2013/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せ運んで。
今日の郡山は、あっつーーーーい一日。

何をしてても汗が出るほどで。

そんな暑い一日でしたが、更に心がドカンと熱くなった電話があって。


おうち募集中の蕾ちゃんのベビーず。

今日お見合いだと聞いていたのですが、なんと!
3にゃん一緒のおうちが決定しました!

先住猫さんの姉妹にゃんこさんがいるおうちだそうで、一応トライアルという形になるとは思いますが…とにかく嬉しい!嬉しくってたまらないっ!

ずうっと一緒に暮らしてもらえるなんて、思ってもいなかった。

あーーーーーーー!
嬉しいったらもう!


moomamaさんからの電話を切って、すぐに蕾ちゃんに報告したけど、自分が甘える方が先で、ちっとも話を聞いちゃくれませんでしたw




ベビーずに頑張って栄養を与えていたから、すっかり黄色くなっちゃった背中の毛も、白さを取り戻してきた。

次は蕾ちゃんの番。

蕾ちゃんも幸せ見つけようね。



そして、もひとつ。

こっちは幸せのお便り。


あたらしいおうちにいった花音ちゃん。(現ミーコちゃん)


ミーコちゃんをきっかけに、福猫舎にご支援を頂戴しているのですが、物資を送って頂く度に毎回とても嬉しい写真と、ミーコちゃんの姿が目に浮かぶようなメールを頂戴していて。


今回のメールに、とても可愛らしいエピソードがあったので、ご了承を頂いたのでご紹介。


最近、お母さまが倒れられたそうですが、しっかりと回復されていらっしゃるようで、心配だけど、ちょっと安心。

最近、お母さまのために、家の至る所に手すりを設置されたそうです。

その手すりを設置しに介護用品販売会社の方が来た時、作業をしに家に入って来られたお兄さんに何故かミーコちゃんがゴロゴロ言って甘えはじめて。

一緒にいらしたケアマネさんから「この子、浪江町出身なのよ。」と聞いたそのお兄さんの口からは、

「オメ、また何でこんな都会に来たんだい…」

と、突然の福島弁w

そう言いながらミーコを抱き締めて、我に帰って「すみません…」と照れていたそうです。


お兄さんの顔も勿論知らないけれど。

なんか、その瞬間を想像したら、とっても心があったかくなっちゃった。

30歳位の福島市出身の方だったそうです。



そんなミーコちゃんとお母さまの素敵なツーショット。




お母さまの笑顔がとっても素敵。



そして、ミーコちゃんの幸せそうなのんびりのほほんな一枚。




幸せなんだね。

良かったね。

かーちゃん嬉しくってたまんないよ。

幸せになってくれてありがとう。

幸せを運んでくれてありがとう。

ずっとずっと。

もっともっと。

ちっちゃな身体いっぱいの幸せと共に暮らしていくんだよ。

大好きな花音。

幸せになってくれて本当にありがとう。



みんな良い夢を。
スポンサーサイト
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。