2013/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェルター開設のご挨拶。
《ご挨拶》


東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故から二年が経つ2013年3月11日、
郡山市にハウス型シェルター「福猫舎」をオープン致します。


「復興」という文字が溢れかえっている今も、福島県の避難者は16万人を数え、
自宅に、ふるさとに、帰る目処もたたず、補償も決まらず、
新たに出発することもままならないのが実態です。


原発から半径20kmの人が立ち入れない警戒区域(現在は一部解除されています)、
飯舘村などの人の住んでいない避難地域には、
まだまだ多くのちいさないのちが、今も必死に生きています。


このちいさないのちを繋ぎ、救ってきたのは、主にボランティアたちでした。
仕事を抱え、家族を抱える普通の人たちが、
毎週のように福島に向かい、必死に給餌し、保護をしていますが、
資力も、体力も、気力すらも使い果たし、どんどん疲弊しています。

私たちも、その中の一人でした。

そんな中、飯舘村のどうぶつ達のいのちを繋ぐためだけに神戸から移住して、毎日給餌活動をしている「日比さん」と、個人ボランティアとしてレスキュー活動をしている「まるこ」と私が、活動の中で出会うべくして出会い、
福島県人として何か出来ることを…と考え、「福猫舎」を設立するに至りました。

まだまだ終わりの見えない福島で、必死に生きているちいさないのちのため、
そのちいさないのちを繋ぎ、守ろうとするボランティアたちのための
ホームグラウンドとなれるよう、真摯に活動していきたいと思います。

「福猫舎」として保護が出来る数には、勿論限りがあります。
全てのいのちを救うことが出来る訳ではありませんが、
ひとつでも多くのいのちを繋ぎ、救うために、
どうか応援してくださいますよう、心よりお願い申し上げます。


2013年3月11日


福猫舎一同


福猫舎
〒963-0664
福島県郡山市あぶくま台2丁目154番地
TEL 080-8214-9685
FAX 024-953-3731


ホームページ
http://fukunekoya.com/
スポンサーサイト
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。