2013/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
気合いだ気合い!
今日の郡山は少し肌寒い一日。

朝早く、hibiさんから一本の電話が鳴って。

出てみたら、昨日来たボランティアさんが飯舘村でTNRの予定で手術を終わらせた子のリリースを見合わせたいという相談で。


即座に返事し、準備の前にちびちゃんのお散歩を終わらせて、みんにゃさんの朝ごはんを用意してたら、風雅くんにしっこかけられた…泣。


そんなこんなをしていたら、hibiさんがにゃんこを連れて到着し。

詳しく話を聞いてみると、昨日TNRの予定で捕獲器に入った男のこ。

手術はしたものの、お迎えに行ったら、歯の状態からすると10ヶ月齢以上の子なのに、体重は1.6kgしかなくて。

身体にはマダニやシラミがわんさかと。

お腹の中には鉤虫さん。


リリースは難しいんじゃないかと病院から言われたそうです。


実際その子を見てみたら、



とても可愛らしい男のこ。

でも、長毛さんだから騙されそうだけど、背中の骨はゴリゴリと触れてしまう痩せ方で。

確かにこれじゃリリースは難しいと判断し、保護することになりました。


ウィルス検査の結果はノンキャリア。

シラミを落とすのには、長毛さんだと厄介だなぁ…と、丸刈りくんになってもらうか悩みつつ、ひとまずフロントラインスプレーを塗布し、48時間以上経ったらまずは薬浴。

その頃までには毛刈りをするかどうか、決めておかなくちゃ。


頑張ったんだね。

えらかったね。



ご飯をあげたら、ほんの数口でひとパウチを完食…見ているのが哀しくなる姿。

今日からは、もうご飯はゆっくり食べていいんだよ。

探す必要もないからね。


夕方hibiさん経由でボランティアさんからおうちの方は放棄した、と連絡があったので、肩の力が抜けた。


仮の名前は、無二(ムニ)くんと付けてみました。

以前に保護した唯ちゃんと、今度保護した男のこでイメージが合う子がいたら、一(はじめ)くんと付けてあげて、唯一無二の出来上がり。

そう。
みんなみんな唯一無二の存在なんだよ。


無二くんは、とってもおしゃべりな寂しがりやさんの男のこ。



早くシラミさんやお腹のムシさんとお別れして、新しい猫生をはじめようね。


そのためにも、一日も早く餓えの記憶は棄てようね。

たくさん撫でてあげるから。

毎日美味しいものあげるから。


早く元気になろう。



そして、昨日ご紹介した新人保護っこ風雅くん。





今日は去勢手術と合わせて血液検査をお願いしてきたら…ダブルキャリアさんでした…。


隔離スペースから白血病のキャリア部屋に早速お引越し。


これでキャリア部屋の住猫さんは5匹になった。

トコトコは元気満タンの小猿さんだけど、ピッピとエリカは喉のリンパが大きく腫れている。

ライトくんも、何とか食べてはくれてるけれど、風邪の症状は治まる気配は、まだない。

でも、みんなのお部屋を日当たりの良い、居心地の良い、素敵なお部屋に仕上げるから。

ぽかぽかお日さまをたくさん浴びて、楽しく過ごせるお部屋に仕上げるから。


頑張れ。

頑張れ。


頑張って生き延びてきたんだから。


なかなかあたらしいおうちは探してあげられないかもしれないけど、せめてここにいる時間は楽しくのんびり過ごしてね。


さあて。
気合い入れてこー!



【福猫舎へのご支援のお願い】

毎日たくさん使用する保護っこ用のフードやトイレの砂、給餌用のフードが少なくなってきてしまいました。ご支援頂けると幸いです。


まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
願い。
昨日、またもやブログを更新する前に行き倒れて寝ちゃった…。

このところ、我が家のにゃんこ、やきそばとぶーちの容態が落ち着かず、どうも気になるから何度も夜中に起きたりしてたら、身体がいうコトを聞かない…。
若い頃の体力が欲しいなぁw


と、いうことで、昨日またまた飛び入りさんがあぶくまシェルターに登場しました。


ずっと給餌とレスキューを頑張ってくれている友人のボランティアからのSOS。

二つ返事でお迎えに。


帰還困難区域の、浪江町室原で保護してもらえたラッキーボーイ。



仮の名前は、風雅(フーガ)くん。

なんだかちょっと猫らしからぬ不思議な風貌の大柄な男のこ。

渡された捕獲器の中でも特に暴れもせず、シェルターに戻ってからケージに入ってもらった時も暴れもせず。

タオルにくるんで爪切りしても、フロントラインなどの駆虫薬をしても、特に身体が緊張することもなく、たまにちょっとだけ唸る程度で、頭を撫でても身体を撫でても、怖がる様子もありません。

かといって甘えたさんな訳ではないから、性格を把握するのに時間かかるタイプかなぁ。


もう、今はレスキューに向かっても、絶対的な時間不足もあり、保護できることが本当にラッキーで。

まだまだたくさんのいのちが生きていることは分かっていても、ほんの少しのタイミングの違いで保護することが出来なかったりしていて。


特に帰還困難区域は、今までは通り抜けられた道路に新たに設置されたバリケードのせいで、スムーズに辿り着けなくなってしまった場所も多くて、給餌とレスキューを並行するのがとても難しくなってしまった。


それでも諦めずに、ただひたすらにコツコツとひとつずつでもいいから、いのちをあの場所から連れ出す。

それだけがあたしの願い。

ただひたすらにそれだけを願う。



今日は、hibiさん夫妻と一緒に、飯舘村に設置した狸除けの給餌器のいたんでしまったものを交換しに行ってきたのだけれど、飯舘村でも泣きたい気持ちになってしまって。




道を走るにゃんこの姿を見て車を停めると、とても一生懸命にゃーにゃーと叫びながら空腹を訴えてきたにゃんこさん。



食べ切る量のウェットを用意してあげたら、ガツガツと貪るように食べている。

お腹の様子は授乳中…。


先日hibiさんが飯舘村を回っていた時に口にリードが引っかかってしまっていた白ラブの男のこ。

フードを用意してあげても、食べることよりも甘えたくって体当たりしてくる。



…無力すぎるよ、あたし。
…ちっぽけすぎだよ、あたし。

本当にほんのちょっとしか、ほんのちっぽけな役にしか立ってない。

悔しいなぁ。
切ないなぁ。

どうぶつ達には、なんの罪も、なんの責任もないのに。

なぁーんにも悪いことしてないのに。

なんでこんな過酷な生活を強いられなきゃならないんだろ。

生き延びるために、なんでこんなに必死にならなきゃいけないんだろ。

街にはものが溢れ、人が溢れ、光が溢れているというのに。

福島の、人がいない場所でひたすらに一日を生き延びることに必死な、ちいさないのちたちは、いつまで頑張ればいいんだろ。


でもね。

何も出来ないけれど、ほんのちょびっとだけの手助けしか出来ないけれど、あたしを助け、あたしを支えてくれる人たちがいる限り、あたしは、いのちを諦めないから。

いのちを、守るために頑張るから。


だからみんなみんな待っていてね。


頼むよ。

生きていて。

それだけを、願うよ。




【福猫舎へのご支援のお願い】

毎日たくさん使用する保護っこ用のフードやトイレの砂、給餌用のフードが少なくなってきてしまいました。ご支援頂けると幸いです。


まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
らりるれろ。
んー。いかん。
また間が開いちゃった…。

ブログというのは、毎日更新しなきゃ!という気負いに勝てるかどうかの戦いのようなものかと思っていたけど、はじめてみたら結構楽しみながら書いてはいるものの、ちょっとイレギュラーなことが続くと、途端に書く時間が足りなくなる。

先日、またやきそばが発作を起こし、ちょっと心がザワザワしていたのと、夜中に何度も起きて様子見したりしてたのとで、福猫舎のブログを書くのが精一杯。

でも、昨日からちょっとだけ落ち着いてきて、やきそばもぷすすーぷすすーと相変わらず睡魔を誘う寝息をたててくれたから、今日は少しだけマトモに寝られた。


毎日毎日時間が足りないと嘆いてみたりもするけれど、震災前は、あたしが家にいる時間は普通の人よりもかなり少なかった。

ちょっと変わった仕事をしていたせいで、朝、家を出たら、帰宅するのは翌日のお昼だったりする生活。

むしろ今の方がずぅっとたくさんみんにゃさんと触れ合える。

勿論やることは満載だし、全然追いついていないから、みんにゃさんの全ての欲求を満たしてあげられているとは思わないけど、それでも前よりはずっと一緒にいられる。

みんにゃさんの寝顔を見つめたり、寝ててピクピクするおひげを触ったり、どんどんピンク色になる肉球をちょいっとつついてみたり。

そんなふとした瞬間が、そんな宝物のような時間が、いつまでも続けばいい、と心から願う。

勿論永遠なんてものは無いと分かってはいるけれど、少しでも長く、永く、一緒にいたいなぁ。


保護っこたちに対しても、あまり家のこと違う感覚では付き合えない不器用なあたしは、おうちが決まりそうな子がいると泣けてしまったりもするし、容態が悪い子がいると、何度も様子を見に行ったりと、いつでも気忙しくて落ち着かない。

でも、自分の目で、自分の手で、しっかりと確認できることは、とても嬉しいこと。


保護っこの中で、今一番容態が良くなかった次朗くんが少し落ち着いてきてくれてホッとして。

でも、油断したらすぐに調子なんて落ちちゃうから、更に気を引き締めて。


首の皮膚が爛れていた爽くんを、毎朝毎晩抱っこして皮膚の様子を確認していたら、人慣れが進んできてくれたりするラッキーもあったりして。


そんな日々を、もっとしっかりと伝えていきたいけど、ブログに書こうとすると、長くなるばっかりで言葉がうまく出てこなかったり。


でも、ガタガタ言ったり、悩んだりしている暇なんてないんだから、


やらなきゃならないこと。
やりたいこと。
やるべきこと。
やれること。
を、やろう。


お。
らりるれろw


よーし、頑張っぺ。


あ、しまった…写真載せる場所が無かった…。

じゃあ、可愛く撮れたとあたし的に思った美空ちゃんの一枚。





みんな良い夢を。
幸せ運んで。
今日の郡山は、あっつーーーーい一日。

何をしてても汗が出るほどで。

そんな暑い一日でしたが、更に心がドカンと熱くなった電話があって。


おうち募集中の蕾ちゃんのベビーず。

今日お見合いだと聞いていたのですが、なんと!
3にゃん一緒のおうちが決定しました!

先住猫さんの姉妹にゃんこさんがいるおうちだそうで、一応トライアルという形になるとは思いますが…とにかく嬉しい!嬉しくってたまらないっ!

ずうっと一緒に暮らしてもらえるなんて、思ってもいなかった。

あーーーーーーー!
嬉しいったらもう!


moomamaさんからの電話を切って、すぐに蕾ちゃんに報告したけど、自分が甘える方が先で、ちっとも話を聞いちゃくれませんでしたw




ベビーずに頑張って栄養を与えていたから、すっかり黄色くなっちゃった背中の毛も、白さを取り戻してきた。

次は蕾ちゃんの番。

蕾ちゃんも幸せ見つけようね。



そして、もひとつ。

こっちは幸せのお便り。


あたらしいおうちにいった花音ちゃん。(現ミーコちゃん)


ミーコちゃんをきっかけに、福猫舎にご支援を頂戴しているのですが、物資を送って頂く度に毎回とても嬉しい写真と、ミーコちゃんの姿が目に浮かぶようなメールを頂戴していて。


今回のメールに、とても可愛らしいエピソードがあったので、ご了承を頂いたのでご紹介。


最近、お母さまが倒れられたそうですが、しっかりと回復されていらっしゃるようで、心配だけど、ちょっと安心。

最近、お母さまのために、家の至る所に手すりを設置されたそうです。

その手すりを設置しに介護用品販売会社の方が来た時、作業をしに家に入って来られたお兄さんに何故かミーコちゃんがゴロゴロ言って甘えはじめて。

一緒にいらしたケアマネさんから「この子、浪江町出身なのよ。」と聞いたそのお兄さんの口からは、

「オメ、また何でこんな都会に来たんだい…」

と、突然の福島弁w

そう言いながらミーコを抱き締めて、我に帰って「すみません…」と照れていたそうです。


お兄さんの顔も勿論知らないけれど。

なんか、その瞬間を想像したら、とっても心があったかくなっちゃった。

30歳位の福島市出身の方だったそうです。



そんなミーコちゃんとお母さまの素敵なツーショット。




お母さまの笑顔がとっても素敵。



そして、ミーコちゃんの幸せそうなのんびりのほほんな一枚。




幸せなんだね。

良かったね。

かーちゃん嬉しくってたまんないよ。

幸せになってくれてありがとう。

幸せを運んでくれてありがとう。

ずっとずっと。

もっともっと。

ちっちゃな身体いっぱいの幸せと共に暮らしていくんだよ。

大好きな花音。

幸せになってくれて本当にありがとう。



みんな良い夢を。
前向け、前。
今日の郡山は、降ったりやんだりの中途半端なお天気で。

でも、通院に向かった仙台は、蒸し暑いお天気だった。


診察が終わり、帰りの高速では、あまりの眠気に耐えられず、途中15分だけ仮眠して。

短い時間だったけど、仮眠したらスッキリして、無事帰宅できた。


でも、帰ってきたら、めちゃくちゃ凹む出来事が待っていて。


いつもは夜中に開催する人慣れ訓練のための抱っこタイムや撫で撫でタイムを、今日は昼間にやっちゃおう、とみんにゃさんのケージを順に回って、撫でたり抱っこしたりして。


保護っこの爽くん、最近少しずつ慣れてきてくれて、数日前に爪切りもしたから、タオルで顔を隠してあげて撫で撫でタイムを開催していたんですが、今日は抱っこしようかな、と思って良く見たら…首のあたりの皮膚が一部爛れていて…。

びっくりして急いでタオルでくるんで抱っこして、良く見てみたけど傷がある訳じゃないし、なんでこうなってるのかサッパリわからない。

けど、自分の注意力不足に泣けてきて。


ゆっくりタオルを外して、そのまま身体を撫でて、顔を撫でて。

肉球は汗をかいていたけれど、身体に無理な力は入らずに撫でさせてくれた。


ごめんね。
ごめんね。
明日、病院行こうね。
でも、それでまたかーちゃんを嫌いにならないでね。

と言いながらずうっと撫で続けて。


泣きすぎて頭いたいし、凹みすぎて胃がいたい。


保護っこがたくさんいるから、なんて言い訳は出来ないし、疲れてるから、なんて言い訳にもならない。


自分のせい。


身体がたくさん欲しいなぁ。

コピーロボットが欲しいなぁ。

どこでもドアも欲しいなぁ。

噛まれても、叩かれても破れない皮膚が欲しいなぁ。


でも一番は、もっともっと時間が欲しいなぁ。



欲しいものはありすぎるけど、手に入るものじゃないから、願うことしか出来ないし、手には入らないんだから、もっともっと、もっともっと、しっかりと、きっちりと、みんにゃさんと付き合っていかなくちゃ、ね。



今日の保護っこは、久々の登場福丸くん。




お気に入りのビンボールから、夜中にならないと出てきてくれないので、なかなか写真が撮れなくて。


断脚した箇所の毛刈りの跡は、ようやく毛が生えてきて。

大きかった頬袋も、去勢したからちょっと小顔になって、すっかりイケメンにゃん。

元気に走り回ってくれてます。



凹んだ気持ちはなかなか上がってくれないけど、気を取り直して明日からもまた頑張らないと。ね。


めそめそしててもしゃーない。

イジイジしててもしゃーない。


前向け、前。



みんな良い夢を。
5月18日の警戒区域。
3月末から浪江町の津島のレスキューに集中してしまったので、すっかり時間が空いてしまった警戒区域のレスキュー。


その警戒区域も再編が進み、双葉町も今月の28日で警戒区域ではなくなる。

警戒区域ではなくなるとは言っても、双葉町は町の96%が帰還困難区域になるから、むしろ今までよりも動きにくくなってしまうだろう。


そうなる前に少しでもいのちを救いたくて、でも、多くを保護できるゆとりはシェルターにはなくて。

悩んだ挙句、あたしは4台、同行の友人は2台の捕獲器を置いて。

捕獲器を回収するまでの時間は、出来得る限り給餌して回って。


でも、比較的穏やかな暖かさだった筈の今日、目の前に出てきてくれた猫は一匹だけ。

出会った時は、もう手持ちの捕獲器は全て置いた後で、溜息をつきながらフードを置くことしか出来ずに、哀しみがこみ上げる。

やっぱり捕獲器をもっと持ってくれば良かった…と思ったところで後の祭り。

ふぅ。


そして、時間ギリギリに捕獲器の回収に回って。

あたしがかけた捕獲器は、全て空っぽ。

絶対的な時間が足りない…。

仕方ないけど、
仕方ないんだけど、
悔しいし、哀しい。

一緒に行こうよ。
目の前には誰もいないけど、ついつい口に出てしまう。


そして友人の捕獲器を回収に向かって。

保護できたのは、クッキリとした八割れの黒白にゃんこ。



はじめまして。
怖かったよね。ごめん。
でも、もう大丈夫。
一緒に行こう。


まだまだ生きていると分かっていても、本当に絶対的な時間が足りず、そこここにあるバリケードのせいで動きは制限されて、思うように行動することすら出来ない。

生きているのが分かっているのに。
人間しか助けてあげられないのに。

あの日から二年以上が過ぎ、人がいないままの場所で必死に生きているどうぶつたち。

道を走っていると、地震でひび割れた道路の亀裂からは雑草がぐいぐいと顔を出し、道の横の木々は道路を覆い隠そうとするほどに生い茂り。




時を刻まない町。



全ては止まったまま。



一時帰宅で帰った時に貼ったのかな。

こんなものを見かけた。



…哀しいね。


楢葉町でも富岡町でも、除染された土が入った黒い袋がうず高く積まれていた。

数えきれない黒い袋が累々と積み上げられている。


いったいこの国は何を考えているの?

本当に安全に出来ると思っているの?

本当に安心して帰ることが出来ると思っているの?

そんな訳ないじゃない。

そんな筈、ないじゃない。


無かったことにしたいの?

そうとしか、私には思えない。



いのちは待ってくれないのに。

それが分かっているくせに、なんの力も無い自分を呪いたくなる。


でも、諦めないから。

それしか出来なくて、ごめん。



【福猫舎へのご支援のお願い】

毎日たくさん使用する保護っこ用のフードやトイレの砂、給餌用のフードが少なくなってきてしまいました。ご支援頂けると幸いです。


まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
ふたつの決断。
今日の郡山はぽかぽか陽気のお天気。

日中はめっちゃ暑かったけど、15時過ぎたらとても過ごしやすい気分の良いお天気。


今朝もちびちゃんはご機嫌にお散歩に行き、帰舎してからは土を掘って寝床を作ってご機嫌さんw




そしてあたしは、やっと一つの決断をして、思い切ってちびちゃんの飼い主さんに電話して。


ちびちゃんをお預かりして以来悩み悩み日々を過ごして来ましたが、最近お散歩から帰ると大して走っていないのに息があがってしまっていたり、お散歩中に思いも寄らない場所にぶつかってしまったりするちびちゃんを、人がいない場所で暮らさせることが、どうしても思いきれなくて。


でも、あたしはそれで安心するけれど、飼い主さんとちびちゃんが過ごした10年という月日や、野山を駆け巡って、勝手に池に飛び込んで暮らしたちびちゃんの生活。

そんなこんなを思い巡らせながらも、やはりあたしの個人的感情が先に立ち…。

現状をお話しした上で、継続してちびちゃんをお預かりすることになりました。


飼い主さんとお話ししていて、写メール送っからね!と言ったら、使い方分かんねぇ。と言われてしまったので、じゃあ近いうちにちびちゃん連れて飯舘で会う時、使い方教えっから。と笑いあって。


あとどれだけちびちゃんの時間が残っているかは分かりませんが、ゆっくりのんびりと過ごしていきたいと思います。




そしてもう一つ。

どうしても伝えたかったことを、あたしにとってとても大切なひとに、ようやく思い切ってメールした。

やっと伝えたかったことを伝えられたことに安堵して。


ようやく全部吹っ切れた。


もう、後ろは見ない。


これでようやくしっかりと地に足が着いた。


あたしにとっては、今の一瞬一瞬がこれからのすべて。

だから、今日も明日も明後日も、あたしの気持ちはもう絶対に揺るがない。


前を向いて、空を見上げて、あたしにやれる精一杯を、ひたすら真摯に続けていこう。

頑張ります。

頑張りましょう。

いつか笑いあえたらいいね。




今日の保護っこ写真は、みんにゃさんがお気に入りですっかり寝床になっちゃったあたしのベッドパッドに潜り込んで寝てる千寿ちゃん。



気持ち良さそうだね。

しまうにしまえない…。



みんな良い夢を。
みんにゃ頑張れ。
今日の郡山は、まぁとりあえずは晴れってことで。って感じの、なんだか不思議なお天気な一日でした。

夕方には昨日に続いてまた地震があったりして。

なんだか心が落ち着かない。


…とは言え、目の前にあるたくさんのやらなきゃならないことと、やりたいことなどに追われてるので、あっという間に一日が過ぎていくんですが。


今日はまずお知らせ二つ。

岡山のちゃんたさんの所に移動しているパクチーちゃんとひよりくんも参加する譲渡会が19日の日曜日に開催されます!

詳しくはちゃんた&ゆかいな仲間たち~わんにゃん組~さんのブログにて。


パクチーちゃんやひよりくんの他にも、ちびっちーずがわんさか到着しちゃうみたいなので、一つでも多くの素敵なご縁を見つけるために、是非とも拡散頂けたら嬉しいです!

ちっさな身体にバイタリティと優しさが満タンに詰まってるちゃんたさんを、是非応援してください!!


そしてもう一つのお知らせは。

東京のチーム福猫さんにお願いした蕾ちゃんのベビーず。

募集サイトに登録したら、ありがたいことにたくさんのご応募を頂戴したそうです。

順にお返事されているそうですが、てんてこまってるご様子でしたw

どうか素敵なご縁がしっかりと繋がりますよう、宜しくお願いします!


ベビーずは、毎日走り回ってはっちゃけているようですが、ママの蕾ちゃんのお腹の手術の傷が、朝は平気だったのに夜に抱っこしたら開いてしまっていて、あわあわしながら病院へ急ぎ、縫合してもらいました。

局部麻酔で縫合させてくれた蕾ちゃん。

頑張りました。

エリザベスカラーを付けてご機嫌ななめだったので、ちょっとだけはずして抱っこしてみたら、やっぱり甘えんぼさん。



早く気付けて良かったよ。

数日我慢するんだぞー。



そして、今日あぶくまシェルターに入居のねーねーさんから頼まれた、新たな保護っこ茶白のライトくんは、夜のご飯もしっかりと食べてくれていた。



ご飯の後で様子を見に行ったら、ちいさな声で鳴いていました。

もう安心していいからね。
安心していいんだからね。

と、話しかけながらゆっくりと撫でていたら、ウトウトしていました。


ちいさな心でたくさんの不安や飢えに怯えながら暮らしてきたいのち。

そして苦しみながらもまだまだ頑張ってくれているいのち。

そのいのちたちを、しっかりとどっしりと受け止めていけるよう、とにかく毎日をしっかりと過ごしていけるように頑張ります。


みんにゃさん、頑張れーーー!




昨日のブログでご支援をお願いした、ストレス軽減に良いというフェリウェイ。

早速ご支援を頂けました!

本当に嬉しいです…ありがとうございます!!!


それなのに、連日お願いを書くのは気が引けるのですが、まるこの所で腎不全と難治性の口内炎と戦っているななこちゃんと、うちで弱った身体を頑張って回復しようとしている次朗くんにあげている高栄養パウダーを、Amazon
のリストにまたもや追加させて頂きました。

お願いばかりで恐縮ですが、どうかご支援頂けると幸いです。

【追記】
あっと言う間にご支援頂きました!
ありがとうございます!



宜しくお願いします。
パワー充填。
今日の郡山は空は少し曇っていたけど、晴れてはいてくれて。
蒸し暑い一日。

みんにゃさんのお世話をしてても、微妙に汗ばむ感じで。


朝からhibiさんがゴミ出しのお手伝いに寄ってくれて、飯舘村に置いた狸除けの給餌器の補修や交換をらしなきゃならないので、少し相談してみたり。


で、朝のお世話をバタバタと終わらせて今日もまた仙台へと向かい、いつもいつも無理ばかりお願いしている病院の院長に、何故かお昼をご馳走してもらって帰宅してw

いつもいつも本当にありがとうございます。


病院でご飯を食べながら、多頭のストレスなどについて話していて、先生から勧められたストレス軽減に効果があるというものを、Amazonのリストに追加させて頂きました。


また、Amazonのリストを欲しい順に少し整理させて頂いたので、ご覧頂けると助かります。


今日もガツンと重たいご支援の物資が届き、ヒーヒー言いながらトイレの砂を運んだり、給餌用のフードを片付けたり。

そして、記帳したら、初めてのお名前の方からもご寄付を頂いていたり。

ひとつひとつのことが、本当に嬉しくて嬉しくて。

来月には、第一回目の収支もご報告しなくちゃならないから、少しでも時間を見つけてパソコンに向かいます。


保護っこたちも、しっかりと寛いでくれるようになった子が増えてきて。

蓮くんは、以前大阪から来てくれたボランティアSさんにもらったおもちゃが大のお気に入り。



絶対離してくれませんw

顔つきも、険しさが消え、すっかり穏やかな表情になってきました。


トッポくんも、甘えっこパワーが増えすぎて、ケージを覗くと顔をゴンゴン押し付けてきて、あまりに近くて写真が撮れませんw

ケージから出すと、膝の上で転がったまま、あたしの手にしがみついてザリザリトッポ舐め続けるか、すごいパワーで顔を擦り付けてくるので、これまた写真が撮れず…w


新入りさんの朝陽くんは、シェルターに来た日はハンストしてましたが、昨日はしっかり食べてくれて、撫でていたらおずおずと小さな音で喉を鳴らしてくれました。




夜には抱っこしても喉を鳴らしてくれたので、可愛い顔をお見せ出来る日は近いと思います♪


毎日毎日走り回っているけれど、うちの子や保護っこの顔を見て癒されて、うちの子と保護っこを抱っこして、たくさんのパワーを充填して、また明日もガス欠にならないように走り回りたいと思います。




【今日のみんにゃさん】

ずっとお口が痛くて、ようやく抜歯に踏み切ったうちの子ちょび。

13歳を越えているのでちょっと心配でしたが、無事に手術を終えて帰ってきてくれました。

仙台からの帰りの車内では、



くーくーと寝てました。

疲れたね。
ゆっくりやすみなさい。

で、明日からは痛くなくなったお口で、しっかりご飯食べようね。

なんだか今日は、みんにゃさんがデロリンコとしてる姿ばっかりだから、イマイチ可愛い写真が撮れなくて。



いつでも油断してるピットのブサカワな寝顔w

あたしにとっては可愛くて仕方ない寝顔なのだけど…きっと世間的には…むむむw

あ、ココは可愛い写真が撮れた。



ぷりちー♪


連日出かけているので、なかなかみんにゃさんとも保護っことも、ゆっくりのんびり出来ないけど、明日はちょっとだけゆっくり出来るかな。

明日はいちゃこらしよーね。



みんな良い夢を。
強さと弱さ。
今日はとってもあたたかくって。

飯舘村の給餌を頑張ってくれている個人ボランティアのねーねーさんから頼まれたミッションをこなすべく、朝のお世話を頑張って終わらせて、動物病院へダッシュで向かう。

頼まれたのは、先日ねーねーさんが保護して入院させていた茶白のにゃんこの容態確認。


入院させていた病院からは、もう退院して良いと連絡があったそうだけれど、保護した時の瞬膜の出方などがあまりに酷かったようで、容態を確認した上で、入院延長なり、リリースなり、対応を決めてほしいと相談されて。


病院に着き、見せてもらったにゃんこの様子は、良くはなってきたのだろうけど、瞬膜はまだ片目の半分以上飛び出したまま。
背中をつまむと脱水のせいで皮膚は戻らない。
そして鼻水も鼻から垂れている状態で、喉からはぜこぜこと音がしていて。

この状態で退院許可が出たのであれば、とにかく連れ帰ろうと病院を出て、リリースするかどうするかを悩みながら保護場所へと向かった。


保護場所は、原発の避難エリアで唯一再編が決まっていない川俣町の山木屋。

浪江との境の場所。


保護場所に着き、まだ悩みながらも、とりあえず餌場を確認。



数日前にhibiさんのブログで補充したと書かれていたフードは、一粒たりとも残っていない。

ひとまずフードを補充しようと準備していたら、





わらわらと集まってくる猫たち。


茶白のにゃんこはまだ一歳にも満たない2kgを超えた位のスカスカに脱水した中猫くん。


リリースしたら、きっと風邪はぶり返し、また容態は落ちることになるだろう。

よりによって、この仔は停留睾丸だったので、開腹手術もされている。

まだ縫合糸も溶けていない。

万一のことを考えると、あたしにはリリースすることは出来なかった。


ケージの中の茶白くんを見ながら、まずはまるこに電話して。

悩んでる状況を話したら、そんな状態の悪い子、あんたにはリリース無理でしょー。と笑い飛ばしてくれてホッとして。

ねーねーさんにも電話を入れて、リリースせずに連れ帰る旨を伝え。


保護という形を取らず、症状が治まったらリリースするという手段もあるというのは分かっている。


でもそこには人が、いない。


あたしの心は決して強くないから、悪いことばかりを考えてしまう。

だからこそリリース出来なかったし、したくなかった。


…ということで、あぶくまシェルターに、またもや飛び入りさんがやってきました。



はじめまして、朝陽です。


目は、



こんな感じ。


少しだけ怖がりさんのようですが、まだまだ若い朝陽くん。

きっとそう時間もかからずに打ち解けてくれる…よね?


保護した子たちをしっかりと見守り続ける心の強さは、あたしにはたっぷりあるから。

だから今はとにかくしっかり風邪を治して美味しいものを食べて、のんびり寝てくださいな。

安心できるおうちを見つけるまで、ゆっくりのんびり宜しくね。



あ、餌場にはフードたっぷり補充しておきました。






【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要なフードや物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
隙間とゆとり。
今日はずうっと雨な一日で、せっかく昨日頑張って一部は終わった洗濯の続きをやりたかったのに出来ず…。

ちぇ。

でも、ちびちゃんとのお散歩で目に映える新緑は水を得て、どれもキラキラしていて。

毎朝毎晩お散歩で見る、日々のほんの少しの変化が、とても楽しくて嬉しい。


今日は、頼まれていた用事が雨で中止になったから出かける予定がなくなったので、みんにゃさんとの抱っこタイムやブラッシングや爪切りなどに時間をかけて。

まだ怖くて手や口が出てしまう子もいるけれど、今いる保護っこの中で本気で噛んでくる子はもういない。

でも、ほんのちょっとの物音に怯えて、慌てて手が出てしまう子はいるから爪切りは必須だけど、怖がりさんの爪切りには、時間をかけて抱っこして撫でてからやっているので、そうそうマメには出来なくて。

あたしがTwitterに写真を載せると、写真にチラッと写るあたしの手の傷を気にかけてくださる方もいるのでw、なるべく傷にならないように、傷が出来ないようにしなくちゃね。


みんにゃさんが、目を合わせてくれるようになったり、呼ぶとお返事してくれるようになったり、身体を触ってもビクビクッとしなくなったりする、そんな一瞬一瞬がとっても嬉しいから、もっと頑張って仲良くなりたいな…と、心から願う。

最近、優雨ちゃんや樹くんが、あたしが部屋にいる時限定でフリーの時間を作るれるようになってきて。

暑かった一昨日は、優雨ちゃんの姿が消えたから、どこに行った?と探していたら、



ここにいたw


もうちょっとしたら完全フリーにしてあげられるかな。


こうやってちょっとずつ仲良くなって落ち着いてくれたら、また次の子を保護してくる隙間を作ることができる。


自分にゆとりを持たないと、保護する場所にゆとりを持たないと、保護することが無茶なことになってしまうから、そうならないようにしっかりと自分を監視して管理していかなくちゃ。


もうじき双葉町の再編が実施されると、警戒区域という場所は消えてなくなる。

でも、警戒区域ではなくなったとしても、立ち入ることが難しくなった場所には、今までよりもイロイロな障害が立ちはだかるから、保護を出来る可能性はしっかり残しておかないといけない。

警戒区域のことや、帰還困難地域になってしまった場所のことのあれこれは、書こうとすると罵詈雑言しか出てこないから今日はやめておくけれど、とにかくあたしに出来ることは、今いる保護っこたちに幸せに向かって過ごしてもらうことと、毎週行く程のゆとりは無いけどレスキューに行った時には救えるいのちをしっかり保護してくること。

それだけ。

それだけを続けていく。

そのためにあたしはここにいるのだから。



先日、お得なウェットフードを発見したと記事を書いたら、ここ数日連日フードが到着しております。

ほんっとうにありがとうございます!

みんにゃさんが大好きなおやつタイムに、レスキューの際に、大切に使わせて頂きますね。


そしてここからはちょっと告知を。

岡山のちゃんた&ゆかいな仲間たち~わんにゃん組~さんに移動した、

パクチーちゃん




ひよりくん




5月19日の譲渡会にデビューするそうです!
(ちゃんたさーん、写真勝手に借りちゃいました。ごめんなさいー。)

人間大好き!な子たちです。

真っ赤な糸を、ぶっとい糸を、見つけられるといいな。と願っています。


どうぞ宜しくお願いします。



【今日のみんにゃさん】

今日は過ごしやすい気温のせいか、やきそばの食欲はバッチリで。



部屋に入るととても素早くあたしの元へ近づき、めっちゃ至近距離でメシよこせー!とアピールしてましたw

四回あるやきそばのおやつタイムでは、毎回たっぷり食べてくれたから、かーちゃん大喜び!


あ、そう言えば、先日覗きに来てくれたmoomamaさんが撮ったやきそばの焼きかつお一気喰いの動画をyoutubeにアップしてくれたので、お時間のある方は見てみてくださいw

こちら


途中でおっさんと連呼してるのは、あたしじゃなくてボラに来て下さった方ですよーw


今日の可愛い我が家の一枚は、いつも男子に間違われちゃう、可愛い女子のピットw



全く意味不明なポーズですが、あまりにも可愛かったので。

え?
あたしだけw?



みんな良い夢を。
ふぅっと一息。
今日の郡山はめっちゃ晴れ渡るお天気。

でも、結局ほとんどの時間を屋内で過ごすあたしにとって、あんまり晴れるとちょっと恨めしくなったりしてw


それでも朝晩のちびちゃんとのお散歩があるから、少しはお出かけ気分にもなれてるのかな。


今日はシェルターに来てからずっと容態が良くなかったチビちゃんクゥちゃん母子と次朗くんが、揃ってドライも食べてくれて、形のある運子さんもしてくれて。

3にゃんとも顔つきも少し良くなった。




クゥちゃん…ちょっと怖い顔だよw


チビちゃんは、10歳を越えてるせいか、風邪の症状が治りが遅いけど、半分位出ていた瞬膜もかなり治まり、もう一息。

ふぅーーっ。
と一息。


容態が悪化すると、イロイロなことを考えてしまうから、すぐに怖くなってしまう。

勿論逃げる訳にも辞める訳にも行かないのだから、毎日毎日心の中で小さな戦いが繰り広げられていて。

でも、心の中の不安を精一杯取り払いながら、頑張って向き合うことしかできないのだもの、頑張るしかない。

ひとまずこのまま容態がおさまってくれることを願いながら、みんにゃさんに話しかけて。

頑張れ。
頑張ろう。

頑張りすぎずに焦らずに。

ゆっくりのんびり頑張ろう。


明日も宜しくね。


【今日のみんにゃさん】

ぽかぽか陽気の中、今日も気持ち良さそうに寝ているやきそば。



吸い込まれそうな寝顔だね。


さぶろーも、



綺麗なにゃんもないとを構成中w


ハンモックの上では、



どんぐりが優雅に鎮座中。

うんうん。
みんな良い感じ。


がしかし。



…獅子丸。
なぜそんな顔w?



みんな良い夢を。
癒しのチカラ。
今日の郡山はちょうど良いお天気の暖かな一日。

ようやく感じる小春日和な雰囲気。

…でも風は強くて春な感じではなかったかな。


連日倒れこむように寝てたから、全然時間が足りずに、福猫舎のブログを書くのが精一杯。

すっかりサボっちゃった…。

いかんいかん。


朝晩の点滴さんが8にゃん、強制給餌さんが4にゃんいて、おまけにチビちゃんクゥちゃん母子は量が多いとすぐに吐いちゃうから3時間置きの給餌で。

夜も定期的に様子見するからしっかり寝られず…体力無くなったー。と実感するなぁ。

でも、みんな少しずつ落ち着いてきてくれてるから、それは嬉しいのだけど。


他にも気になる箇所を抱えてるにゃんずもいるから、連日通院。

大変だとは思うけど、それをしんどいとは思わずにやっていられるのは、みんにゃさんから貰ってるパワーのおかげ。


まだまだ完成しないシェルター内部も、早くにゃんず仕様に仕上げてあげたいけれど、後から後から山積みのイロイロが盛りだくさんでなかなか作業が進まないのが一番悔しいかな。

ほとんど休まずイロイロやってる筈なのに、なんでこんなに時間が足りないんだろ…ま、自分の段取りの悪さなんだろな。

もっと頑張れよ、あたし。と自分に喝を入れてもっと頑張ろう。


癒しのパワーっていうのは際限が無くて。

傷にまみれた手の痛みも、ガチガチに凝った肩の痛みも、すぅっとおさまる。



不思議だね。


うちで一番の癒しっこは、ダントツで幸生くん。








ほらね。

癒される。


でもね、



こらー!

何してるー!

それ以上体重増やす努力はしなくてヨロシイ!!


【今日のみんにゃさん】

我が家のにゃんこ、でぶまっしぐらの獅子丸。

いつも寝相が悪いのだけど、今日のはひどくて



もう、かーちゃん言葉が出ない…。

この後更に、



こうなりましたw

やれやれ…。


でもまぁ気持ち良さそうだからヨシとしよう。

足蹴にされてる麻呂くん、ごめんね。。。



みんな良い夢を。
希望のかけらを見つけるために。
今日の郡山は、またまた天晴れな快晴で、ずっとぽっかぽか。

お日さまがとっても気持ち良い。

夕方になってもフリールームのみんにゃさんは午睡を貪って寝てばかりw

でも、本当に気持ち良さそうだから、見ているだけで幸せ満タン。


フリーになっていない子たちとは、今日もなんとかふれあいタイムを頑張って。

朝昼晩と、抱っこタイムを開催してみた蕾ちゃん。

朝はこんな感じ。



子育てケージの中からは出てきてくれないけれど、甘えっこのまま。

お昼もケージから出そうとしたらちょっと抵抗があったから無理せずに。

でも、夕方には、ゆっくりと出してみたらケージから出てくれて。

少しだけ身体に緊張があるけれど、ひたすらゴロゴロ言って甘えてくれて。





うわっほーい!

可愛いぞー!

そして嬉しいぞー!


そしてそして、蓮くんは今日の撫で撫でタイムで遂に!喉を鳴らしてくれました!

そぉっと写真を撮ろうとポケットから携帯を出したらば…無常の電池切れ…orz

でもね、もう絶対に仲良しになれる実感が毎日高まって嬉しいったらもう。


蓮くんと一緒に保護した爽くんも、まだまだシャーフー言うけど、名前を呼び続けると少しだけお返事してくれるようになってきた。


みんなちょびっとずつ前進してる。

希望のかけらがそこかしこに落ちている。

嬉しい嬉しい瞬間。



でも、昨日は自力で食べてくれたチビちゃんが、また今日は食べるのを嫌がっていたりして、あたしの心はアップダウンが甚だしくて。


それでも口呼吸が見られたクゥちゃんが、少しだけ楽になっているようだったり、次朗くんが甘え鳴きしてくるようになったりと、ほんの少し希望も見えていたりするから、希望のかけらを見落とさないように、希望のかけらを見つけるために、明日も頑張らなくっちゃ。



【今日のみんにゃさん】

やきそばは今日の食欲は今ひとつ。

朝はしっかり食べてくれたんだけどな。

でも、トテトテと水を飲みに行き、トイレに歩いていくやきそばの後ろ姿を見ていると、可愛くてしょうがない。


一旦少しだけ食欲が戻ったギンも、今日は今ひとつで。

出来る限り抱っこしたりして甘やかし作戦を開催しています。



さぶろーもちょっと様子が変だから、連休明けには病院だな。



拾った時には360gだったのになぁ…年とったねぇ。
13年も経つんだから当たり前か。

でもさぶろーはかーちゃんの一番の天使だからね。

もっともっと一緒にいようね。


みんな良い夢を。
嬉し涙と寂しい泪。
今日の郡山はぴっかぴかに晴れ渡ってくれて気持ち良かったー。

外の作業も暖かいからサクサク進むw


シェルター内では、今日も嬉しい出来事がたくさんあって。


まずは蓮くん。

先日から、ケージに近づくとシャーとも言うけど甘え鳴きもするようになってきていて。

それでも手を差し出すとちょいちょい叩かれていたんですが、なんと今日は、朝のおやつを差し出したら叩きもせず、



あげたその場で食べてくれて、そして撫でても叩かれなかった!

やったぁ!嬉しいぞ!

おやつを食べ終わっても甘えた声で鳴きながら、ずっと撫でさせてくれました。

少しだけ目に浮かぶ嬉し涙を我慢しながら、ずっと名前を呼び、蓮くんもその都度お返事してくれて。

しっかりと目も合わせてくれるようになってきてくれているから、このまま焦らずに仲良しになりたいなぁ。


そして、調子を崩しているお預かりっこのチビちゃんクゥちゃん母子と次朗くん。


朝の点滴でも昼の点滴でもあまり容態が変わらず、他にやれることは無いかと悩んでいたんですが、夜の点滴の後、お母さんのチビちゃんが、自力で少しだけウェットフードを食べてくれた!



いいぞー!頑張れー!

と、嬉し涙を少しだけ流しながら抱っこして。

とっても気持ち良さそうに喉を鳴らしてくれた。

クゥちゃんも次朗くんも、少しでも持ち直せるよう頑張らなくちゃね。



嬉し涙もたくさんあるけど、寂しい泪もあって。


今日は蕾ちゃんのベビーずがシェルターから卒業。

まさかの出産から早くも約5週間が経っていて、その早さにもびっくりだけど。

若くて小柄な蕾ちゃん、ベビーずの成長と共にどんどん頬が痩けてきていて、風邪もうつっちゃったことだし、少し早いけどお引越しとなりました。


バイバイしようと最後に写真を撮ろうとしたけど、動きが早くて撮れやしないw

ベビーずは、いつもお世話になっている、チーム福猫さんにご縁探しをお願いしています。

東京に移動して風邪が治ったら、きっと可愛い写真がアップされると思いますので、お楽しみに。


ベビーずを乗せた車を見送って、少しだけ寂しい泪を流した後は、お母さんの蕾ちゃんにごめんね、と謝って。

最初に一回だけシャー!って言われたけれど、その後はずっとか細い声でちいさく鳴いて。

最初にお預かりしてきた時は、それはそれはものすごい剣幕のフーシャーパンなにゃんこだったのにね。

静かな甘えんぼさんになってくれた。

とっても美人さんの蕾ちゃん。

早くふくふくにゃんこになって、蕾ちゃんのおうち探しもはじめようね。


毎日毎日、何度も涙が浮かぶ。

嬉し涙と寂しい泪。


でも、そのひとつひとつがあたしの宝物の瞬間だから、明日もしっかり頑張らなくちゃ。


涙の後は、癒しの瞬間もたくさんあって。



おやつを食べてそのまま寝ちゃった麻呂くんw。

別な角度だと、



こんなんですw




おやつの時間なのに出てこないから探してみたら、ケージと窓の隙間で窮屈そうに寝てる福寿くんw


泣いて笑って毎日過ごしています。


【今日のみんにゃさん】

今日もやきそばは落ち着いてくれていて。



ご飯もしっかりと食べて、ベッドに向かおうとした所を止めて写真を撮ったら不満顔w

ゆっくりと流れてるやきそばの時間に、じっくりと付き合っていきたいな。


みんな良い夢を。
お得なウェットフード発見!
もしもこのブログを見て、少しなら支援したいな…と思ってくださる方がいらしたら。

とってもお安いウェットフードを見つけたので、保護っこたちのおやつにも、給餌の際にもとっても重宝するウェットフードを、少しだけでもご支援頂けたら…と思い、掲載してみます。


いなばのマルウオパウチがなんと一個28円!

見つけたのが遅くって、一部は在庫切れになっていますが、マルウオや、ブラックのカップウェットなどは、まだ在庫があるようです。


こちらから。


ドライフードが2.3kg入りで98円だったみたい…。

びっくりなお値段ですね…。




もうちょっとしたら蕾ちゃんのベビーずのお迎えが来てしまうので、その前に少しだけ一緒に遊んでバイバイしようと思います。


なんか変な時間の更新だから、うまく締められないw
悔しい現実。
今日の郡山は、昨日と同じく晴れてるけど気温は低い一日。

せめて晴れてるのは嬉しいけれど、先月よりも寒いんじゃないかしら。

…もう、5月なのにね。


保護っこたちは、一部の子が体調を崩したり悪化したり。


先月、帰還困難区域になって封鎖されてしまった津島の飼い主さんからお預かりした6にゃんず。

チビちゃんとクゥちゃんが、揃って食欲が止まってしまいました。

この二匹はエイズキャリアさん。

猫エイズそのものを、あたしは怖いとかは思っていないけれど、体調を崩した時は、やっぱり治りが遅いというのは実体験として感じていて。

血液検査の結果からの診断は、エイズ発症だろう…としか言えない結果で。

なんとか持ち直してほしいから、朝昼晩と3回の点滴と強制給餌。




とても仲良し親子のこの二匹。

くっついて寝てると安心できるかな。



3月末に封鎖された津島。

この子たちは、4月の22日に保護してくることが出来たのだけど、その間に飼い主さんが帰宅できたのは一度だけ。

このままでは死んでしまうと、飼い主さんは何度も何度も行政に電話をかけて。

ようやく連れ出しに行くことが出来たけれど、チビちゃんもクゥちゃんも次朗くんも、保護した時点で体調は崩れていた。

2週間以上も飼い主ですら帰宅できず。

雪まで降ったりした訳だから、気温は零下になっていただろう。

そんな中、みんなで頑張って耐えていたのでしょう。



でもね、思うんです。

なんでそんなことに耐えなきゃいけないの?

なんでちいさないのちたちがそんなことに我慢しなきゃならないの?

いのちを守ることが出来るのは、人間だけなのに。

人間にしかできないのに。


この、レスキューをはじめてから、いつも頭に浮かぶ言葉。

なぜ?
どうして?

いっつもそればかり。

結論は出ないし、答えの無い問いかけと分かっているけれど。


せっかく保護できたちいさないのちを、こんなに早く見送る勇気は持ち合わせていないから、あたしにできる精一杯を越えてまでも頑張るから、なんとか持ち直してもらいたいと思います。


きっとまだまだ当分の間、この悔しい現実と向き合い続けなきゃならないんだろうな…。


自分の力の無さを嘆きながら、あたしに出来る精一杯以上のことをし続けられるよう頑張らなくちゃ。



【今日のみんにゃさん】

やきそばは、現在小康状態が続いていて。

食べたく無い時は、どれほど手を変えても品を変えても食べてくれませんが、食べたいモードに切り替わるとびっくりするほど食べてくれます。

今日の夕方は、食べたいモードだったようで、自分のご飯を食べ終わったあと、またもや他のみんにゃさんのご飯を奪ってましたw




それを写真に撮っていたら、保護っこのおやつが入っていた器に、必死で背伸びして盗み食いしようとしてるさぶろー。



…なんか妙に長い身体だねw


おかしいなぁ。

おやつ、しっかり朝晩あげてるのになぁw


ま、いっか。


明日も良い夢を。
ジェットコースターに乗って。
今日はなんだか良く分からないお天気で。

朝のお散歩が終わって帰宅した途端に降り出した雨。
でも一瞬でやんだけど。

その後も降りそうなグレーの雲に覆われてたけど降りはせず、でもとても肌寒い一日でした。


で、今日は、昨日ブログに書いた飯舘村からの保護っこたちがやってきました。

予定が変わり、やってきたのは二匹のにゃんこ。



ミロくん♂

…耳が飛行機になりすぎて、一体どんな生物かわからない…。


そして、



唯ちゃん♀

とってもシルクタッチの毛並みが気持ち良い、大人しそうな女のこ。

ミロくんはまるこシェルターへ、唯ちゃんはあぶくまシェルターへと入居しました。


どちらもTNRの予定だった所を保護した子たちです。

感情だけで言ってしまえば、みーんなみんな、保護したい。

けれど、勿論そんなことが出来る訳はなくて。

せめてもの自分たちの保護枠が増やせるよう、人慣れしていない子は頑張って早く落ち着いてもらい、人を、手を、好きになってもらいたい。

そして新しいおうちを見つけて、早くシェルターから旅立ってほしい。

そしてまた、新しい子を受け入れて。


…そんなちっぽけな力しか無い自分を嘆きながら、毎日、今の自分に出来ることをやることしか、あたしには出来ないけれど。


それでも毎日を保護っこたちと、うちのこたちと、精一杯過ごして行けるように頑張ります。


きっとなかなかすぐに決まることは無いかもしれないけど、早く保護っこ一覧も作って、あたらしいおうち探しをして行けるよう、パソコンに向かわなくちゃ…。ですね。


奪ってしまったちいさなちいさないのち達や、救ってあげることが出来なかったちいさないのちのために、毎日お空に向かって手を合わせる。

今はちびちゃんとのお散歩で、ちびちゃんが鴨を見つめる時間に、あたしは空を見上げています。

そうやって、しっかりと人間の罪を抱えていきたい、と、あたしは思ってます。



保護っこたちは、今日は新くんがケージ生活を終えてフリーに。



あまり臆することなく室内を探索していました。

他のみんにゃと鼻チューしながら挨拶をして。



めっちゃ寛いでますw

陽菜ちゃんと言い、新くんと言い、動じないでいてくれて、かーちゃん嬉しいよ。


全く物怖じしない陽菜ちゃんは、段ボールアーティストのチャティくんがどんどん広げる穴の中でお澄まし顔。



でも、段ボールアーティストのチャティくんの現在の標的は、



この爪研ぎを破壊することに変更されましたw


明日もまた、シェルター内でのお引越し作業の日。


まだまだバタバタしているけれど、保護っこたちが少しずつ馴染んできてくれていることが、とても嬉しい今日でした。



【今日のみんにゃさん】

やきそばは、今日も発作を起こしちゃいました。

今日の発作の原因は、近所の工事中のおうちから聞こえる掘削機の音。

体温も下がりやすくなっているのか、35度台にちょこちょこ下がるから、その都度ヒーターの前に連れて行くけど気がつくと布団の上に乗っている。

だから布団の下にもヒーターを仕込んだり、カイロを入れたり。

今日は食欲もあまり無かったから、あたしはかなり落ち込んでいたのに、夜のおやつをあげようと思ったら、めちゃくちゃ頭を押し付けてきて、なんと焼きかつおを6本も食べました!

もう、毎日ジェットコースターに乗ってる気分だよ。

でも、きっとまた明日も一緒にいられることが、たまらなく嬉しい。



みんな良い夢を。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ