2013/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月23日24日の警戒区域。
3月25日からは富岡町が、4月1日からは浪江町が。

区域再編を目前にしたこの週末、二日連続でレスキューに行ってきました。


昨日も今日も気温は低く、圏内を走っていても、なかなか鳥さん以外には出会えずにいて。

それでも、生きている形跡や気配はあちらこちらに残っている。


区域再編になったら、果たしてどのように変わるのか、全くまだ読めずにいる中、給餌しながら帰還困難地域に出来るだけ多くの捕獲器を置いて。


合計10台の捕獲器をかけ、捕獲器の前で念じているのか、祈っているのか、自分でも分からないけれど、頭を下げる自分がいた。


帰還困難地域は、そのエリアに向かう道路には勿論バリケードが出来ていて。




でも、それだけじゃなく、自分の家の前でエリアが通過できる道路の場合は、家の門柱の前にまでもバリケードが張られていた。



これを見て、どんな感情が湧くと思うのだろう。

もし、私が住民だったのなら、絶望しか感じない。

耐えたくない。




今も、こんな数字があちらこちらに散見される圏内。



今も、こんな光景が立ち並ぶ圏内。


…お願い。
捕獲器は怖いだろうけれど、どうか入っていてと祈るしか出来ない。



今朝、圏内に向かう車の中では、嫌な気分だけが付きまとい、なかなか気持ちが晴れないまま圏内へ。


一台目…空。
二台目…空。
三台目…身体の半分以上に毛がない疥癬の狸さん。痒そうで痛々しくて。

四台目…空。
五台目…空。
六台目…まさかびっくり鼠さん。

…どんどん気持ちは重く暗くなっていく。

運転する手が、足が、鉛のように重くなる。

でも、しっかり全部確認しなきゃ。


七台目…空。
八台目…ん?誰か入ってる!



いらっしゃい。
怖い思いをさせてごめんね。
もうご飯もお水もなにもかも心配しなくていいからね。
保護させてくれてありがとう。


このにゃんこは、昨日唯一見かけたにゃんこさん。
保護したエリアには、かなりの間、ほぼ毎週通っていたけど、見たことの無い子だった。

姿を見たすぐ近くの公民館に、祈る思いで捕獲器を置いた。

本当にありがとう。

走り去る後ろ姿を見て、男の子だと思っていたけど、捕獲器の中で困ったように泣き、私を見上げて暴れもしないその姿は、間違いなく女の子。

お腹を確認しなきゃと捕獲器からケージに移動させようとしたけど、なかなか踏ん張って出てくれない。

時間も無いから捕獲器に手を入れてみたら、頭をこつんと擦り付けてくる。

ゆっくりと捕獲器から出して抱っこしてみたら、お腹を出して甘えてくる。

…泣きそうになった。

でも、どこかで見たことのある顔な気がしてならず、思い当たる情報を探して、見つけた写真と見比べてみたら…あたしの中ではほぼ100パーセント間違いない!

福猫舎に戻ってから、急いで飼い主さんに繋がる方と連絡を取って、速攻で飼い主さんかもしれない方と連絡を取り、話してみたら、しっぽの折れてる箇所も合っていて。

ビンゴ!!!

近々会いに来てくださいますが、飼い主さんから聞いた名前を読んだら、少しかすれた甲高い声で返事をして。

頭をぐいぐい押し付けてくる。



…涙、止まらない。

本当の名前を呼びながら抱っこして。

本猫は、ひたすらふみふみをし続けていて。


マロンちゃん。

貴女に付けようと思っていた仮名は、息吹ちゃんというの。

ラッキーネームとして、別な子に付けてあげようね。





捜索依頼の写真を、何度も何度も見ていた子だったから、すぐに気づけて本当に良かった。

飼い主さんのお家と、保護場所は、ほんの数百メートル。

二年以上もの間、待ってたんだね。

頑張ったね。
ありがとう。
本当に、生きていてくれて、保護させてくれて、ありがとう。

飼い主さんが来るのを、一緒にゆっくり待っていようね。


今日はマロンちゃんの他に、必死に圏内のレスキューを続けてくれている友人から、少し人慣れに時間がかかりそうな子を受け入れました。



うっすらと頭に柄の入った、綺麗な子。

シャー!パン!と、派手にやらかしてくれますが、きっと仲良しになれる。なろう。


綺麗な綺麗な夜ノ森の桜がたくさん蕾を付けていたので、彼女の仮名は、蕾ちゃんにしました。

満開の桜のように、穏やかな、暖かな気持ちにさせてくれるにゃんこさんになるように。

ゆっくりと。
一緒に頑張ろうね。


残りの捕獲器は、

九台目は空。
十台目はあらいぐまさんでした。


まだ。
まだまだ。
たくさんの命が必死に生きています。


私は、私たち福猫舎は、どうしても諦めたくないいのちがある限り、

やれることはまだある。
もっとやれることを増やす。

そう、思っています。


その為にも、どうか応援してください。

本当に、心から、深く深くお願い申し上げます。



【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
個人的主観。
昨日の郡山は、めっちゃぽかぽかで。

でも、今日の郡山はめっちゃ寒くって。


身体が気温に追いつかないほどの気温差。

んもー。
体調管理は自分の仕事だけどもさ。

18℃の翌日に0℃とかはやめてくれー。


昨日は、やきそばが郡山では初めての病院で。

状況と現状を説明して、夕方まで入院しての点滴で。


昼間はぽかぽかだったから、みんにゃさんは窓辺でぬっくぬく。



ココもヤムヤムも、とろけそうだw


二匹ともボランティアSさんにブラッシングしてもらい、極楽気分w



まだ、こちらのシェルターは、保護っこの数も多くなく、今回のボランティアは猫ーずのお世話メインじゃなくて作業メインだから、不慣れだろうDIY的作業をお願いしてるのに、頑張ってくれてて、とっても嬉しくて。


で、福猫舎のブログに書いた、びっくりな出来事で一瞬てんてこまったりしてから、夕方やきそばのお迎えに行ったら、笑顔しか出てこないほどのご機嫌さんで。


帰ってきてから、笑っちゃうほどの一気喰いをして、



寝ましたw

タートルネックも似合うねぇ。


たくさんたくさん食べてはくれるけど、ちょびっとずつ体重は落ちていて。


でも、やきそばが食べたいものをもすもす食べて、甘えたい時には爆音を響かせて、頭をごっつんこしてくれる限り、かーちゃん、なんでもするからね。


あ、勿論やきそばだけじゃなくてみんにゃさん全てにね。


今日のギンは、なんだかかっちょ良さげな写真が撮れました。




なんかちょっと精悍な感じに見えませんか?

…あたしだけかな。。。


ま、いいや。


かーちゃんにとってみんにゃさんは、誰よりも可愛くて、誰よりもかっこ良くて、誰よりもステキングなんだもの。

親バカ猫バカ上等だーw


このブログを書いてる目の前には、お手本のような香箱を組んでいる千寿ちゃん。



可愛いなぁw


さてと。
いつもよりも早いけど、今日はクタクタだからとっとと寝たいと思いますー。


みんな良い夢を。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。