出来なかった。


それじゃあ連れて行きますね、と伝えたら、本当によろしくお願いします。と真剣な声で言われてホッとして。


たまにだったかもしれないけれどご飯を貰えて良かったね。


生きていてくれたから出会えたよ。


お口は治らないかもしれないけど、ちょっとでも楽に過ごせるように一緒に頑張ろうね。とケージに二匹一緒に入ってもらい、そのままレスキューへ。


久々に津島を通ってみたけれど、そこかしこに猫の姿…。



まだ生きていてくれている。

まだまだたくさんのいのちが待っている。


それが分かっていても、手当り次第に捕獲器をかける訳にはいかないから、車を走らせていて猫の姿を見ると泣きそうになる。

近くに給餌場所があるところにはフードをたんまり置いて、生きて、と願いながら立ち去る時が辛くて辛くてたまらない。

余裕があれば…と思うけど、余裕なんてどこにもない。

後部座席にいる二匹が、更に自分の首を締めてしまったし。

それでもどうしても気になる子がいる場所にだけは捕獲器をかけたくて。


連れ出したい。


一つでも多くのいのちを連れて帰りたい。


でもシェルターの状況はそれを許さない。


保護できるギリギリの枠と、捕獲器の数を、必死に悩んで置く場所を決める。


辛いレスキュー。




道は蔦に覆われ狭くなり、




数限りなく建てられたバリケードだらけの静まり返った町。



ねぇ、偉い人たち。

あなたたちは一体どうしたいの?

福島を、古里を追われた人々を、取り残されたどうぶつたちを、

一体どこまで無残に扱えば気が済むの?


足りなくなった時間に追われ、猛スピードで車を走らせ給餌して。

悩んで悩んで捕獲器の数を減らして設置して、どんよりとした重い気持ちで帰ってきた一日目のレスキューでした。



帰ってきてからちびちゃんのお散歩にそのまま向かい、みんにゃさんのお世話を終わらせ病院へ駆け込む。


検査の結果は予想通り、猫エイズと白血病のダブルキャリア。

口の中は、先生がうわっ!と声をあげるほど、爛れまくっていて。

歯肉炎、口内炎、舌潰瘍と痛い症状のオンパレード。

大きめの体躯だけど、体重は3kgにも満たないぺらっぺらのその身体。

診察台の上ですらも喉をゴロゴロ鳴らし続けているから、聴診器が役に立たないよ、と先生が苦笑い。

下手をすれば数日後には出会えなかったかもしれないそのいのち。

連れて帰ってこれて本当に良かった。


生きよう。

もうちょっとだけ。

痛みをちょっとでも抑えて、美味しいもの食べて、ゆっくりと寝て。


たくさん甘えていいから。

だからもうちょっとだけ生きよう。


一緒に頑張ってあげるから。

のんびりと、ゆっくりと、少しでも長く一緒にいようね。




シャムミックスの男のこ。
仮の名前は響(ひびき)くん。



少し中毛のキジトラの男のこ。
仮の名前は奏(かなで)くん。


いのちが響き合うように、いのちの音を奏であうように、そんな名前をつけました。




ご飯よりも、お水よりも、ただひたすらに撫でられたいこの二つのいのちが、堪らなく愛おしい。

頑張ろう。

そして生きよう。


【福猫舎へのご支援のお願い】

たくさんの嬉しいご支援を頂戴しておりますが、毎日大量に使用する保護っこや仔猫たちのフードやトイレの砂、また給餌用のフードも残り少なくなってきました。

今回保護した子たちや仔猫たちが日々汚してしまうため、古タオルのご支援もお願いしたいと思います。

お願いばかりで本当に申し訳ありませんが、どうかご支援を宜しくお願い致します。



■お家でご不要になった古いバスタオルやタオルケット、ベッドパットがございましたら頂戴致したいと思います。送り先は以下にある【こちら】からご確認くださいませ。


まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。