2013/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日のレスキュー。
今日もまた津島へ。

でも、今日は段取りが狂い、まるこだけのレスキューだった。




人とほとんど会うことはない。

見かけるのは、鳥ばかり。


でも、しっかりと生きているいのちはいて。


津島は、明日までは誰でもが入れる場所。

検問の中でも、住民ならば毎日でも入れる場所。


明日の深夜、日付が変わる時点で、入るのが困難になる。


自分の猫の世話をする為に、二年間通ってきた飼い主さんから、保護してほしいと二件の依頼があって。


どちらも二匹の飼い猫さん。

一件の御宅の子たちは、すぐに保護することが出来ました。



もう一件の飼い猫さん宅のにゃんこたちは、元々家に寄り付いた子たちにご飯をあげるようになり、少しずつ距離を縮め、ご飯を手から食べるようになり、部屋に上がるようになり、お布団で一緒に寝るようになった子たち。


でも、避難して家を離れ、それでも毎日のように帰ってきてはいたけれど、少しずつ距離が出来てしまったという、くろちびちゃんとちびちびちゃん。


ちびちびちゃんは、昨日保護することが出来ました。


くろちびちゃんは…まだ。


バリケードを閉められてしまう前に、閉鎖直前の早朝からはまるこが、昼からは私が。


また向かいます。


新たな保護っこは三匹。




くろちびちゃんかと思って保護した子。

栄養不足で毛が茶色になったかな?と思ったのだけど、根元まで綺麗なチョコレート色の子でした。

トッポくん ♂

頑張ったね。




…耳が飛行機を通り越して、無いw

怖くて固まってますが、去勢済の男のこ。

弥七くん。

早く仲良しになろう。




こちらもぎゅっと身体に力を入れて怖がっていますが、まだまだ小柄な女の子。

ぷちとらちゃん。


今日からゆっくり眠れるよ。



一気に増えた保護っこたち。


ちっぽけな私たちにとっては、無理をしているのかもしれません。

でも、今、しなければならない無理があるのなら、する。


いのちは待ってくれないから。


今日まで必死に粘って繋いできたいのち。


無茶や無謀は出来ませんが、出来る無理は、する。


それが私たちに出来る、ただ一つのことだから。




福猫舎開設からずっと、毎日毎日日本のどこかから届く愛情の詰まったご支援の物資やご寄付。

どれほど感謝しても、言葉だけでは感謝を表しきれません。


それなのに尚、お願いしなければならないことがとても恐縮ではありますが、一気に増えた保護っこの、検査や治療、不妊手術が待ち構えています。


病院にも無理を言って、お値段をご相談させて頂くことが出来ました。


それでも、頭数が多いので、どうか少しだけで結構ですので、ご支援金のご協力をお願いできればと思います。


どうぞ、宜しくお願い致します。




【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
3月最終週の津島。
今週は、三月最終週。

4/1からは浪江町が警戒区域から、区域再編になる。

警戒区域だった場所は三つの区域になり、帰還困難区域には、住民の方も月に一度しか入ることが出来なくなる。

その帰還困難区域には、浪江町だけれど警戒区域ではなかった場所、津島が含まれる。




津島は、震災当時、海側からの避難者で溢れていたという。

でも、そこには海側よりも高い放射線が降りそそいでいた。

それを避難している方たちが知ったのは、ずっと後のこと。


その後も線量は高く、でも、警戒区域には指定されなかった。


原発から20kmの範囲に入っていなかったから。


けれど、線量は高いままで。

ほんの一部の住民が残っていたけれど、ほとんどの方は避難していた場所だった。

まるこは、その場所のいのちを繋ぐために毎週毎週活動していた。

津島の一部は、検問を通過しないと入ることは出来なかったけれど、一部は検問の外で、誰でもが通過出来る場所だった。


そこが4/1にはバリケードで封鎖される。



これが、全てを阻む。


まだまだ生きているのに。



…ということで、今週は津島の子たちの救出をメインに活動しています。


本日の保護っこは七匹。


四匹は一旦まるこシェルターへ、三匹はあぶくまシェルターにやってきました。




シロロちゃん ♀



クロロくん ♂


はじめまして。
宜しくね。


クロロくんは、まだ中猫さん。


恐らくシロロちゃんの昨年の子ども。


先にシロロちゃんが捕獲器に入り、その横にいたクロロくん。

近づいたら逃げてしまったクロロくんを、どうやったら保護出来る?と相談電話があったので、シロロちゃんが入った捕獲器を置いたまま、その隣にもう一つ捕獲器を置いてもらった。

隠れること数十分。


無事に保護させてくれました。


一緒に出してあげられて良かった…。

怖いかもしれないけど、一緒にいると安心だよね。




でも、シェルターに戻り、ケージに移ってもらってご飯をあげたら、クロロくん、甘えてきてくれています。

身体を硬くしていたシロロちゃんも、私に甘えるクロロくんを見て、少しだけ気が緩んだのか、撫でさせてくれるようになりました。

シロロちゃんの身体は、傷だらけで。




耳にも大きな傷口があって。

他にもたくさんの咬まれた跡。

毛はバサバサです。

そして、お腹には新たないのちも宿っていて。

保護できて、良かった。


落ち着いたら、たくさん甘えていいからね。

美味しいもの食べて、ゆったりと寝て、しっかり身体の傷も治そうね。


そして、



こゆきくん ♂

こゆきくんも、震災後産まれかな。

ちょっとシャムの血が入ってるのかな?

寄り目の可愛い男のこ。

早く仲良しになろう。



今週だけで、既に福猫舎には14のいのちを保護することが出来ています。

でも、再編までのあと二日。


足掻きます。



だって、足掻くことしか私たちには出来ないから。


諦めることなんて、出来ない。



【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
またもやレスキュー番外編。
今日の郡山は、とてもあったかな一日。


今日は、先日預かりわんこはなちゃんと一緒に、個人ボランティアのねーねーさんが治療の為に搬送したわんこ、ちびちゃんの退院日。


とても大きな手術痕のちびちゃん、とっても元気に回復してくれてはいるものの、残念ながら細胞診の結果は、乳腺癌でした。

ちびちゃんはねーねーさんが仙台まで迎えに行ってくれましたが、病院からの申し送りを飼い主さんに説明する為に飯舘村へ。

肺にも転移が認められ、心臓も肥大しているちびちゃん。

レントゲンを撮ったら、肺は真っ白でした…。





手術痕を見て、飼い主さんも驚きつつも、良かったなぁと言ってくれて。

実際、手術をしていなければ、転移した癌の進行よりも、恐らくは、乳腺の腫瘍が自壊して出血するのが先か、自壊部分が膿んでしまうのが先か…という状態だったので、手術に踏み切ったことは正解だったのだろうと思います。

この治療費については、福猫舎での負担はありません。

あくまでも協力という形で病院を探し、手配し、搬送などのお手伝いをしただけです。

でも、やはり一度触れ合ったわんこさん。

大きな傷口がしっかりと塞がり、投薬も一旦終了し、掻いてしまっても問題がないであろう、あと二週間ほどの間、福猫舎でお預かりさせて頂くことになりましたので、ご支援金から犬小屋やわんこ食器や係留ワイヤーなどを購入させて頂きました。

ただ、ちびちゃんは一時的な預かりですが、わんこもシェルターにやってくる可能性がある為、わんこの保護に必要な物資を探して、ご支援をお願いしたいと思っております。

ご支援頂く皆さまに甘えることしか出来ませんが、出来る無理をする為に、どうか宜しくお願いします。



そんなこんなで、飼い主さんにお預かりを了承してもらい、福猫舎に帰る道すがら、hibiさんはまだ飯舘村かな?と思って電話してみたら、帰途に付いていたものの、帰宅途中の道の駅に、ガリガリのにゃんこが二日続けていたと聞き。

帰り道に立ち寄ってみました。


にゃーにゃーと鳴きながらうろついてみても姿は見えず。

再度hibiさんに電話して、目撃した場所を確認して。

でもやっぱり姿が見えないので、今日は諦めてまた来ようかと悩み、もう一度植え込みの中などを覗き込んだら、奥の方に白いものが。


にゃーちゃんおいで。
と小さく声をかけたら、ガラガラに掠れた声でぶにゃーーーと鳴きながら駆け寄ってきました。

ぽすんと抱っこしたその身体は、背骨もごつごつとして、脱水で背中の皮膚は伸びていて。

…でも、なによりも、膨らんだその乳房は、間違い無く妊婦さん。


抱っこしたら、掠れた小さな声で鳴きながら、ずっと喉を鳴らしていました。

…警戒区域からでも、避難地域からでもありませんが、保護しないという決断は出来ませんでした。

どうしても置いては来れませんでした。


シェルターに帰ってきて、ケージに入ってもらったら、ずっとふみふみしながら喉を鳴らしている甘えっこさん。




ぐーぱーぐーぱーと、ずっと繰り返しています。


仮の名前は、今日の気持ちの良いお天気から、小春ちゃんとしました。


今日から宜しくね。


毎日毎日色々なことがありすぎて、一日が猛スピードで駆け抜けていますが、しっかりと気持ちを定め、地に足の着いた活動をしていくために、頑張りますので、どうか応援を宜しくお願いします。


遅くなっているメールのお返事は、明日対応致しますので、ご容赦くださいませ。



【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
小さな小さな奇跡。
今日の郡山は、日中は比較的寒くなかったのに、午後からはポツンポツンと雨混じりの冷え込みで。

考えてみればまだ三月。

寒いのは当たり前なんだろうけど、先日のぽかぽか陽気を体験しちゃったから、身体は暖かさを求めてて。

早く春になれー!


そんな中、福猫舎では、予期せぬ出来事が巻き起こっちゃいまして。

それは福猫舎のブログに書くとしますが、それとは別に、今日はウルトラハッピーな出来事もありました。


先日保護したマロンちゃん。





今朝も寛ぎまくっていましたがw


今日、飼い主さんのご家族が、お姉さんは千葉から。お母さんと妹さんは二本松から。

確認にいらしてくださり、間違いない!ということで、一緒に帰って行きましたー!


皆さんがお部屋に入り、マロンちゃんの名前を呼んだら、頭を上げてキョロキョロとして。




お母さんに抱っこされてゴロゴロ。



お姉さんに抱っこされてうっとり。


気持ち良さそうに甘えながらも、マイペースに窓から外を見たり、また戻ってきたり。


震災の当日、揺れに驚いてしまい出て行って、翌日の避難の前まで姿を見なかったそうです。

その後、警戒区域になる前にも、警戒区域になってからの一時帰宅でも、一度も姿を見ることができなくて。


捜索依頼を出されたのは、2011年の夏になる前でした。

飼っていたのは四匹。

二匹はその年の夏に保護されていて。

そのうちの一匹は、私自身が保護した子でした。

だからこそ余計に捜索依頼の写真はしっかりとじっくりと見ていたので、顔を見て気づくことができたのかな。


今日、お話を聞いていたら、私が保護した前日に、お母さんが一時帰宅していたそうです。

その気配でお家の近くに戻ってきたのかもしれないですね、と話していました。


あの、人のいない場所で出会うということは、本当に一期一会。

ほんの些細な偶然。

姿を見かけなければかけなかったかもしれない捕獲器。

お母さんたちが一時帰宅していなければ出会えなかったかもしれない偶然。

小さな小さな奇跡。


…もう、二年も経っているのに。

マロンちゃんは、お母さんとお家に帰ってから、少しだけお家の中を探検して、当然のように炬燵に入ってお腹を出して寝ています、とメールを頂きました。


…もう、二年なのに。

なにも忘れていなかったんだね。
ありがとう。
保護させてくれて、保護されてくれて、本当に、本当に、ありがとう。


この、小さな小さな奇跡が起こってくれたことに、心がほんわかしています。


マロンちゃん。
お母さんとお姉さんにたちと、先に保護されてるクロちゃんとマルちゃんと、幸せに暮らしてね。





【給餌用フードご支援のお願い】

まだまだたくさんのいのちが、待っています。

福猫舎のシェルターで必要な物資も、レスキューに必要な物資も、毎日毎日色々な場所から、暖かな気持ちをたくさん詰めこんで届いています。

本当に、どれほど感謝しても足りません。
ありがとうございます!


ただ、レスキューが頻回なため、警戒区域や避難地域で必要な給餌用のフードが間もなく底をつきそうです。

どうか、猫用のドライフードのご支援をお願いできないでしょうか。


福猫舎レスキューの欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2BGG58M51USCE


Amazon経由では無くても勿論構いません。


立ちいることが今まで以上に困難になる場所へ、少しでも多くのフードを置いてきてあげられるよう、どうかご協力をお願い申し上げます。

宜しくお願い致します。
レスキュー番外編。
今日の郡山は、一日中寒くって。

夕方からは一気に冷え込み、届いたご支援の物資を開梱するにも、久々に肩を竦めるほどの寒さになった。

家の中では、相変わらずののんびりモード全開だけど、エアコンのタイマー設定が難しい天気続きで困っちゃう。


でも、ヒーター前にはこんもりとみんにゃさんが団子っていて可愛い限りw



…幸生くん…デカすぎる…。



昨日のレスキュー日記の中で、あたしが初めて捕獲器の中で見たねずみさん。


今回の一時帰宅では、希望する人には殺鼠剤が配られたほど、鼠は増えているのかもしれない。

でも、捕獲器の中のねずみさんは、非常に困っていて。

あたし達もどうやって出すか悩み、ビニールの手袋を車に取りに行き、捕獲器の所に戻ったら、



…こんなことに。


押すべきなのか、引くべきなのか。

ねずみさんの骨格を思い描き、引くことにしてみたw


最初はタオルで下半身を包んで引いてみたけど、どうにもならず。




やっぱりダメかと、ビニールの手袋を二重にはめて、ちょびっとずつ引いて、もうちょっと!の所でまた暴れちゃったりして、地味に格闘すること15分位。


なんとか脱出成功!


とてとてと走って逃げていってくれました。


いやはやびっくりしたとゆーか、ほとほと困り果てたとゆーか。


この、レスキューを始めてからは、生まれて初めての体験だらけ。


でも、願わくば、もう捕獲器には入らないでちょーだいね。


さてと。
さすがに寝不足がたたってきたから、寝る準備をはじめなきゃ。


みんな良い夢を。
3月23日24日の警戒区域。
3月25日からは富岡町が、4月1日からは浪江町が。

区域再編を目前にしたこの週末、二日連続でレスキューに行ってきました。


昨日も今日も気温は低く、圏内を走っていても、なかなか鳥さん以外には出会えずにいて。

それでも、生きている形跡や気配はあちらこちらに残っている。


区域再編になったら、果たしてどのように変わるのか、全くまだ読めずにいる中、給餌しながら帰還困難地域に出来るだけ多くの捕獲器を置いて。


合計10台の捕獲器をかけ、捕獲器の前で念じているのか、祈っているのか、自分でも分からないけれど、頭を下げる自分がいた。


帰還困難地域は、そのエリアに向かう道路には勿論バリケードが出来ていて。




でも、それだけじゃなく、自分の家の前でエリアが通過できる道路の場合は、家の門柱の前にまでもバリケードが張られていた。



これを見て、どんな感情が湧くと思うのだろう。

もし、私が住民だったのなら、絶望しか感じない。

耐えたくない。




今も、こんな数字があちらこちらに散見される圏内。



今も、こんな光景が立ち並ぶ圏内。


…お願い。
捕獲器は怖いだろうけれど、どうか入っていてと祈るしか出来ない。



今朝、圏内に向かう車の中では、嫌な気分だけが付きまとい、なかなか気持ちが晴れないまま圏内へ。


一台目…空。
二台目…空。
三台目…身体の半分以上に毛がない疥癬の狸さん。痒そうで痛々しくて。

四台目…空。
五台目…空。
六台目…まさかびっくり鼠さん。

…どんどん気持ちは重く暗くなっていく。

運転する手が、足が、鉛のように重くなる。

でも、しっかり全部確認しなきゃ。


七台目…空。
八台目…ん?誰か入ってる!



いらっしゃい。
怖い思いをさせてごめんね。
もうご飯もお水もなにもかも心配しなくていいからね。
保護させてくれてありがとう。


このにゃんこは、昨日唯一見かけたにゃんこさん。
保護したエリアには、かなりの間、ほぼ毎週通っていたけど、見たことの無い子だった。

姿を見たすぐ近くの公民館に、祈る思いで捕獲器を置いた。

本当にありがとう。

走り去る後ろ姿を見て、男の子だと思っていたけど、捕獲器の中で困ったように泣き、私を見上げて暴れもしないその姿は、間違いなく女の子。

お腹を確認しなきゃと捕獲器からケージに移動させようとしたけど、なかなか踏ん張って出てくれない。

時間も無いから捕獲器に手を入れてみたら、頭をこつんと擦り付けてくる。

ゆっくりと捕獲器から出して抱っこしてみたら、お腹を出して甘えてくる。

…泣きそうになった。

でも、どこかで見たことのある顔な気がしてならず、思い当たる情報を探して、見つけた写真と見比べてみたら…あたしの中ではほぼ100パーセント間違いない!

福猫舎に戻ってから、急いで飼い主さんに繋がる方と連絡を取って、速攻で飼い主さんかもしれない方と連絡を取り、話してみたら、しっぽの折れてる箇所も合っていて。

ビンゴ!!!

近々会いに来てくださいますが、飼い主さんから聞いた名前を読んだら、少しかすれた甲高い声で返事をして。

頭をぐいぐい押し付けてくる。



…涙、止まらない。

本当の名前を呼びながら抱っこして。

本猫は、ひたすらふみふみをし続けていて。


マロンちゃん。

貴女に付けようと思っていた仮名は、息吹ちゃんというの。

ラッキーネームとして、別な子に付けてあげようね。





捜索依頼の写真を、何度も何度も見ていた子だったから、すぐに気づけて本当に良かった。

飼い主さんのお家と、保護場所は、ほんの数百メートル。

二年以上もの間、待ってたんだね。

頑張ったね。
ありがとう。
本当に、生きていてくれて、保護させてくれて、ありがとう。

飼い主さんが来るのを、一緒にゆっくり待っていようね。


今日はマロンちゃんの他に、必死に圏内のレスキューを続けてくれている友人から、少し人慣れに時間がかかりそうな子を受け入れました。



うっすらと頭に柄の入った、綺麗な子。

シャー!パン!と、派手にやらかしてくれますが、きっと仲良しになれる。なろう。


綺麗な綺麗な夜ノ森の桜がたくさん蕾を付けていたので、彼女の仮名は、蕾ちゃんにしました。

満開の桜のように、穏やかな、暖かな気持ちにさせてくれるにゃんこさんになるように。

ゆっくりと。
一緒に頑張ろうね。


残りの捕獲器は、

九台目は空。
十台目はあらいぐまさんでした。


まだ。
まだまだ。
たくさんの命が必死に生きています。


私は、私たち福猫舎は、どうしても諦めたくないいのちがある限り、

やれることはまだある。
もっとやれることを増やす。

そう、思っています。


その為にも、どうか応援してください。

本当に、心から、深く深くお願い申し上げます。



【福猫舎へのご支援のお願い】

まだまだ完全に整わず、やること満載ではありますが、福島の被災犬猫のために開設したハウス型シェルター『福猫舎』では、ご支援を求めています。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

シェルターで必要な物資、維持やレスキュー、医療などにかかる資金、そして、なによりもいのちを繋ぐためのフードを、少しだけでも結構ですので、どうかご支援をお願い申し上げます。


大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
個人的主観。
昨日の郡山は、めっちゃぽかぽかで。

でも、今日の郡山はめっちゃ寒くって。


身体が気温に追いつかないほどの気温差。

んもー。
体調管理は自分の仕事だけどもさ。

18℃の翌日に0℃とかはやめてくれー。


昨日は、やきそばが郡山では初めての病院で。

状況と現状を説明して、夕方まで入院しての点滴で。


昼間はぽかぽかだったから、みんにゃさんは窓辺でぬっくぬく。



ココもヤムヤムも、とろけそうだw


二匹ともボランティアSさんにブラッシングしてもらい、極楽気分w



まだ、こちらのシェルターは、保護っこの数も多くなく、今回のボランティアは猫ーずのお世話メインじゃなくて作業メインだから、不慣れだろうDIY的作業をお願いしてるのに、頑張ってくれてて、とっても嬉しくて。


で、福猫舎のブログに書いた、びっくりな出来事で一瞬てんてこまったりしてから、夕方やきそばのお迎えに行ったら、笑顔しか出てこないほどのご機嫌さんで。


帰ってきてから、笑っちゃうほどの一気喰いをして、



寝ましたw

タートルネックも似合うねぇ。


たくさんたくさん食べてはくれるけど、ちょびっとずつ体重は落ちていて。


でも、やきそばが食べたいものをもすもす食べて、甘えたい時には爆音を響かせて、頭をごっつんこしてくれる限り、かーちゃん、なんでもするからね。


あ、勿論やきそばだけじゃなくてみんにゃさん全てにね。


今日のギンは、なんだかかっちょ良さげな写真が撮れました。




なんかちょっと精悍な感じに見えませんか?

…あたしだけかな。。。


ま、いいや。


かーちゃんにとってみんにゃさんは、誰よりも可愛くて、誰よりもかっこ良くて、誰よりもステキングなんだもの。

親バカ猫バカ上等だーw


このブログを書いてる目の前には、お手本のような香箱を組んでいる千寿ちゃん。



可愛いなぁw


さてと。
いつもよりも早いけど、今日はクタクタだからとっとと寝たいと思いますー。


みんな良い夢を。
なんか嬉しい。
今日の郡山は、朝から冷たい風が吹き荒れて。

風の音もすごかったけど、ずぅっと気温が低くって。


福猫舎のブログに書いた仙台から帰ってきて、備品の買い出しから帰る途中の電光掲示板に表示された気温は、0℃。

…さむっ。


今日から来てくれている大阪からのボランティアさん。

お部屋に入った途端、うわー!生やきそばー!と嬉しそうw

お手伝いに来てくれている、郡山付近にお住まいのこうめさんも、まるこのチームメンバーの蜜柑ちゃんも、おんなじ台詞を言ってたなぁw


知らない人が聞いたらなんのこっちゃ?な台詞だなぁw


やきそば、夜のご飯タイムにあたしが長電話になっちゃって遅れてたら、Sさんに頭ごっつんこして、ご飯ちょーだいとアピールしてた模様。


麻呂くんや深春ちゃん、ココ、ヤムヤムなどの、我が家の接待チームは、みんな撫でてもらってご満悦。

良かったねぇ。


ちょっとおっかなびっくりな男子チームは、



こんな所で団子になってたり、


甘えたいけどシャイな千寿ちゃんは、



ちょっとフリーズ気味だったり。


マイペース揃いの我が家のみんにゃさん。


人が来ることの少ないかーちゃん家だったけど、これからは色んな人が撫でてくれるから、早く甘えるコツをつかみにゃさいw


さてと。

今日も爆音を響かせてギンがお布団に潜りこんでるから、とっとと寝るとしましょ。



みんな良い夢を。
福猫舎ブログスタート。
ようやくアメブロに振り回されながらも、福猫舎のブログをスタートしました。

覗いて頂けたら嬉しいデス。



福猫舎のブログ



さて。

昨日の朝は、ぽかぽか窓辺でみんなで気持ち良さそうで。



お日さま、気持ちいいねぇ。

でも、今日はうってかわって寂しいグレーの曇り空。
風もとっても冷たくて。

おまけに、日付が変わるちょっと前から、ものすごい強風で、部屋の中でもビュービューとすごい音。


すきま風と風の音が怖いのか、みんにゃさん(特に女子たち)がものすごいスピードでビュンビュン走り回っていて。

でも、かーちゃん昨日寝不足だし、布団の中にはギンがしっかりスタンばってるから、今日は寝なくっちゃ。





あ、でも、らぶりー写真をちょびっとだけ。




風の音をものとしないオトコたちw


やきそばとぶーちのイビキが心地よい。


今日は、もしかすると?もしかして?、千寿ちゃんに運命の出逢いがやってきたかもしれなくて、ちょびっとかーちゃんは興奮気味。

当の千寿ちゃんは、風のせいでは無いと思われるダッシュしまくりの福寿くんと一緒になって猛スピードで走り回ってるので、写真なしw


でも、明日はまた仙台往復だから、今日はとっとと寝るとしまーす。


みんな良い夢を。
3月9日の警戒区域。
レスキューに行ってから、あまりに時間が経ってしまって、今更記事にするのも…と、悩みましたが、新たな保護っこのこともきちんとご報告したいので、10日も前のレスキューですが、書いてみました。


あれから二年を迎えようとする3月9日。

会津の雪のせいと、福猫舎の準備を優先したこともあり、久々のレスキューになってしまいました。

福猫舎への引っ越しを目前にしていましたが、行ける機会があるのなら…と、レスキューに向かいました。


会津を出て、高速を走っていたら、車が隣の車線に動いてしまうほどの横風。

ほぼ暴風と言って良い程の強風が吹き荒れていました。




高速の封鎖されている場所にあるコーンも、この二年で早くも壊れてきている。


今までと違うのは、楢葉町の国道沿いに大量に置いてある除染した名残りの黒い容器。





どれだけこの黒い入れ物が増えたら人が住めるというのだろう。

国道沿いは平地だけれど、少し入れば、そこには山ばかりだというのに。


強風の吹き荒れる圏内は、二年という日が近いせいか行き交う車は多かったけれど、いつもと同じく、警備の車輌と、自警の車輌もわんさかで。

それでも、圏内の時間は止まったままで。



なにも変われないまま、変わらないまま、時間だけが過ぎ去っていく。


いつもと少しだけ違っていたのは、マスコミ車輌が何台もいたこと。


圏内に来た時には必ず立ち寄り、手を合わせている、甚大な被害を受けた請戸にある慰霊碑。


今回も、静かに手を合わせようと慰霊碑の近くに車を止めたら、取材の方が走ってきて。


すいませーん。
後ろ姿でいいんで、撮影させてもらっていいっすかー。



…いい訳ないでしょーが。


静かに訪れ、祈るための場所。
逝ってしまったちいさないのちに、謝るための場所。

住民ではなかった私だけれど、ここは私にとっても大切な大切な場所。


住民ではないのに圏内に入っている私が、そんな場面を写されるなど、住民の方に、亡くなられた方に、失礼すぎる。


絶対に嫌です。


強く強く拒絶させていただきました。




今回も、たくさんのご支援物資を満載してレスキューに入ることが出来ました。



コンテナや段ボールにフードを詰め込んで、



どっさり積んで。


友人と別れて給餌して、捕獲器を置いて。


途中、何度も目に入る高い煙突を見ながら、悪態が口をつく。




富岡町は今月25日から。
浪江町は4月1日から。
ついに区域再編となり、再編になった後は、果たしてどう動けるか、なってみないと分からないので、立ち入り困難になりそうな場所を重点的に回って。

でも、私が置いた捕獲器は空振り…。

ガックリ来たけど、待ち合わせ時間までは給餌して。

そこに電話。

一匹保護できたー!




はじめまして。
頑張ったね。
生きててくれて、ありがとう。

あなたのいた場所は、入るのがとても困難になる場所。
連れ出せて良かった。
…本当に良かった。


仮の名前は、心の音と書いて、心音(ここね)ちゃんとしました。

少し人間を知っているみたいだけど、まだ若い怖がりさん。

圏内を出て、そのまま病院へ。

ノンキャリアの可愛い子。

血液検査も大きな問題はなかったので、避妊手術をお願いして、火曜日に退院してきました。


お腹にはちいさなちいさないのちが宿っていました。

ごめんね。
ごめんね。
謝ることしか出来ない。


病院では、完璧にハンストしていたみたいだけど、退院してからは、ウェットもドライもしっかり食べてくれて。




でも、まだ飛行機耳だけどw

ゆっくり仲良くなろうね。



まだまだたくさん残されているちいさないのち。

彼らにとってこんなにも長い間、必死に生き延びてきたのに。


どうして何も変わらないんだろう。

どうして何も変えられないんだろう。


自分の無力と非力に、涙しか出ない。


でも、ほんの少しでもやれることが残っているのだから、ただ一つのいのちを守るために、救うために、変わらず頑張るのみ。


私は、生きているのだから。

そして、彼らは待っているのだから。


頑張ろう。



【福猫舎へのご支援のお願い】

ドタバタとしておりますが、いのちを諦めないために、新たに福島の被災猫のためのハウス型シェルター『福猫舎』を開設しました。

人のいない警戒区域や避難地域で必死に生きている小さないのちのため、どうか応援を宜しくお願い致します。

大変恐縮ですが、以下のページにご支援についてのお願い事項をまとめさせて頂きました。

こちら


ちっぽけな力かもしれませんが、私たちに出来得る精一杯のことを、終わらなければならなくなるまで頑張りたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
嘆くよりも。
今日の郡山は、またもやぽっかぽか。

夜になっても、肩をすくめずにいられる位で、ありがたや。


今日も、福猫舎のお部屋セッティング作業に、hibiさんご夫妻と、まるこが来てくれて。

昨日と一昨日で組み上げたたくさんの二段ケージやキャットタワーを、各部屋に移動したり、物資の仕分けをして倉庫に運んだり…と、みんなでワサワサ作業を進め、二部屋はほぼ完成!

残り二部屋だ!

あ、福猫舎は、四つのお部屋のこじんまりとしたシェルターなんです。

各部屋ともに、なかなか居心地の良いスペースで。


早く福猫舎ブログを発信したいのだけど、新規に購入したWindows8のパソコンに若干振り回されてるワタクシ…。

明日か明後日には公開できるように頑張ります。


郡山に引っ越してきて一週間。

早いような、はたまた一ヶ月位はいるような。

色んな感覚に襲われながら日々が過ぎて行きます。

そんな中、自分の駄目さ加減や準備不足を痛感して、嘆くことも多くって。

おまけに、警戒区域の再編も近いから、色々なことでひたすら悩んで、自分の無力や非力を嘆くことばっかりで。


でも、今日のあたしを何よりも喜ばせてくれたのは、福猫舎の設立をご報告した記事に届いたミーコちゃん(花音ちゃん)の新しいおうちのお母ちゃんからの、あまりにも嬉しいコメントでした。


新しいおうち。
終の住処。

幸せに過ごしている姿が目に浮かぶような、そんな嬉しいコメントをもらい、パワー充填!


毎日届く、暖かいコメント付きのご支援の物資やメール。

目を通していると、涙が出そうになったり出ちゃったり。

こんなにたくさんのあったかい手が背中を押してくれてるんだもの。

嘆いてる場合じゃない。

嘆くよりも、もっともっと頑張ろー!と、心に刻み込んで。


みんにゃさんからもらう癒しパワーを、更に心に染み込ませて。


もっともっと頑張ろー!と誓う今日でした。


でも…。

まだ私の住み込みスペースの準備が万端じゃないから、別のお部屋で過ごしているみんにゃさん。


仮のお部屋にも、今日はケージやらキャットタワーやらを運びこんだので、みんにゃさんは匍匐前進で右往左往w


でも、運び込まれてきた品々に興味は深々で。




登ろうかどうしようか悩んでるココw

で、



色んな処を制覇してる福寿くんw


これだけならまだいいけど…



待て待て。

それはキミたちのキャットタワーじゃないぞー!

真ん中のボックスには、どんぐりとさぶろーが詰まってますw

うーん…気に入られてしまうと、らかーちゃん困っちゃうんだけどな…。


いやいや、そんなことで悩む位なら、さくさくと自分の部屋を片付けるのが先だから、明日もまた頑張ろう。



みんな良い夢を。
思い通り。
今日の郡山は、昼間はぽっかぽかの気持ち良いお天気。

でも、体感よりも気温は低くって。

しかーし!
夕方陽が落ちたらさみー!


で。
なかなか思い通りにはかどらない福猫舎の設営を、hibiさんが諸々セッティングのお手伝いに来てくれて。

あーだこーだと呟きながら、キャットタワーとかを組み立ててくれてた。

あたしも別な部屋で組み立て作業やら。

ガツガツイロイロ進めたいんだけど、頭で思い描くようにはなかなか進まない。

でも、完成図は描けてるから、焦り過ぎずに頑張ろー。



今日も部屋の中ではみんにゃさんはぬくぬくほっこり。

何だかみんにゃさんの中で、爪とぎの使い方がおかしなことになっていて。



ぷりん…それはベッドじゃないよ?



…深春ちゃんも?



…ピットもか。


前から爪とぎを顎のせ台か、膝枕のように使ってた、獅子丸やぶーちや幸生くんを入れると、過半数のみんにゃさんが、この爪とぎで寝てる。

…何故だw

もっと広くてふかふかな猫ベッドもあるでしょーに。


全く猫とゆー生き物は。

人間の思い通りにはならないもんだw


ゆったり入れるはずのびんぼーるも、



こんなことになってるしw



…と、ここまで書いて、行き倒れてましたw

明日も朝から作業が待ってるのと、布団の中では、ギンとさぶろーがしっかりスタンバってるので、とっとと寝たいと思いますー。


メールやコメントのお返事、明日になっちゃいますがごめんなさい!


あ、二番目にコメント頂いている鍵コメさま。
メルアドこちらになりますので、お手数ですがメールを頂けたら嬉しいです。

→ inuhan_a☆yahoo.co.jp
(☆→@に変えてください。)


みんな良い夢を。
再起動。
今日の郡山は、寒の戻りか、寒くって。

高台にある福猫舎の辺りは強風でさみーのなんの。


でも、相変わらずお部屋の中はぽっかぽか。

そして、早速ご支援の物資も届きはじめて、片付けや設営は終わなってないから焦りつつも嬉しくて。

だけど昨日のあたしは、色んなものがポキポキ折れて、もう泣けてきてw


福猫舎の建物は、去年一年ほど、どなたも住んでいない建物だった。

だから、水道も赤水が出たりしてるし、電熱線が入っていなかった給湯器が、内装工事の時に水栓を開けたら、水漏れして、部品が壊れちゃったので、部品が届くまではお湯が出ず。

昨日ようやく部品が届いたと思ったら、エラー表示で直らない…。

わーい!と思った反動で、なんだか切なくなって。

だけど今朝、メーカーさんの修理を呼んで、無事治った!

ふぅ。


おまけに昨日は、先日消えたご支援報告の記事を、もう消えてほしくないから、パソコンで打ち直してて。

まめに保存しながら頑張ってたら、なんだか途中から画面がチラチラとおかしなチラつきをし始めて。

そのまま一旦作業に戻り、次の休憩でパソコンを開いたら…うんともすんとも言わない。

…マジで?

画面、黒いままなんだけど?


どーゆーことーーーーーー!

と、メーカーに電話して指示を仰いだけど、治る気配は無く。

今朝、修理の方を呼んでみたら…ご愁傷さまな雰囲気…。

バックアップ取ってないデータ、たくさんあるんだけどーーーーー!


もう、泣きそうになりながら、それでも万一拾えるかもしれないので、メーカーさんに明日送ることになりました。

しっちゃかめっちゃかの中でも、頑張ってるつもりなのに、なんだかいろいろポキポキ折れすぎ!


でも、かーちゃんにはみんにゃさんとゆー強い味方がいるから、踏ん張らなきゃね。



だってね。



やきそばのおニューの服は、めっちゃ似合ってるしw


かーちゃんのご飯を虎視眈々と狙ってる麻呂くんは



めっちゃ可愛いしw


お布団の上では、





こんなにも可愛い猫団子が出来てるし。


でも、ふと見たら、ぶーちと幸生くんが向き合って寝てて、わ!可愛い!と思っていそいそ写真を撮ったけど、




近くに行ったら、あまりにデカくてあんまり可愛くなかったw


もうねぇ。
誰がなんと言っても、うちのみんにゃさんは宇宙一可愛いなぁw


かーちゃん、明日はまたパワフルおばちゃんに復活するからね!


応援のメールや、ご支援の物資と共に、かーちゃんを何倍にも喜ばせてくれるみんにゃさん。

みーんなみんな、宝物。

可愛くってタマラン!


あ、でも、今日のあまりにひど過ぎる一枚を。





…幸生くん?
お腹の肉がありすぎて、お腹舐め舐めできてないみたいだけど?


こんなにもボールみたいな、ゴムまりみたいな体型は、あんまり見たことないなぁ…どうやってダイエットしよっかねw


毎日毎日、ドタバタ駆け足だけど、なげいてる場合じゃなくて、頑張らなくっちゃね。

うん。
頑張ろう。



みんな良い夢を。
心がポキンと。
郡山に引っ越して二日目。

福猫舎の設営は、まだまだバタバタとしていて。

引っ越し荷物の段ボールをようやく開梱し終わった処に、配送が遅れてた購入した必要物資がどかーんと33個届いて。

頑張った感がポキンと折れてw


休憩の度に書いていた、ご支援報告のブログ記事が、あとちょっと。という処でパソコンが落ちて消えちゃった…泣きたい…けど泣いてる場合じゃない…けど泣きたくなる。

で、またもや心がポキンと折れた。


と、いうことで。

今日のブログは、福猫舎に一緒にやってきた我が家のみんにゃさんのほのぼの光景でお許しくださいw


まだ、自分の部屋の部分の片付けも終わらないので、一番安全で静かな部屋にいてもらっているのだけど、なるべく前の部屋の匂いが付いてるものをそのまま持ってきてるので、



現在、かーちゃんのお布団は、こうして占拠されていますw


引っ越して来た日は、少しの間、



こんな感じで、みんにゃさんが各種びんぼーるはうすなどにぎゅーぎゅーで、



ここには、8匹。

パッと見は4匹ですが、



幸生くん、デカくて入れなかったらしくw、後ろのびんぼーるには、仲良しこよしの福々コンビ。


緊張してなかったのは、やきそばとギンだけでしたw

他のみんにゃさんが、お昼のおやつは食が細かったのに、やきそばとギンは勢い良く食べてくれてて、ホッと一安心。


でも、夜には早速みんにゃさんが探索を開始して、




こうしてぬくぬくしてたり、



珍しい兄妹ツーショット。

どんぐりとぷりんは、仲良し兄妹なんだけど、ぷりんがかーちゃんを好きじゃないから、なかなか写真が撮れない…涙。


あ、も一つ姉妹のツーショット。



シンクロ寝w

可愛いなぁ。


そして、今日はもう…モノを落としまくり、モノを倒しまくりながら、みんにゃさん、走り回ってますw


周りがドタバタしてる中、麻呂くんだけは



ぐーすかぴーw

相変わらずのマイペース。



傷口も、しっかりと治りました!



で。

今日のオモシロ写真は、

引っ越し当日にお手伝いに来てくださったこうめさんが差し入れてくれた猫草。


みんなしてパクパク食べて、残りわずかになってた処、



こんなコトにw


犯猫獅子丸、悪そ顔してますw



そして、あまりにもすごい遠近感を無視したこの構図。





ギン…顔デカっ!

福寿くんがまだ成猫サイズじゃないとは言え…やっぱりデカいんだなぁ。

これでも小顔になったのにねw



そんなこんなで、今日も我が家はのんびりほわほわ。


まだまだ続く、ドタバタdays。

こうしてみんにゃさんの顔を見てたら、かーちゃん頑張れるよ。


先週末に、レスキューに向かい、保護してこれた新猫さんも、手術や検査を終えて福猫舎にチェックイン。

あまり人慣れしていない子ですが、病院では食べてくれなかったご飯を、しっかりと食べてくれました。



…こんなことに。。。

ごめん。
お皿もっと小さいのにしようね。

やんちゃ顔の、可愛いキジトラさん。

改めてご紹介しますね。

…いや、このブログで紹介するよりも、まずは福猫舎のブログをスタートしなきゃ…汗。


色々バタバタしてますが、明日も引き続き頑張ります。


と、言うことで、今日はそろそろ寝る準備。


みんな良い夢を。
出逢う、ということ。
お久しぶりのブログ更新になってしまいました。

今日、二年を迎えてしまった時間は、大切な友人たちと静かに、ただ静かに祈っていました。

もう二年。
まだ二年。
でも、もう二年。

その日を迎えた今日。
シェルターをはじめる。

復興という言葉は、たくさんの人を傷つけながら、一人歩きしている。と、私は感じているし、思っている。

人間のことは勿論のこと、どうぶつたちのことも、何ひとつ進展した感が無いまま新年を迎えるのか…と思っていた昨年末に、私たちは出逢った。

まることは、震災の年の5月に出逢ってからずっと友人関係が続いていたので、私が個人活動に戻ってからは、ずっと愚痴ったり憂たり、はたまた励ましあったり協力しあったり。という、同い年の大切な友人として、そして、諦めの悪い大切なレスキュー仲間として付き合ってきていた。

日比さんとは、年末に日比さんのブログで見た狸除けの給餌機を、警戒区域で使いたいと思って試作してみたけれど、作っておいて言うのもなんだけど、デカくて重い…という難点があったので、警戒区域用に良さそうなものを試作するためにも、まずは効果を確認したくてコンタクトを取ってみた。

まさかこんな展開になろうとは、三人とも想像していなかった筈だ。

誰が言い出したということでは無かった、と思う。

なんとはない会話の一端がはじまりだった、と思う。

でも、三人とも、多少の違いはあれど、「今」ということに重きを感じたのではないか、と思う。

ものすごく濃密な二ヶ月だった。

物件を探し、話し合い、試算し、妄想し、諦めたり妥協しようか悩んだり。

ようやく今の物件に辿り着いたのは、先月中旬のことだった。

こじんまりとした、とても暖かみを感じた物件だった。

ここがいい。
漠然とだけれど、直感的にそう感じた。

そこからはもう、怒涛のごとし。

簡単に話を進めた訳ではない。
頭が沸騰しそうな程、悩んだり迷ったり、暴走しそうになったり後退したりもした。

脳みそが破裂するんじゃないかと思うほど、頭も体も使いまくって、ようやく今日を迎えられた。

オープンとは言っても、まだまだやること満載過ぎて、私、ちょっと泣きそうですがw

でも、とにかくスタートは出来た。

それだけでもびっくり。


今もレスキューや給餌を続けているボランティアは皆、苦労して、疲弊して、心に重い塊を抱えている。

踏ん張るために、更に心の負担は増すばかりで。


震災から二年が過ぎたら、きっと更に風化の速度は進むだろう。

言葉にはしなくとも、皆、そんな気持ちを持っているんでは無いか、と、私は思っている。


だからこそ「今」という時期に、こうして動いていくことで、ひとつでも多くの「出来ること」を増やすために…真摯に、前だけを向いて活動していこうと思う。


人も、どうぶつも、出逢いは一期一会。

出逢いを必然にするのも、無かったことにするのも、全ては縁というもの。

私が、
私の出逢った大切な人たちと出逢えたことも、
私の宝物のみんにゃさんたちと出逢えたことも、
私が保護することができた子たちと出逢えたことも、
偶然だけど必然。
必然だけど偶然。


何よりも大切にしたい繋がった縁。そして繋がった心。絆。

そして、いのち。


いつか終わりは来るのかもしれないけれど、終わらなければいけなくなるまでは、絶対に諦めたくない。


否。
諦めない。


その為に、私は頑張り続けたいと思っています。


長々と書きましたが、要約すると…頑張ります。という一言に尽きます。


どうか見守っていてください。

そして、一人でも多くの方に知ってもらえるよう、お助けください。


心の底から、お願い申し上げます。







頑張ります。
シェルター開設のご挨拶。
《ご挨拶》


東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故から二年が経つ2013年3月11日、
郡山市にハウス型シェルター「福猫舎」をオープン致します。


「復興」という文字が溢れかえっている今も、福島県の避難者は16万人を数え、
自宅に、ふるさとに、帰る目処もたたず、補償も決まらず、
新たに出発することもままならないのが実態です。


原発から半径20kmの人が立ち入れない警戒区域(現在は一部解除されています)、
飯舘村などの人の住んでいない避難地域には、
まだまだ多くのちいさないのちが、今も必死に生きています。


このちいさないのちを繋ぎ、救ってきたのは、主にボランティアたちでした。
仕事を抱え、家族を抱える普通の人たちが、
毎週のように福島に向かい、必死に給餌し、保護をしていますが、
資力も、体力も、気力すらも使い果たし、どんどん疲弊しています。

私たちも、その中の一人でした。

そんな中、飯舘村のどうぶつ達のいのちを繋ぐためだけに神戸から移住して、毎日給餌活動をしている「日比さん」と、個人ボランティアとしてレスキュー活動をしている「まるこ」と私が、活動の中で出会うべくして出会い、
福島県人として何か出来ることを…と考え、「福猫舎」を設立するに至りました。

まだまだ終わりの見えない福島で、必死に生きているちいさないのちのため、
そのちいさないのちを繋ぎ、守ろうとするボランティアたちのための
ホームグラウンドとなれるよう、真摯に活動していきたいと思います。

「福猫舎」として保護が出来る数には、勿論限りがあります。
全てのいのちを救うことが出来る訳ではありませんが、
ひとつでも多くのいのちを繋ぎ、救うために、
どうか応援してくださいますよう、心よりお願い申し上げます。


2013年3月11日


福猫舎一同


福猫舎
〒963-0664
福島県郡山市あぶくま台2丁目154番地
TEL 080-8214-9685
FAX 024-953-3731


ホームページ
http://fukunekoya.com/
ぽかぽか続き。
今日の会津は、続くお天気で、気持ちは色々重いんだけど、気分は良し。

一番上の屋根にしつこく残っていた氷の岩がどかーんと落ちてきて、これで我が家の屋根には残る雪は無くなった。

わーい♪
このまま降らずに済んでくれたらいいなぁ。


今日も時間に追われてバタバタ駆け回るかーちゃんをよそ目に、みんにゃさんはのんびりほっこり。


可愛い姿を激写。



ねコタツの中でぶーちの腕枕な千寿ちゃん。

可愛いなぁ。

でも、かーちゃん負けねーよ。



ほーら。
かーちゃんの腕の中で気持ち良しなぶーちだぞー。


…いや待て。
誰に対抗してるんだ?あたしw


なんだかぽかぽか陽気のせいか、みんにゃさんの身体ものびてきて。



はみ出しすぎなどんぐりw
寝心地悪そうだぞー。




麻呂くんもすっかり落ち着き、気持ち良さげにぐーすかぴー。

んでもって、やっとこさ傷口がふさがったー!
祝♪
やったぁ!

まだ薄い皮な状態だから、今カイカイされる訳にはいかないので、もーちょいエリカラ生活してね。




ピットもぶさかわな感じででろりーんと。

うむむ…ぶさかわっつか、むしろぶちゃいくだなw

でも、かーちゃんにとっては可愛くてタマランのだから、まぁいいか。


今日も大量の夜食を一気食いしたやきそばは、一人ヒーター前でぐーすかぴー。



らぶりーじーちゃま。

もうね。
心がぽっかぽかになる。


無理に無理を言ってお願いした車は、早くも修理完了したし、何年ぶり?って位に久々に髪もバッサリ切って、あまりに潔く切ったもんだから、美容師さんと床の髪の山を見て爆笑。

お財布も頭も軽くなったw


軽くなった分、まだまだ頑張れるし頑張らなくちゃ。


よし。
明日も頑張ろっと。



みんな良い夢を。
負けるもんか。
うわーん…泣。
アップしてから寝たつもりが、またアップされてなーい!

でも、今気がついたからアップしちゃえ!



今日も会津はあったかくってご機嫌さん。

道路に厚く張った圧雪も、少しずつ溶けてきはじめた。

でも、夕方になると一気に冷え込むから、あっちゅ~間にカチンコチン。

今もさみーーーー。


で。
今日は用事でまた中通りへ行く予定だったんだけど、車を走らせはじめたら、何か違和感。

あれ?と思いつつ、まぁ帰りに修理屋さんに寄ろうと考えながら高速へ。

アクセルを、踏んでも踏んでもスピードがのらない。

こりゃダメだ、と路肩に寄せようと思うものの、路肩にうず高く積まれた雪のせいで止めやすい場所が見つからなくて、少し走らせてたら…やばし。焦げくさい。

あー。
クラッチ逝ったー。

と、止まることなく、そのまま次の出口で降りて、ノロノロと修理屋さんへ向かい、事なきを得ました。

ふぅ。
危ない危ない。


あちこち危ない箇所のある車だけど、会津に戻ってからエンジンのオーバーホールをやったから油断したかなぁ…。


案の定クラッチがいかれてて。
交換と相成りました。

大事な大事なレスキュー車さん。

めっちゃ無理を言って明後日には治って帰ってくる。

はぁ。
とりあえず予定は狂ったけど、ひとまず良かったー。



そんなこんなで出かけてた時間は大したことないのに、何だか疲れちゃって、帰宅してからもやること満載だったのに、ちょっとサボっていちゃこらタイムをふんだんにw



今朝はご機嫌ななめで、何をあげてプイッとそっぽを向くギン。

少しあまあまタイムを長めに取ったら、夜のご飯は焼きささみ一本とと缶詰ちょこっと食べてくれた。

ふぅ。
もっとたくさん食べてほしいし、なんとかドライを食べてほしいんだけど、ギンの最近の住処、ドデカびんぼーるに色々お皿を並べても、食べるのは獅子丸と幸生くんw


ちがーう!
キミたちのご飯じゃなーいw!

あばれはっちゃく福寿くんのおかげで少しはダイエット?って期待してたけど、実際のところ、福寿くんはビュンビュン飛び回っているんだけど、迎え撃つ側の幸生くんは、寝っ転がって福寿くんが飛びついてくるのを待つのみw

ほぼ動いてませんw

そして、すぐに飽きて…寝るw



むむーん。
悩ましいぜ、この体型w


獅子丸も、福寿くんが飛びついてくるのはうまく避け、福寿くんが何か面白そうなおもちゃを見つけた時にだけ一緒にちまちま遊んでるw



…ネジと戦う二匹w



…ダイエットはw?


唯一福寿くんと同じスピードで走り回るのは千寿ちゃん。

すげー早くてとても写真に撮れないw


千寿ちゃんは、見事なまでに体重の維持管理ができているので、そんなに走らなくてもいいんだよー。



夕方のやきそばのご飯タイムはイマイチ食べてくれなかったから、いつもより少し早めの夜食タイム。



まるでホラー映画のように、喰いついてきましたw

このボケボケの一枚を撮ったあとは、一気に2缶速攻で完食w


やきそばとギンが食べてくれるものを探す旅は延々と続いてるけど、かーちゃん負けねーぞw


少しでもみんにゃさんがたくさんのんびりできるように、かーちゃん頑張るんだもん。


さてと。
ほいじゃ寝るとしますか。


みんな良い夢を。
可愛いベイベー。
今日の会津は、日中はまたもやお天気。

嬉しいなぁ。
青空を見られるのは、とっても気分が良いだのだ。


そして、今日のわたくしは、かなーりネムネムモードなため、ちょっとだけズルして、先日預かりさん宅にペットシーツとかを届けた時に撮ったけど、タイミングを外して載せてなかった、ちびわんこーずのラブリー写真を載せてみようと思います。

可愛いですよー。
萌え萌えですよー。



いつでも焼きかつお臭のするかーちゃんの手は大人気w
歯がちっちゃくて尖ってるから痛かったー。



ご支援頂いたペットシーツ。
早速使ってみましたが、使い方間違ってますw



ママわん、やる気なしw

ご支援頂いたウェット食べて、ミルクを飲んで、こんなにおっきくなりました。

もうすぐ旅立ちです。

二匹とも懐っこくて、ちょっとだけビビりで、でも、ものっすごく可愛く育ちました。

はじめて見た時は、ママわんのサイズの割にあまりに小さいベイベーズで、一番ちびっこはあっという間にお空に行ってしまったので、残る二匹も人工哺乳を覚悟してたのに。



がんばったね。
ありがとう。
幸せになってね。


我が家の可愛いベイベーだちも、今日もほのぼの。



気持ち良さそうに寝てるぶーちも、可愛い可愛い。




気持ち良さそうにお顔隠してるピットも、可愛い可愛い。




寝てたとこを邪魔されて、拗ねてるココも可愛い可愛い。


邪魔した犯猫は…



なんだこれw

幸生くーん。
可愛さが見当たらないよーw


と、ゆーことで、かーちゃんはお布団の住人になろうと思います。



みんな良い夢を。
今日も頑張った。
今日の会津はあったかかったー。

お日さまが気持ち良い一日。

なので頑張って、この雪を



片付けたった。




かーちゃん頑張った。
でもね、
づーがーれーだー。

もう、なんだか脳みそが沸騰しそうになってるから、身体をつかわなきゃ…とゆー無駄な強迫観念に従い、必死に雪かきw

明日は使いものになるのかしら…。


で、部屋の中では相も変わらず、みんにゃさんはひたすらぬくぬくすよすよで。




ギンも可愛くすよよよーん。




麻呂くんも気持ち良さそう。

この寝方がかわゆす。




麻呂くんの後ろに誰かいるから、誰だ?と見てみたら、



樽生幸生くんでしたw
今日も相変わらず、



揃えた足がぷりちーw


書きたいことはたくさんあるけど、どーにも身体と頭が追いつかない。

今のかーちゃんは、



がおー!って欠伸してるぷりんとおんなじ位、眠いかも。


でも、今日は頑張ったから、自分のへのご褒美に、ちょびっとだけ早く寝るとしましょ。



みんな良い夢を。
クッタクター。
今日の会津は、ギリギリ降らないでいてくれたみたい。

日中出かけていて、行昨日の高速ではやっぱり猪苗代辺りで降ってきて。

でも、積もる雰囲気では無い降り方だったから、なんとなく安心して。

帰ってきても雪は無し。

あー、良かった。


今朝は朝からやきそばの食欲が満タンで、かーちゃんは嬉しい悲鳴w

いつもよりお出かけ時間も短いから、今日は病院には行かず、ゆっくり寝てれー。とゆーことでお留守番。


帰ってきたら、ギンもやきそばも、ご飯ちょーだいと自分から来てくれて、これまた嬉しくて。

やきそばは、帰宅後もガッツリ食べたのに、ついさっき、またもやご飯の要求がw


そして、ギンは布団の中で早く寝るぞビームを発揮ちうw



んー。
抗えないじゃないかw


でもね。
どーしても載せておきたい画像があるからちょい待ちベイベー。



幸生くんと同じ位、言葉が出ないピットのおっぴろげw

むむむむむ。

ピットさぁ。
自分が女子だと分かってるのかにゃ?




目を移せば、ケージの上では獅子丸の微妙なおっぴろげw

なんだ?
うちのみんにゃさんには警戒心とゆーものはないのかにゃw?


んもー。
みんにゃさん可愛くて、かーちゃんの心がほこほこしちゃうよ。


でもね。
今日は頭をイッパイ使ったからかーちゃんくたびれちゃったので、とっととギンのお誘いに応じてお布団に潜り込もうと思います。


みんな良い夢を。
ヘンタイ三昧。
今日の会津は、深夜に降り始めた雪がそのまま降り続いていて。

いつもの軽い雪ではなくて、水気を含んだずっしりと重い雪が、強い風の中、舞い続けていた。

うー。
もう腰しんどいから降るなー。


雪かきしてる時にご近所さんと話すのは、うちの町内の除雪車のおじさんがあまりにひどいってことと、今年は雪が多いね。疲れたね。ってことばかり。

東京では春一番も吹いたみたいだから、そろそろ春に向かっておくれ。


朝に二回も雪かきして、しんどいなぁと、ちょびっとだけ身体を休めようかとベッドに寝転がったら、麻呂くん登場。



かーちゃんの肩の上に鎮座して、爆音のゴロゴロを響き渡らせてくれました。

おーい!
かーちゃん休みたかったんだけどw

ま、可愛いし嬉しいからいいやw



で、昨日の昼からやきそばの食欲が落ちちゃって、困ったなぁと新たに食べてくれそうなものを探して、昨日はホームセンター巡り。

初めて買ってみたウェットをあげてみたら、ナイスな食いつき!
ぃやったー!



食べ過ぎだろ?とは思うけどお昼のご飯タイムは二缶ペロリ。
すげ…。
お腹こわさないでほしかったけど、案の定ちょっとゆるくなっちった…。

でも、夜のご飯のあともご機嫌さんで、抱っこタイムにはゴロゴロマシーン。
ゆっくりね。
のんびりね。



そういえば、全然関係ないけど、なんだか今日は不思議な体勢のコが多かった。



どんぐりは、ご飯あげたらグルーミングをはじめて、でもやっぱり食べるのを先にしたらしいw


福丸くんのお気に入りケージには、



筒とゆーか、樽のような生き物がw

この揃えた足がタマランw



萌えるわー。

しっかし肥えたなぁw

福丸くんがなかなかお腹のペットを飼育放棄してくれないから、ドライはご支援頂いた消化器サポートなんだけど、幸生くんはどうしてもそれが食べたくて、隙あらば狙っている模様…。

おかげで福丸くんのご飯タイムには、ケージを閉めなきゃならない。

もう幸生くんの消化器はサポートしないでだいじょぶだからw


そして、ドデカびんぼーるでギンといちゃこらしていたら、上から視線が。



ピット…恐いよ…。
なんだか妖怪みたいだw


最近パソコンに向かいすぎてて、久々にひどい肩凝りに悩まされてるんだけど、それにプラスして雪かきのせいで筋肉痛もあるから、両手がドスンと重くって。

でも、みんにゃさんの抱っこタイムは、かーちゃんには無くてはならないものだから、ずっしり重いみんにゃさんをかわるがわる抱っこして。

お腹にもふって、肉球ぷにって、変態三昧w


かーちゃんの頭、なんだかショートしそうな感じになってるけど、こうしてみんにゃさんといちゃこらしてると復旧して再起動w


今日も明日もヘンタイ三昧、ヘンタイ日和。

幸せだなぁw



いや待て。
変態とか自分で言ってる場合じゃなく、とっとと寝なきゃw


今日は既にギンが待機ちう。
いぇーい。




お布団の中でいちゃこらしよーね。


みんな良い夢を。
傍若無猫。
いかんなぁ…サボることが平気になっちゃいかん。と思ってるのに、またもやおサボり…。


昨日は、まるで春が訪れたかのようにあまりにもお天気が良くて、ガンガン溶けてくる雪を必死に片付けてたら、体力が足りなくなったみたい…。


毎日更新。
是日課。
がんばろー。


さて。
今日の会津は、あまり気分のよろしくない空模様で。

でも、夕方までは降らずにいてくれたから、昨日の天気で溶けた雪がまた少し溶けてきて、細い道は轍は深くなり、圧雪の氷はグシャグシャになり、走りにくいったらありゃしない。


夕方からは雨になり、深夜にはやんだけど、一番上の屋根の氷が溶けて、どかーーーーん!と大きな音をたてて落ちてきたから、久々にみんにゃさんはびっくりかくれん坊となっていました。

そして今は…また雪…泣。
積もらないでほしいなぁ。


さて。
今日のタイトル、傍若無猫。

現在の我が家にも、たくさんいらっさるw


例えば幸生くん。



かーちゃんは、君のことを『筒』と呼びたくなってきてるぞw

この方の傍若無猫っぷりは、なによりもご飯の時。

誰が食べていようが、自分が食べたいと思ったら、ずずずぃっと頭を突っ込み突進。

それはそれは見事に奪取してますw



お次は麻呂くん。



かわゆい顔をしてますが、そしてお薬もちゃんと飲んでる良い子ですが、エリカラしてることを気にしなさすぎて、水入れは倒すわ、フード入れも倒すわ、挙げ句の果てには寝てる誰かを乗り越えて、自分のナイスポジションを確保する為に、ガツガツと付近のみんにゃさんにエリカラぶつけて追い出してますw


そして獅子丸。



かーちゃんにとっては可愛くてタマランのだけど、かーちゃんに甘えようとするとき、誰かを抱っこしてたり膝に誰かが乗ってたりすると、お尻を目一杯あげて押しつけてきますw


そしてそして深春ちゃん。



これぞ猫!というか、なんとゆーか…。

頭をごっつんこしてくるから、よしよし甘えたいんだなぁと抱っこすると、最初は嬉しそうだけど、次の瞬間にはキックをくらうw
そして、意味もなくシャー!と言って去っていきますw

また数分後にはトコトコやってきてひたすら甘えて…の繰り返し。

全ては己の感情次第。
見事なまでの傍若無猫さん。


でも保護っこのうち、一番の傍若無猫さんだったのは花音ちゃん。(現ミーコちゃん)




可愛いダミ声の女王様。


先日病院で診察が終わりお支払いで呼ばれるのを待っていた時、たまたま見ていたmoomamaさん達が書いてくれてる福島っこの預かりブログ。

花音ちゃんと一緒に搬送した友人の保護っこのことが記事になっていたので読み終えて、ふと花音ちゃんの記事を久々に開いたら、コメントが入ってるようだったので見てみたら。

あまりにも嬉しい新しいおうちの方からのコメントがあって。

一気に涙が溢れた。

速攻で返信して、翌日またその記事を覗いたら、またコメントしてくださっていて。

それがまた、更に嬉しくてたまらなくなるコメントで、また泣いてw


そんな素敵なコメントを、moomamaさんが記事にしてくださいました。


ダミ声姫ダルマ


嬉しい嬉しいご報告でした。


こんなに素敵なご縁になってくれたことが、本当に嬉しい。


頑張って生きてきた小さないのち。

絶対に幸せになってほしかった。
幸せにしてあげたかった。

幸せになってくれて、こんなに嬉しいことはない。


あたし自身には、本当にちっぽけな力しかないけれど、そんなちっぽけなあたしを、暖かな気持ちで支えてくれる人たちがいる。

そんな皆さんのおかげで、みんにゃさんの身体が健康を取り戻し、お腹を減らすことなくご飯食べ、毎日猫らしくのんびりのほほんと過ごすことができている。


私一人ではなにも出来なかっただろう。


支えてくれてありがとう。
背中を押してくれてありがとう。

消えてしまったちいさないのちたちのためにも、救えなかったちいさないのちたちのためにも、まだまだ必死に生きている、ちいさなちいさないのちたちの為に、頑張ります。


みんにゃさんも、花音ちゃんに、いや、ミーコちゃんに続いて、大きな幸せゲットしようねー。


傍若無猫な、可愛い可愛いダミ声姫ダルマ。


かーちゃんに出会ってくれて、本当にありがとう。

幸せになってくれて、本当にありがとう。


さてと、幸せな夢、見られるようにとっとと寝るべか。



みんな良い夢を。
プロフィール

犬班A。

Author:犬班A。
諦めの悪い40代。
絶対に、命を、諦めない。
例え蜘蛛の糸しか繋がっていなくても。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。